まんが戦国ブギウギ

一番危ない戦国武将といえば歌仙兼定の忠興! まんが戦国ブギウギ104話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが戦国ブギウギ104話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

祈り

◆忠興さんのヤバエピソードを語る上で欠かせないのが、庭の手入れをしていた植木職人をぶった斬ったことでしょうか。

妻の細川ガラシャさんを色目で見ていたという理由だけでバッサリ。

この一件だけなら、本当に職人が悪かったかもしれないと思えるところですが、忠興さんは他にもバッサバッサと斬りまくり、他の大名から「すぐに斬るんじゃない!」とたしなめられたこともあるほど。

それだけ奥さんを愛していた……という風には言い切れない余罪があるんですよね

 

夫に報告

◆すみません、説明が前後しましたが、細川忠興の妻・ガラシャは、明智光秀の娘でもあります。

細川ガラシャ(明智たま)
細川ガラシャ(光秀の娘・明智たま)壮絶生涯38年!父より激しい散り際とは

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

本能寺の変】後、光秀が婿のいる細川家を頼りにし、そしてその協力を得られず秀吉に【山崎の戦い】で負けたことは有名ですね。

実際、謀反直後の忠興はガラシャの命を守っております。

にもかかわらず、さすがにキリシタン信仰は受け入れがたかったようで、キリスト教徒となった侍女の鼻を切り落とし、ガラシャに改宗を迫ったなんて話も……。

そんな忠興の生涯は以下の記事へ……。

あわせて読みたい関連記事

細川忠興
細川忠興(藤孝の長男で光秀の婿)は文武両道かつキレ体質~83年の生涯まとめ

続きを見る

細川ガラシャ(明智たま)
細川ガラシャ(光秀の娘・明智たま)壮絶生涯38年!父より激しい散り際とは

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

高山右近
戦国キリシタン武将・高山右近はなぜマニラに没したか? 63年の生涯まとめ

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友なり!されど本能寺後は?

続きを見る

仙石秀久
仙石秀久が秀吉の下で大出世&大失態!センゴク主人公64年の史実と生涯

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

四国の戦国武将・長宗我部信親の哀しき最期「オレは戸次川の戦いで討死する」

続きを見る

黒田官兵衛
黒田官兵衛は秀吉の軍師に非ず!59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

小西行長(秀吉配下の戦国商人)とは? 豊臣政権で出世できた現実的な理由

続きを見る

本連載の過去作品→戦国ブギウギ
もう一つのマンガ連載→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-まんが戦国ブギウギ