来島通総/wikipediaより引用

信長公記 毛利家

第一次木津川口の戦いで村上水軍にフルボッコ!焙烙火矢の恐怖 信長公記138話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
第一次木津川口の戦い
をクリックお願いします。

 

為す術なく全滅~数多の武将も討死

当時の船は大部分が木製。当然のことながら火気厳禁です。

海上では逃げ場もないので、いったん失火すると被害の拡大が避けられません。

しかも船上の場合、いかに波が穏やかでも揺れは避けられません。敵の船に放火しようとしても、通常の火矢よりも焙烙火矢のほうが圧倒的に楽です。

弓をつがえてから狙いを定めて射るより、焙烙火矢に火をつけて投げるほうが早く、使い手の隙も少なくなります。

つまり一方的に攻撃し続けられるのです。

小早川隆景家臣の乃美宗勝も船に乗っていた/wikipediaより引用

数で劣る上に、思わぬ兵器を使われた織田家の水軍は、この焙烙火矢の攻撃をマトモに受け、壊滅的な被害を受けました。

『信長公記』には人数の記載がないものの、迎え撃ったほとんどの武将が討死したと書かれています。

 

陸上では本願寺勢が襲いかかってきた

海上での混乱に乗じるかのようにして、地上では石山本願寺方が攻撃にでてきました。

楼岸(ろうのきし)などの砦から出撃すると、住吉海岸の織田方の砦に攻めてきたのです。

こちらは天王寺砦にいた佐久間信盛が迎撃し、押しつ押されつで長時間の戦闘になったといいます。

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

陸戦は痛み分けといったところですが、海戦では織田軍の圧倒的な敗北。安芸の水軍は、本願寺への兵糧補給を成功させると、本領の西国へ引き揚げていきました。

総合的に見れば、織田軍にとってかなりの痛手といえます。

もちろんこの報告は織田家にも届き、信長も出馬しようとしましたが、既に決着がついてしまっていたため、見合わせています。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

討死した人々の後任として、住吉海岸の砦に新たな城番を入れて終わりました。

当然、これで終わる織田信長ではありません。

焙烙火矢への「対策」を練り次なる海戦に備えるのですが、それはまた後日の記事にて。

あわせて読みたい関連記事

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか【戦国毛利譚】

続きを見る

毛利隆元(元就の長男)失って初めて実感する毛利跡取りの偉大さ優秀さとは

続きを見る

吉川元春(毛利元就の次男)が熱い!11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

続きを見る

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺! 徹底的に潰したのは何故か?

続きを見る

加賀一向一揆は勝家が平定!なぜ100年間も続いたのか【北陸戦国譚】

続きを見る

三河一向一揆(戦国時代)で一体何が起きたのか 鉄の結束・徳川家臣団が分裂?

続きを見る

天王寺砦の戦いで信長撃たれる! 雑賀衆の怖さよ~信長公記136・137話

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 毛利家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.