SAMURAI ART

水攻め用“堤”ただいま建設中 ㈱トヨトミ技建【戦国浮世絵ANARCHY 9】

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国浮世絵ANARCHY 9
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

約3kmではなく300mの堤だった?

とにかく彼らは城を水で取り囲むための“堤防”を作るワケです。

ちょっと考えただけでも気が滅入りそうな大工事。

よく成功させたよな……。

そう思われるかもしれませんが、実は条件は揃っておりました。

備中高松城の周囲は湿地帯――しかも東・西・北は山で囲まれており、南側に“堤”を作れば可能でした。

問題は、その堤の大きさと工期です。

かつての史料からは約3kmもの堤防が12日間で構築されたと伝えられていて、それだと運び込む土が10トントラックで約6万5000台が必要になる計算でした。

あまりにも膨大な量であり、現代の土木技術でも到底不可能なレベル。

しかし……。

城の南側には自然にできた堤防があり、実際は約300m、つまり従来考えられていた「10分の1の規模」で済んだという試算が出ています(参照『秀吉の虚像と実像』→amazon)。

秀吉の資金的にもそれぐらいなら可能だったんですね。

なお、この水攻めをしている間に中央では明智光秀による本能寺の変が勃発。

変を知った秀吉は毛利軍と和睦を結び、清水宗治切腹を見届けると畿内まで急行し(中国大返し)、光秀との【山崎の戦い】に勝利します。

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

中国大返しは可能か 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

まさしく歴史が動いた衝撃の一幕だったわけですが、最後に我々庶民目線から、弁当の中にもある「梅干し」についての戦場豆知識を確認しておきたいと思います。

 

梅干し

さて、この「梅干し」ですが……。

当時の戦場を、足軽目線からつぶさに記した『雑兵物語』(→amazon)に

「梅干しは首にぶら下げる食い物袋に入れておき、喉が渇いたときに“眺めておけ”」

という一節があります。

舐めたり食べたりしたら、かえって水分が欲しくなってしまう。眺めただけでもツバが出てくるから、それで乾きを癒せという意味ですね。

それでもまだ水が飲みたいなら

・死んだやつの血か、泥水の上のきれいなところをすすれ

なんですって……。

それが通常の戦場ですが、敵を水攻めで囲んでしまうような秀吉軍は、そこまで緊迫した状況でもなかったでしょう。

梅干しもパクパク食べていた気がします。

できれば秀吉軍に加わりたいですね。

戦国浮世絵バックナンバー

戦国昔話『三成のかき』死の直前に差し出され【戦国浮世絵ANARCHY 8】

続きを見る

今日は斬殺 明日は毒殺♪ ようこそ暗殺マスカレードへ【戦国浮世絵ANARCHY 7】

続きを見る

戦国一の狂槍「人間無骨」人の身体は骨無き肉塊【戦国浮世絵ANARCHY 6】

続きを見る

仁義なき自爆 久秀死闘篇~ボンバーマンの真実【戦国浮世絵ANARCHY 5】

続きを見る

本能寺にいた黒人侍はそのとき……信長は炎の中へ【戦国浮世絵ANARCHY 4】

続きを見る

不気味不気味な桶狭間!義元に襲いかかる魑魅魍魎【戦国浮世絵ANARCHY 3】

続きを見る

サイバー剣豪将軍は鹿島フォースを使うのだ!【戦国浮世絵ANARCHY 2】

続きを見る

長篠城のスーパー足軽・強右衛門は鉄骨に磔だ!【戦国浮世絵ANARCHY】

続きを見る

あわせて読みたい関連記事

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

黒田官兵衛
黒田官兵衛は秀吉の軍師に非ず!59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

中国大返しは可能か 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

鳥取の渇え殺し&三木の干し殺し人肉の恐怖~極度の空腹でメシ食うと死ぬ?

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

清水宗治
戦国武将の鑑とされた清水宗治の切腹劇~備中高松城水攻めの結末とは

続きを見る

絵・鞘ェもん(ツイッターサイト
文・五十嵐利休

【参考】
国史大辞典
堀 新・井上 泰至 (編集)『秀吉の虚像と実像』(→amazon
かもよしひさ『雑兵物語』(→amazon

TOPページへ

 



-SAMURAI ART