SAMURAI ART

仁義なき自爆 久秀死闘篇~ボンバーマンの真実【戦国浮世絵ANARCHY5】

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
仁義なき自爆 久秀死闘篇
をクリックお願いします。

 

当初は文官として三好長慶に仕えた松永久秀

天文10年(1541年)のことであり、その才は有能な官吏にとどまらず、戦場での駆け引きや文化芸術にも発揮された。

特に築城においては比類なき技術の持ち主。多聞城の建築も手掛けている。

しかし信長を二度も裏切り、そして滅ぼされたエピソードが時代を経るに従って肥大化していったのだろう。

・東大寺大仏殿の焼失

足利義輝を討った永禄の変

・自爆

これ全て、史実に非ず――。

 

お好きな項目に飛べる目次


平蜘蛛の手榴弾入れ

高価な茶釜を抱いて死ぬ――その破滅的ロマンスに心惹かれる戦国ファンには残念な話かもしれない。

されどフィクションぐらいは大いに遊んでもよかろう。

テーブルの上には【平蜘蛛茶釜】ならぬ【蜘蛛の手榴弾入れ】。

映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』では、北大路欣也さん(当時30才)演じる山中正治が拳銃自殺することで終わりを迎えるが、果たしてこの久秀はピンチに際してどう立ち向かうのか。

表情から、反省や後悔などの感情とは一切無縁にも見える。

ボンバーするのか、再び信長に仕えるのか。

先の展開が全く予測できない男である。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

信長を2度も裏切った智将の生涯~松永久秀は梟雄でも爆死でもない!

続きを見る

斎藤道三
マムシと呼ばれた戦国大名・斎藤道三の成り上がり63年の生涯まとめ

続きを見る

宇喜多直家
戦国の謀殺王・宇喜多直家は本当に謀将?没落の身から息子は五大老へ

続きを見る

岩成友通
三好三人衆の一人・岩成友通 なぜ彼らは執拗に信長と戦い続けたのか

続きを見る

三好長慶
信長より先に天下人だった三好長慶~畿内を制した43年の生涯とは?

続きを見る

応仁の乱
応仁の乱って一体何なんだ? 戦国時代の幕開け乱戦をコンパクト解説

続きを見る

織田信長
史実の織田信長はどんな人物?麒麟がくる・どうする家康との違いは?

続きを見る

永禄の変
永禄の変で13代将軍・義輝自ら刀で応戦!敗死に追い込まれた理由とは

続きを見る

足利義輝
刀を握ったまま斃れる壮絶な最期~足利義輝13代将軍の生涯30年まとめ

続きを見る

絵・鞘ェもん(ツイッターサイト
文・五十嵐利休

【参考】
国史大辞典

TOPページへ


 



-SAMURAI ART

×