歴史書籍

石垣の積み方がダサいと笑われる?書評『石垣の名城 完全ガイド(千田嘉博)』

歴史好き――それも特に戦国時代に心惹かれる方なら、お城も守備範囲に入ってきますよね?

しかし、いつからでしょうか。

昔のようにワクワクと素直に楽しめなくなったり……そんな経験ありません?

私がその憂鬱を感じたのは、ふと訪れた某お城が

【時代考証を無視して、なんとなくな雰囲気で天守閣が建てられていた】

と知ったときでした。

史実だと天守閣なんてない――今なら、それもアリだと受け入れられる度量はありますが、当時は違います。

『人を騙してまでカッコつける城って馬鹿か!』と、本気で怒ってしまったのです。

あぁ、ダメな私。

戦国LOVEなら。

城好きならば。

天守閣の存在ひとつに左右されず、石垣や縄張りでも十分に楽しめるハートを持っているハズでしょう。

そんな心を誰よりも持ち、そして実際に研究を重ねてきた日本一のイシガキスト・千田嘉博教授が書いた一冊が本書。

それが『石垣の名城 完全ガイド (The New Fifties)→amazon)』です。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

天守閣の受難、しかし石垣は

城を訪問するならば、やはり天守閣が見たい!

その思いはわかります。よくわかりますとも。

しかし残念なことに、明治時代以降、城の天守閣は破壊の対象となりました。

当時は、政府に不満を持つ士族が心理的な依り所とすることがありました。

いわばシンボル。

しかも、戊辰戦争で痛んでしまった城は、そのままにしておくと物理的にも危険でした。

特に著名なのが最も激しい戦場となった会津若松城ですね。

会津戦争後に撮影された若松城/wikipediaより引用

「武士の時代は終わったし、破壊してしまえ」

そんな考えのもと、天守閣は破損対象となってしまったのです。

あぁ、もったいない!

真田家でおなじみの上田城に至っては、建物が一時期遊郭に使われたとか。

上田城址夕景

真田家vs徳川家の激突!第一次上田合戦で昌幸の策が的中しまくった理由

続きを見る

真田昌幸
第二次上田合戦でまたも真田が徳川の大軍を撃破!恐るべし昌幸の戦術とは?

続きを見る

なんとも悲しいものです。

天守閣やなどの建造物は、その性質ゆえに悲劇から逃れられません。

それでは石垣は?

大丈夫ですよね。

もちろん保存状態に優劣はありますが、基本的には当時の姿のまま残されているケースが多い。

戦国時代や江戸時代から。

ありのままの姿を私たちに伝えてくれて、見応えバッチリ!

当時の工事担当者たちの誇りが詰まりに詰まった宝物なのです。

 

石垣に刻まれた大名のサインとは

石垣のことをちょっと想像してみてください。

あのデカさ、重たそうな石を、えっちらおっちら工夫をして、当時の人が運ぶ――。

我々には想像を絶するというか。

ショベルカーなどの重機もない時代にトンデモナイ苦労だとは思いませんか。

絶え間ない地震に襲われるこの大地で、崩れずに残っているのも相当スゴイことでしょう。

そこには昔の人の叡智と工夫がある!

その見方、楽しみ方を教えてくれるのが本書なのです。

例えば、石垣の表面に【工事担当者のサイン】のようなものが掘られていたりするのをご存知ですか。

本書で取り上げられた名古屋城は、20もの大名が参加しておりますから、そんな刻印がたくさんあるわけです。

ただし、現代においては、専門家でなければ誰のものか判別できない。

理由は単純。

ご丁寧にフルネームで入れられているワケじゃないんですね。

当時の人が見たらわかればいい。だから、刻みやすい独特のカタチとなる。

そこで本書では、実際にどんな印が使われていたか、写真を用いて懇切丁寧に説明しています。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-歴史書籍,
-