日本と清が朝鮮を狙うところをロシアが横から……という著名な風刺画/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

日清戦争がわかる! 舞台は朝鮮半島―敵国の清は指揮官がポンコツだった?

見る角度によってサイコロの数字が異なるように、一つの出来事にも様々な見方・捉え方があります。

「戦争」はその最たるものでしょう。

確かに、いかなる理由があっても他者の命を奪うことは問答無用で“悪”であり、戦争絶対反対というご指摘もその通りですが、そうは言っても、歴史上常に……というか今なお世界のどこかで戦闘は起きていて、そこには両者なりの事情があるものです。

日本史において、それがかなり複雑に入り組んでいるのが【日清戦争】。

いくつかの前提を踏まえながら、一連の流れをスッキリ整理してみましょう。

 

清との結びつきが強すぎた朝鮮王朝

日清戦争という字面だけ眺めますと、日本と清が互いの領域を求めてやりあった――そんなイメージが浮かぶかもしれません。

しかし同戦争は、舞台のほとんどが朝鮮半島であり、キッカケも朝鮮半島でした。
これには古来からの因縁と、当時の国際事情が大きく関係しています。

朝鮮半島は、中国に比べて資源や耕作地に乏しく、歴史は古いながらも独立を維持することが難しい立地でした。

そのため、基本的に中国の歴代王朝に従属して国の形を保ってきています。
これが中国伝統の中華思想(「なんでもある豊かな土地で、優れた文明を持つ中国が世界の中心だ!」という考え方)と実に相性が良く、それゆえに両国は均衡の取れた関係を保ってきたのです。

千年単位でそういう刷り込みがあったため、近代になって清がアヘン戦争などによりボロボロになっても、朝鮮は「中国を頼っていれば大丈夫」という価値観から脱却しませんでした。実際、本当にそれでどうにかなってきたのですから、これは致し方ありません。

また、清も清でアヘン戦争後も「我が国が世界で一番エライ!」という中華思想を持っている人が大多数で、西洋化・近代化の導入には消極的。
改革に積極的な人が出てきても、だいたいが押し潰されたり、力不足で成功しなかったのです。

欧米諸国からすれば、こんなに狙い目な土地もありません。
この頃までに、地球上のほとんどの陸地は彼らに切り取られてしまったのですから。

 

西洋に対抗するため、もっと強くなっておくれ><;

一方、東アジアが本格的に欧米の支配下に置かれてしまうと、一番困るのは日本です。

これまでは航海技術の不足や距離的な問題で、日本が欧米諸国の侵略を受ける可能性は極めて低いものでした。
それが蒸気船の登場により、幕末あたりから非現実的な話ではなくなってきます。

この状況でもし、ごく近所の朝鮮半島がロシアや欧米諸国のものになって拠点ができてしまうと、日本は滅亡の危機――というわけです。

そのため、日本は清に「これからは積極的に協力しあって、西洋に対抗していきましょう」
朝鮮へは「独立・近代化して自分の身を自分で守らないと」
と、持ちかけまたのですが、どちらも突っぱねられてしまいました。

当初の日本は、強引に朝鮮半島の支配を目論んでいたわけではないと考えるほうが自然です。
資源が乏しい上に中国とロシアに挟まれる立地は、維持のためにお金と人的資源が必要になります。

しかし、朝鮮にも大勢の人が住んでいるわけで、完全に見殺しにするとお互い損ですし、古くからの付き合いもあります。

ならば朝鮮自身に強くなってもらおう!
そうすれば、彼らが自らの手で自国を守り、こちらも侵略される恐れがなくなって万々歳というわけです。

そこで日本としても、朝鮮の近代化に援助を提供しました。それは自らの身を欧米列強から守りたいという、日本の自国防衛のための先行投資でもありました。

 

