金森長近/wikipediaより引用

織田家

金森長近85年の生涯をスッキリ解説!信長親衛隊 赤母衣衆から大名へ

更新日:

飛騨一国の大名に!

豊臣秀吉に臣従してからの金森長近も、堅調な働きっぷりは変わらずで、その後は

◆小牧・長久手の戦い
◆富山の役
◆飛騨・姉小路頼綱討伐

などで功績を挙げ、飛騨一国を与えられます。

天正地震のため一晩で山中に埋もれたとされる飛騨国・帰雲城かえりぐもじょう(埋蔵金伝説も存在)と内ヶ島氏にも、長近が少しだけ関係しておりますので確認してみますと……。

佐々成政が秀吉に敵対していた頃、内ヶ島氏は成政方についていました。

しかし、本拠・富山城へ攻め込まれた成政は、10日ほどで剃髪・降参。
内ヶ島氏は元々飛騨の峻険な地域を領していたこともあり、外征経験が少ないため、これ以上の抗戦は不可能と判断します。

損耗を避けるため、当主・内ヶ島氏理は、長近を通じて秀吉と和睦したい旨を伝えました。

この和睦はスムーズに成立し、帰雲城ではそれを祝って氏理以下、一族・重臣が勢揃いする大祝宴が行われることになります。

よりにもよってその宴の夜に天正地震が発生。
城ごと全員土砂に埋まってしまった――というものです。

内ヶ島氏の領内に2~3ヶ所の金山があったとされ、埋蔵金伝説も生まれたのです。

言わずもがな、地震は自然現象なので長近に責任はないものの、この知らせを聞いて複雑な気持ちになったでしょうね。

金森長近がどのタイミングでこの件を知ったかはわかりません。
が、飛騨一国を預かる立場になったからには、内ヶ島氏に連絡を取ろうとしたはずです。

内ヶ島氏の中で、たまたま外出していた人や、氏理の親族のうち、仏門に入っていた弟二人は助かったといわれていますので、その中の誰かから聞くか、誰かに調べさせるかくらいはしたでしょう。

 

観光地・飛騨高山は長近が作った!?

話を長近に戻しましょう。

飛騨を任された長近は、当初、鍋山城(高山市)に腰を落ち着けました。

その後、天正十八年(1590年)から、天神山に高山城の造営を開始。
完成したのは、この後しばらく経った慶長十年(1605年)頃のことです。

これが今日でも観光地として名高い、飛騨高山であります。

文禄三年(1594年)頃には、秀吉・御伽衆の一人になっていたようです。
金森長近は、禅宗と茶道に造詣が深いだけでなく、織田軍創世記からの生き残りのため、格好の話し相手となったのでしょう。

実際、秀吉と親しくしていたらしき話も伝わっています。
晩年の秀吉が、有馬温泉に行ったとき、長近が秀吉を背負って湯につかった……というのです。

あまり語られることのない話ですが、秀吉の晩年というと、おそらく1590年代。
長近は1524年生まれですから、少なくとも60代後半になっていたはず。

秀吉が小柄だったことを差し引いたとしても、長近が頑健な肉体を持っていたであろうことがうかがえます。
身長が高ければ、前田利家のように特記されていたでしょうから、特別大柄というわけではなかったのでしょうね。

 

関ヶ原では親子で東軍につく

秀吉死後、関が原の戦いでは養子の金森可重(よししげ or ありしげ)とともに東軍につきました。

義父子で敵味方に分かれることを選んでいないあたり、家康が勝つと確信していたのでしょうか。
この辺、戦国時代を生き抜いてきたしたたかな勘が働いていそうです。

ただ、大きな野心まではなかったようで、戦後家康が領地を与えようとしたとき、一度断っております。
徳川家康のゴリ押しで、結局は美濃・上有知1万8000石、河内・金田3000石を受け取ることになるのですが。

慶長十年(1605年)には高山城を可重に譲り、自身は小倉山城(岐阜県美濃市)を築いて隠居生活を始めました。
そしてその三年後、慶長十三年(1608年)に京都で亡くなっております。

享年85。
かなりの長寿ですね。

高山城と小倉山城は、その後全く違う経緯をたどりました。

まず高山城と高山藩は、養子・可重とその子孫たちが受け継いでおります。

しかし、元禄五年(1692年)に突如、六代藩主・金森頼時が出羽国上山藩への移封を命じられ、やむなく引っ越し。
その後、この地は天領として幕府に接収され、そのまま幕末を迎えるため、この地の金銀山や木材などが目をつけられたのでは……とも推測されます。

出羽へ移った金森頼時は、その後、さらに美濃郡上藩に移され、跡を継いだ頼時の孫・金森頼錦よりかねの代に増税政策の失敗で百姓一揆が勃発。
重ねて、領内の聖職者たちの利権が絡んだ石徹白騒動いとしろそうどうが起き、関係者の厳寒地への追放、それに続く餓死者の続出という大惨事になりました。

生き残った人々が江戸へ決死の訴えを何度も行った結果、やっと幕府の裁きが入り、頼錦は責任を問われて改易となります。

 

「うだつの上がる町並み」

小倉山城のほうは、長近の晩年に生まれた実子の金森長光に美濃・上有知と河内・金田(関が原の褒美として与えられていた領地)と共に相続されました。

しかし、長光が慶長十六年(1611年)に幼くして亡くなったため、上有知は没収。
金田だけは存命中だった長近の妻・久昌院の知行として残されました。

いわば化粧料(一定以上の地位を持つ女性の生活費としてあてがわれる権利や領地)ですが、これは久昌院が家康の叔母だったからだとされています。

小倉山城は廃城となり、その後の上有知は尾張藩の一部として管理され、城下町は残りました。

現代では「うだつの上がる町並み」として、重要伝統的建造物群保存地区になっています。

この「うだつ」は、慣用句の「うだつが上がらない」(見栄えがしない)の「うだつ」です。

うだつとは、火災が起きたときに延焼を防ぐため、隣家との間に設ける防火壁のこと。
時代が下るに従って、装飾的な意味合いが強まっていきました。

家を飾るにはそれなりの財力が必要ですから、「うだつが上がらない」=「見栄えがしない」という意味になったんですね。

長近の血筋は歴史には残らなかったものの、彼が造った町は残ったのですから、誇らしいことでしょう。

長月 七紀・記

【参考】
織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon link
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
国史大辞典
金森長近/wikipedia

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.