山中鹿之介(山中幸盛)/Wikipediaより引用

信長公記 豊臣家

信長「鹿介の上月城は捨ておけ!」からの神吉城の戦い~信長公記166話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
神吉城の戦い
をクリックお願いします。

 

結局、尼子&鹿介の主従は敗死へ

6月29日には、信長から新たな命令が届きました。

「毛利の水軍に備え、要所に陣を用意せよ」

石山本願寺攻めでも、毛利方の水軍によって兵糧を運ばれてしまい、織田軍が苦戦していたからでしょう。

新たに陣を設置するため、津田信澄織田信勝の息子にして信長の甥)と山城衆、そして万見重元がやってきました。

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

続きを見る

適切な山に陣を布いたことを確認し、重元は信長へ報告するために帰っています。

また、信忠の命により、街道の要所要所を諸将が交代で警備した、とあります。

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

おそらくは、三木城攻略前に毛利氏や本願寺による横槍が入らないように……ということでしょうね。

『信長公記』には記載されていませんが、毛利軍に囲まれていた山名幸盛(山中鹿介)の上月城は7月5日に降伏。

再興を願っていた主君の尼子勝久は切腹となり、鹿介は人質として連行される途中で毛利方に暗殺されました。

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

非情な見方をすれば、織田家からはほとんど損害を出さずに、毛利軍の足止めができたということになりますね……。

ちなみに、7月8日には京都・金蓮寺で火災が起きたという記述もあります。「あった」ということだけで、詳細は書かれていません。

 

神吉城と志方城が続けて陥落

そして7月15日。

とうとう滝川一益丹羽長秀の部隊が、神吉城東の丸への侵入に成功します。

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

翌16日には神吉城中の丸へ攻め込み、城将・神吉則実を討ち取りました。

天守に火をかけ、残党と戦っているうちに燃え落ちたため、敵方の将兵の多くが焼死したといいます。

神吉城西の丸は村重が攻め、立てこもっていた神吉藤大夫が降参を申し出てきました。

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

これを信盛と村重が信長に知らせると「赦免しても良い」とのことだったので、一命を助けています。藤大夫は志方城へ退去しましたが、すぐにこの城も織田軍に攻め取られました。

志方城については降参を受け入れたためか、あまり戦闘の経過が書かれていません。

神吉・志方両城ともに秀吉が受け取りを済ませ、志方城からは人質を取っています。

信長公記ではこの後の経過が一部省略されているのですが、織田軍はさらに三木城の支城をいくつか落とし、拠点を築いて、本格的に長治らを孤立させています。

しかしこの後に起きた”とある出来事”によって、三木城の攻略はかなり先延ばしになってしまうのです。

『信長公記』の記述としては、その前にいくつか別の話題が入りますので次回からはそれを見ていきましょう。

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー! 62年の波乱万丈な生涯

続きを見る

秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績とは

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

織田家の筆頭家老だった林秀貞!なぜ信長に追放されたのか?その生涯

続きを見る

細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友!しかし本能寺後は……

続きを見る

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

毛利軍が上月城を包囲! 織田も大軍を送り出す、が~信長公記164・165話

続きを見る

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

続きを見る

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 豊臣家

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)