清では西太后、朝鮮では閔妃が政治を握っていたために……

もうひとつの大問題は、この時期の清と朝鮮が政治家や軍人に恵まれなかったことです。

清の中枢にいたのが西太后で、朝鮮では閔妃という女性。
二人とも政治センスが皆無な割に金遣いが荒い&人の使い所が完全にトンチンカンで、しかもそれを誰も止められませんでした。

これは「女性だからダメ」というのではなく、古来から儒教による価値観で「女に学問や政治は無理」と思い続けていたため、女性に教育をしてこなかったツケがここに回ってきたのではないでしょうか。

もしここで清・朝鮮が旧来の価値観から脱却し、日本と三国で協力できていたら、20世紀の歴史は大きく変わっていたでしょう。
欧州での世界大戦は不可避だったかもしれませんが、少なくとも東アジアの状況は異なっていたハズです。

とまぁ、歴史のIF話はロマンということで、そろそろ現実に起きたことへ話を戻しましょう。

中国三大悪女の一人・西太后 嫉妬深く、ライバルたちを虐殺したのは本当か?

続きを見る

前述の通り、日清戦争は朝鮮半島に関する戦いです。
当然、朝鮮の政治事情も大きく絡んでいます。

当時の朝鮮半島は、宗主国である清の弱体化などによって、非常に混沌としていました。

「今までも清を頼りにしてきたんだから、これからもいざというときは清に頼ればいい」とする守旧派と、
「日本は最近、清よりも力をつけてきているから、これからは日本を見習って近代化するべき」と考える開化派が対立していたのです。

当時の朝鮮の実質的な王様だった大院君は西洋嫌いで、キリスト教に対して激しい弾圧を加えるなど、守旧派でした。
そのため、国内では前者が優勢になります。

 

明治政府でも征韓論を機に内紛へ

しかし朝鮮も次第に、世界情勢を無視しっぱなしには行かないようになります。

当初の朝鮮は、明治に入ってからの日本が「私達と同じように開国・西洋化して、近代的なおつきあいをしましょう」という手紙を送っても、これを無視する有様でした。
朝鮮政府は「“皇帝”は清の皇帝しか認めません! ニセ皇帝の手紙なんか受け取りません!」という態度を貫き、手紙を読むどころか受け取りすらもしたがらなかったのです。

このため、明治政府内でも“征韓論”を巡る政争が起きます。

西郷隆盛は、朝鮮に渡って開国・近代化の交渉を進めようとしました。
しかし結局は「とりあえず朝鮮は後回しにしよう」ということになります。
反征韓論の大久保利通岩倉具視らは、朝鮮をつついて万が一紛争に発展し、ロシアほか欧米の列強に付け入る隙を持たれたらヤバイと考えたのです。

結局、征韓論で負けた西郷はその後、西南戦争(1877年)へと駆り立てられ、板垣退助が自由民権運動(1874年~)に進みます。

そしてその間も朝鮮は相変わらず攘夷の意向を強めていました。

日本国内でのほとぼりが冷めた頃、明治政府は再び朝鮮へ使者を送りました。
それでも朝鮮の態度は頑ななまま。

しびれを切らした明治政府は、軍艦を派遣して空砲を撃つなどの威圧を行い、朝鮮との談判を進めようとしました。
さらに測量や朝鮮政府への薪水要求などまでしようとしています。
……これって幕末のペリーと全く同じやり方なんですよね。ここらへん、日本側も芸がないというか下地がないというか。

当然、朝鮮政府は不快感を示し、小競り合いが起きて事件になりました。
これが江華島事件(1875年)です。
このときは両国ともに「現場の人間がイライラしすぎて起きた偶然の事故」と認識し、大きな問題にはしませんでした。

江華島事件/wikipediaより引用

しかし、江戸時代からの朝鮮通信使などによって悪い間柄ではなかった日本が、半ば武力行使に出てきたことは、さすがに朝鮮政府でも重く受け止められます。

これをきっかけに、朝鮮政府でも開化派が勢力を伸ばし始めます。
それでもトップの大院君が守旧派なので、急激には変わりませんでしたが。

 

