三好家

信長に徹底抗戦! 岩成友通は三好三人衆としてどんな生涯を送ったか?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
岩成友通
をクリックお願いします。

 

追い込まれた友通は義昭と手を組む

元亀年間は、信長の敵対者にとっては残されたわずかな猶予であり、きっちりと集結せねばならない局面でした。

しかし、その後の結果は以下の通り……。

◆元亀2年(1571年)
毛利元就死去
北条氏康死去

◆元亀4年(1573年)
武田信玄死去
足利義昭放逐※室町幕府滅亡

◆天正元年(1573年)
朝倉義景死去
浅井長政死去

次々に要人が亡くなったり滅ぼされたりして、年号が天正に変わると、浮沈を繰り返していた「信長包囲網」も完全に破綻。

包囲網の一角「三好三人衆」も、破滅へと巻き込まれてゆきます。

追い詰められた岩成友通は、足利義昭と手を組みました。

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

一応、岩成友通は寺社領を持ち、近畿において存在感はありました。義昭とは過去の怨恨はあるにせよ、もはや手を組む相手を選びようがない。焼け石に水のようなものではあっても、互いに頼るしかないわけです。

しかし、こんなことは信長からすれば悪あがきに過ぎません。

信長はかねてより「三好三人衆」を滅ぼすつもりだったのでしょう。

足利義昭に突きつけた【十七箇条意見書】の中で、賀茂神社の所領をめぐり岩成友通と共に名指しで批判しているのが『信長公記』にも記されています。

信長から義昭へ「十七箇条意見書」や「殿中御掟」には何が書かれていたか

続きを見る

 

第二次淀城古城の戦い

そして、ついにその時が来ました。

信長は、岩成友通が立て篭もる淀城を攻撃【第二次淀城古城の戦い】。

友通も迎え撃ちはしましたが、激戦の最中、他の兵と共に堀に転落し、その首を討ち取られてしまいます。

討ち取ったのは、細川藤孝の手の者とされています(信長公記によると下津権内しもづごんないという者)。

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

変化してゆく情勢のもと、信長につくか対立するか。

その選択肢が運命を分けます。

このとき他の三好三人衆は、詳しい生没状況は不明ながら既に世を去っていたと思われます。

三好宗渭は永禄12年(1569年)、阿波でひっそりと死去(『二条宴乗記』)。

三好長逸は死因も没年も未詳であり、フェードアウトするように歴史の隙間から消えています。

岩成友通だけは、なまじ討ち死にを遂げただけに、生没年と死の状況が明確に残ったんですね。

かくして「三好三人衆」は、歴史の狭間に消えていきました。

 

キャラクター性は残った

岩成友通のような敗死が喜ばしい……とは本人からすれば到底思えないでしょうが、プラスの作用もあります。

キャラクター性です。

岩成友通は死因が明らかなだけに、他の二人とは違ってフィクションでは猛将扱いをされることとなりました。しかもこの現象は現在まで続いており、ソーシャルゲームでも最もキャラクター性がわかるグラフィックが採用されております。

本人からすれば、
「敗死イメージでなくて、築城や内政も反映してくれ……」
となるかもしれません。

ともあれ「三好三人衆」では最もキャラクター性があり、かつ敵対した松永久秀ほど誇張されていないという立ち位置になっています。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

細川晴元
細川晴元(戦国初期の天下人)はなぜ長慶との争いに敗れたか【50年の生涯】

続きを見る

三好長慶が戦国畿内を制す! 足利や細川に勝利した隠れ天下人43年の生涯

続きを見る

本圀寺の変で将軍・義昭を襲撃(麒麟がくる第28回)信長公記ではどんな話?

続きを見る

足利義栄(14代将軍)は京都に一度も入れない黄昏将軍!? その生涯まとめ

続きを見る

松永久秀
松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将 70年の生涯

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

野田城・福島城の戦い(第一次石山合戦)~超わかる信長公記73話

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

信長から義昭へ「十七箇条意見書」や「殿中御掟」には何が書かれていたか

続きを見る

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
天野忠幸『中世武士選書31 三好一族と織田信長』(→amazon
天野忠幸『松永久秀と下克上』(→amazon
太田牛一 ・ 中川太古 『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
戦国人名辞典編集委員会『戦国人名辞典』(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-三好家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)