三条実美

三条実美/wikipediaより引用

幕末・維新

三条実美と七卿落ち! 岩倉に並ぶ幕末維新の代表的公家55年の生涯まとめ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
三条実美と七卿落ち
をクリックお願いします。

 

八月十八日の政変で「七卿落ち」

この翌月、実美は新たに設置された「国事御用掛」の一員となります。

翌文久3年(1863年)には、将軍・徳川家茂が上洛。孝明天皇とともに賀茂神社・石清水八幡宮で攘夷祈願を行いました。

徳川家茂
徳川家茂(徳川14代将軍)勝海舟にも認められた文武の才 その実力とは

続きを見る

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志

続きを見る

実美は、ここで御用掛を勤めています。

一方、家茂は、朝廷の勢いに押されて5月には攘夷を行うと約束、江戸に戻ることとなりました。

孝明天皇は、妹・和宮の夫であり、誠実な家茂の人柄が気に入ったのでしょう。

長州藩や実美ら尊王攘夷派が「いよいよ攘夷だ!」と盛り上がる中、肝心の孝明天皇は彼らに嫌悪感すら覚えていました。

やたらとヒートアップする長州藩を何とかして欲しいと考えていたのです。

その意を受け、天皇の側近・久邇宮朝彦親王(くにのみや あさひこしんのう)、薩摩藩、会津藩らは「八月十八日の政変」を起こします。

京都から長州藩が追い出されることになったのです。

それに伴い尊王攘夷派の公家七名に対し、追放処分が下されます。

一般的に「七卿落ち」とも呼ばれておりまして、実美はじめ、以下がそのメンバーとなります。

・三条実美

・三条西季知
(さんじょうにし すえとも)

・東久世通禧
(ひがしくぜ みちとみ)

・壬生基修
(みぶ もとおさ)

・四条隆謌
(しじょう たかうた)

・錦小路頼徳
(にしきこうじ よりのり)

・沢宣嘉
(さわ のぶよし)

さすが貴族だけあって、現代の我々には難解な漢字の名前ですね。

ほとんど日本史受験の問題には挙がらないので、受験生の方は助かったのでしょう。

特に、三条西季知あたりがややこしいかもしれません。

「さんじょうにし」と読みまして、元々は藤原北家の名門貴族であり、鎌倉時代から続く家でした。

三条西季知/wikipediaより引用

 

捲土重来を目指す

実美らは、暴風雨の中、長州藩を目指しました。

七卿は官位を褫奪されてしまったため、例えば実美は実(まこと)、または梨木誠斎(ナシキ セイサイ)の変名を用いることとなります。変名まで難解な読み方ですね。

そして彼らは「君側の奸(くんそくのかん、主君をたぶらかす奸臣の意味)」らを一掃し、政務へ復帰してやる!とばかりに虎視眈々と再上洛のチャンスを狙います。

平野国臣が但馬・生野で挙兵することが伝わると、沢宣嘉が脱走して単身挙兵に参加しました。

が、この挙兵は失敗、沢宣嘉は逃亡します。

平野国臣
溺死寸前の西郷を救った平野国臣~福岡藩のコスプレ志士は幕末の傾奇者

続きを見る

さらには錦小路頼徳が潜伏中に病死し、七卿は五卿に。

こののち、第一次長州征討では五卿の引き渡しが問題となります。

長州征伐(長州征討)
長州征伐(征討)がスッキリわかる!天皇 幕府 外国人の視点も大切です

続きを見る

彼らを擁立されると困ると考えた長州藩は、筑前藩へ送り、後に太宰府に移されます。

そして五年にわたる苦難を乗り越え、慶応3年(1867年)、実美らは京都政界に議定として復帰を果たしたのでした。

議定とは、明治政府に設置された官職の一つ(1869年太政官制の導入によって廃止)で、「法律の制定」や「条約の締結」、「三等官以上の人事」などを司ります。

「総裁・議定・参与」からなる「三職」の一つで、かなり重要なポジションでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,