SAMURAI ART

今日は斬殺 明日は毒殺 ようこそ暗殺舞踏会へ【戦国浮世絵ANARCHY7】

病気だという織田信長を見舞うため、城に出向いて謀殺された織田信勝

父・斎藤道三と兄・斎藤高政の確執から、暗殺されてしまった斎藤孫四郎と斎藤喜平次。

大河ドラマ『麒麟がくる』では、いかにも戦国時代といった物騒な事件が頻発しているが、そうした殺傷沙汰においてはこの人あり――とされる戦国大名がいる。

宇喜多直家――。

斎藤道三や松永久秀らと並び「戦国三大梟雄」の一人として恐れられる人物である。

最近の研究から「この三人を梟雄というのは言い過ぎではないか?」というツッコミもあるにはあるけれど、いくつかの所業を見てみれば、やはり恐ろしいのがその殺し方。

今回の【戦国浮世絵ANARCHY】は宇喜多直家に注目だ!

 

元就とは似て非なる者

宇喜多直家は、中国地方の戦国大名。

元は国衆クラスの小領主であったが、同じく中国地方を本拠とする毛利元就と並び、あらゆる手を尽くして成り上がっていった謀将である。

ただし二人は似ているようで実は大きく異なる。

元就が謀(はかりごと)のみならず、【厳島の戦い】や【有田中井手の戦い】など、不利な合戦でも勝利を重ねてきた戦巧者であるのに対し、直家は、やはり謀殺場面での活躍が圧倒的に目立つ。

敵将を暗殺したり。娘婿を攻め殺したり。敵将を毒殺したり。

たとえ親類縁者であっても油断も隙もなく、その最たるケースが妻の実父である中山信正を殺めたときだろう。

 

和製マキャベリスト

直家は、日頃から妻の父である中山信正と、茶園畑の中にある茶亭で、酒宴を楽しんでいた。

ある夜、盛り上がって深夜になり、直家に宿泊を勧められた信正。

微塵も疑わずに横になろうとしたその刹那、刀が一刀両断のもとに振り下ろされた。

そう。直家が斬殺したのである。

城を得るため、勢力を拡大するため。

目的のためには手段を選ばない宇喜多直家は、和製マキャベリストなどとも呼ばれたりするが、史料を考察すると当然快楽殺人者などではなく「非常に合理的であった」と見る研究者もいる。

それだけに怖い。

 

暗殺マスカレードへようこそ

いくら骨肉の争い激しい戦国時代といえども、そうそう「親殺し」は実行できないもの。

他ならぬ斎藤義龍が道三を相手にした【長良川の戦い】で行っていたが、著名な戦国武将クラスで殺すまでのケースはほぼない(家督争いから家臣などが殺害したケースならある)。

ましてや自ら刀を振り下ろし、義理とはいえ父親を殺害するなど、相当にプレッシャーのかかる場面である。

宇喜多直家はそれをやってしまった。

まさに目的のためには手段を選ばない所業。

それを一枚の絵にしたらどうなるか?

「鞘ェもん」の手にかかると、こうだ!!

ジャジャーーーン!

不気味としか言いようのない仮面姿の男(左・家臣A)と、袋詰め作業を淡々と進める宇喜多直家(右)。恐ろしいほど場慣れ&死体慣れした様子である。

酒宴+毒殺という設定で絵師・鞘ェもんに作画をお願いしたところ、上記のような仮面舞踏会となった次第だ。

哀れ、口から泡を吐きながらバッグに入れられる男のもとには、こんな案内状でも届いていたのだろうか。

◆仮装パーティー開催のお知らせ◆

別人になって今宵は戦国乱世を忘れよう!

場所:興善寺
日時:永禄9年2月
主催:宇喜多家

会費無料ですのでふるってご参加ください^^

なお、宇喜多直家は、毛利家と織田家の狭間にあって勢力を伸ばし、息子・宇喜多秀家は、父とはまるで違う生涯を送った。

前田利家の娘にして豊臣秀吉の養女という当時の超プリンセス・豪姫を娶り、さらには豊臣政権の五大老に選ばれるなど、戦国末期に華々しい宇喜多家の躍進を得たのである。

すべては直家の努力あってこそ、の話である。

戦国浮世絵バックナンバー

戦国一の狂槍「人間無骨」人の身体は骨無き肉塊【戦国浮世絵ANARCHY6】

続きを見る

仁義なき自爆 久秀死闘篇~ボンバーマンの真実【戦国浮世絵ANARCHY5】

続きを見る

本能寺にいた黒人侍~そのとき信長は炎の中へ【戦国浮世絵ANARCHY4】

続きを見る

不気味な桶狭間!義元に襲いかかる魑魅魍魎【戦国浮世絵ANARCHY3】

続きを見る

サイバー剣豪将軍は鹿島フォースを使うのだ!【戦国浮世絵ANARCHY 2】

続きを見る

長篠城のスーパー足軽・強右衛門は鉄骨に磔だ【戦国浮世絵ANARCHY】

続きを見る

あわせて読みたい関連記事

宇喜多秀家
27歳で豊臣五大老に抜擢された宇喜多秀家~意外と長寿な84年の生涯

続きを見る

豪姫
利家の娘で秀吉の養女・豪姫~イケメン秀家とドラマのような人生を送る

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

織田信勝(織田信行)
兄・信長に誅殺された織田信勝(織田信行)そもそも当主の器だった?

続きを見る

前田利家
信長に追放されたこともある武闘派・前田利家~槍の又左62年の生涯

続きを見る

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

斎藤義龍
美濃の戦国大名・斎藤義龍はなぜ父の道三を殺した?33年の生涯まとめ

続きを見る

斎藤孫四郎
道三の次男・斎藤孫四郎はなぜ兄の義龍に殺された? 骨肉の家督争い

続きを見る

斎藤喜平次
道三の三男・斎藤喜平次もまた暗殺され~なぜ兄の義龍は凶行に走ったか

続きを見る

宇喜多直家
戦国の謀殺王・宇喜多直家は本当に謀将?没落の身から息子は五大老へ

続きを見る

尻はす死
戦国一の謀殺王が「尻はす死」で迎えた最期 一体何が起きていた?

続きを見る

毛利元就の手腕鮮やか!どんな策や合戦で中国地方8カ国を支配した?

続きを見る

厳島の戦い
毛利軍が奇襲!厳島の戦いで元就が陶晴賢を破り中国地方の覇者へ

続きを見る

長良川の戦い
長良川の戦いで道三と息子の義龍が激突!その後の斎藤家はどうなった?

続きを見る

絵・鞘ェもん(ツイッターサイト
文・五十嵐利休

【参考】
国史大辞典

TOPページへ

 



-SAMURAI ART

×