豊臣家 まんが戦国ブギウギ

ツネ&鬼武蔵は秀吉の意見聞かずに出陣じゃ!まんが戦国ブギウギ85話

賤ヶ岳の戦い】に勝ち、織田家を完全に掌握しようとしていた豊臣秀吉羽柴秀吉)。

眼前の難敵は徳川家康だった。

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

清洲同盟を結んで以来、秀吉も長年、共に戦ってきた徳川家。

旧武田家の領地・人的資材を併呑し、その力を着実に伸ばしていた(天正壬午の乱)。

そこへ信長の次男・織田信雄が家康を頼り、今まさに豊臣・徳川による天下分け目の火蓋が切られ――戦国ブギウギ【小牧・長久手の戦い】、本編へ突入!

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

秀吉到着

◆見方によっては【小牧・長久手の戦い】の主人公である池田恒興さんと森長可さん(鬼武蔵)。

その後の派手な展開は後述いたしますが、羽柴方についた池田恒興をフォローするようにして森長可が共に徳川軍と戦い、これに敗北してしまいます。

通称【羽黒の戦い】の敗戦によって戦況は一時落ち着き、膠着状態に陥ります。

にしても反省感ゼロの2人……。

森長可(信長家臣で蘭丸の兄)は戦国無双度最強クラス!愛槍の名は“人間無骨”

続きを見る

 

献策

◆戦況が動かずジリジリと展開する中で、先に耐えられなくなったのは羽柴方のこのお二人でした。

緒戦(羽黒の戦い)で負けた分を取り返したい――。

特に参戦の遅れた池田恒興は、何とか戦功を挙げ、自らの功をアピールしたいところ。そんな理由からでしょう。

徳川軍の背後を付いて三河へ出兵(中入り)すべし!

かくして組まれたのが

・池田恒興
・森長可
堀秀政
・羽柴秀次(豊臣秀次

の別働隊でした。

いったんは秀吉に否定されながら、最終的には強引に押し通すことになるのですが……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.