徳川家

土井利勝は家康の隠し子なのか? 参勤交代や寛永通宝など江戸時代の基盤を作る

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
土井利勝
をクリックお願いします。

 

この頃になるとほとんど戦もないので、その功績は概ね事務処理やいざこざの仲介など地味なもの。

時は、戦国の気風が根強く残る江戸時代初期です。

そうした仕事が過小評価されたのと同時に「利勝は家康の子供だから特別扱いされているに違いない」という考え方をする人が一定数いてもおかしくはありません。

利勝自身は落胤扱いされるのを毛嫌いしていたといいますから、面と向かって言う人はそうそういなかったでしょうけどね。

しかし、そうなると余計陰口を叩く人は増えるものですから、良かったやら悪かったやら。

 

家光が三代将軍になった頃には所領14万石超え

上述の通り利勝は秀忠よりも年上です。

秀忠がその重責からか早く体調を崩していたため、利勝は徳川家光の傅役にも任じられました。

将軍二人の傅役を任された人というのもおそらく利勝くらいのものでは?

やがて家康の代からの重臣・本田正純が諸々のポカを重ねて失脚すると、利勝は名実共に幕閣の筆頭に昇格。家光が将軍位についたときには14万石超の所領も持っており、もはやその権勢は揺るぎないものになっていました。

元々、武家諸法度内にはなかった参勤交代を定着させたり、寛永通宝を作って貨幣制度を安定させたのも利勝です。

武家諸法度とは? 初代家康から15代慶喜まで引き継がれた江戸時代の武家法

続きを見る

参勤交代と大名行列が一気にわかる! 期間は? 妻子は? 経済的負担は?

続きを見る

江戸時代の基盤を作ったといっても過言ではないわけですね。

そりゃ幼少からの特別扱いに加えてこの出世振りでは、「家康の息子だから」って言われるのも仕方ないですわな。

しかし、利勝はただ地位に胡坐をかいたり威張りくさるような人ではありませんでした。

大変実直で、見掛け倒しやごまかしを嫌ったといわれています。それを示すエピソードとして、徳川家光時代にこんな話があります。

 

政宗に一杯くわせて(飲ませて)、酔い潰す

あるとき家光が徳川家の菩提寺・上野増上寺に行ったとき、お寺の壁に一部壊れているところがあるのを見つけました。

家光は”知恵伊豆”こと松平信綱に修繕を命じますが、

5才で将来を決めた天才児・松平信綱「知恵伊豆」唯一の欠点は人付き合い?

続きを見る

構造上そこは修理するのが難しいということがわかります。

そこで信綱が、ちょっとした細工で修繕したように見せようとすると、利勝は「そのようなごまかしは姑息である。できないならば正直にそう報告せよ!」と信綱を叱りつけたのだとか。

年長かつ立場も上ながら、こういう叱り方はなかなかできるものではありませんよね。

また、将軍の付き添いであちこちに出かけることもよくあったらしく、伊達政宗の屋敷を訪れた際には酔って悪ふざけをしだした政宗に一杯くわせて(飲ませて)、酔い潰してその場を丸く治めたとか。

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

ちなみにそのとき、同僚の酒井忠世は政宗に膝枕を強要されて困り果てていました。

そんな天衣無縫な政宗を……利勝さんパネエ。そういう機転も利いたからこそ、政敵も少なかったんでしょうね。

性格や思考までそっくりだったらぐうの音も出ませんが、こういうところを見ると個人的にはやっぱり落胤じゃないんでは?と思います。最近は落胤説のほうが有力視されているようですけども。

ちなみに膝枕をした独眼竜の無礼は、家光も「政宗なら仕方がない」の一言で笑って済ませたそうです。
さすが、だw

あわせて読みたい関連記事は以下へ

於大の方(家康の母)はなぜ家康を産んですぐに離縁? 75年のその生涯

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

結城秀康(家康 次男)はブサメンだから父に嫌われたってマジ?

続きを見る

昭和まで許されなかった家康六男・松平忠輝の不憫な人生は政宗のせい?

続きを見る

武家諸法度とは? 初代家康から15代慶喜まで引き継がれた江戸時代の武家法

続きを見る

参勤交代と大名行列が一気にわかる! 期間は? 妻子は? 経済的負担は?

続きを見る

5才で将来を決めた天才児・松平信綱「知恵伊豆」唯一の欠点は人付き合い?

続きを見る

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

TOPページへ

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
徳川家康家臣団の事典』(→amazon
土井利勝/Wikipedia

 



-徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.