ソウルで壬午の変が勃発

日本は江華島事件の翌年、一方的に不平等条約である日朝修好条規を結んで、朝鮮に国際法を意識させようとします。

これは当時日本に来ていたお雇い外国人であるギュスターヴ・エミール・ボアソナードというフランス人法学者の意見も影響していました。
ボアソナードは朝鮮のいくつかの港を開かせることなど、明治政府に「決して譲ってはならないこと」を提案したといいます。

この条約ではその他に、貿易に関することや、日本以外の諸外国の漂流民に関する扱いなどが取り決められました。

不平等条約である最大の理由は、領事裁判権があることです。
これは「日本人が朝鮮の開港地で罪を犯した場合、日本人領事が裁判を行う」ということです。

しかし、もともと朝鮮通信使の時代にもそんな感じだったので、朝鮮側も大した問題とは思わなかったとか。

逆に、日本が要求した最恵国待遇については、朝鮮側の大反対で削除されています。
なぜか?
この時点では「朝鮮は今後も欧米に対して開国するつもりはない(比べる対象がない)ので、最恵国待遇をする必要がない」と主張されたからです。

隣の清を見ていれば、それはほぼ不可能なことくらいわかりそうなものなのですが……。
というか、清が偉大であったことはわかるのに、その清が弱体化して西洋諸国にボロボロにされたことがわからないというのが何とも。まぁ、面倒なので認めたくなかっただけかもしれませんが。

ただでさえ、よそ者にデカイ顔をされるのは不愉快なものです。
朝鮮に進出した日本人の中にも、西洋化が進んでいることなどを笠に着る不届き者がいたため、朝鮮人の反感を煽ることになってしまいました。

それが極まって「壬午の変」という暴動事件まで起きました。
このため、日本は自国民保護の名目でソウルに軍を駐屯させるようになります。

 

「閔妃と日本のせいで、俺達の生活はめちゃくちゃだ!」

これらの動きに対し、宗主国である清も黙ってはいません。
清から見れば、この時期の朝鮮は数少ない“威圧が通じる”相手です。失うわけにはいきません。

やがて清に押され、朝鮮での日本の権益は衰え始めました。

この間、イギリスとロシアも東アジアでの覇権を巡って対立を深めていました。
日清戦争の後から日露戦争あたりで本格的に影響してきますので、別の記事で詳細に触れますが、頭の片隅に入れておくといいでしょう。

一方、日本の動きとは無関係なところでも、朝鮮の政治は腐敗していました。
当時の王様の妃・閔妃が我が子を次代の王にするため、あっちこっちに莫大な賄賂を送りまくっていたのです。さらに、上級役人は私腹を肥やすために軍の給料(米)をちょろまかしていました。
絵に描いたようなダメっぷりです。

さらに、日本がイギリスから綿製品を仕入れて朝鮮で売るという中継貿易を行ったことにより、貿易赤字が常態化。
こういうとき、最終的に全部のしわ寄せが行くのは庶民です。
文字通り、食うや食わずの状況に陥った彼らも、最悪の選択をしてしまいました。

このころ大院君は閔妃によって政治中枢から追い出されていたのですが、その政権交代&日本が進出してきた&庶民が苦境に陥ったタイミングがかぶるため、
「閔妃と日本のせいで、俺達の生活はめちゃくちゃだ! あの女も日本人も追い出して、大院君様に戻ってきてもらえば元通りの生活ができるに違いない!」
と考えてしまったのです。

前半は合ってたかもしれませんが、攘夷・鎖国派のトップである大院君を再び担ぎ上げようとするのはどう考えても時代にそぐわないことです。
しかしまぁ、世界情勢をよく知らない一般民衆の視点ですから仕方ないかもですね。

 

金玉均の近代化軍に従来の旧式軍がブチ切れ!→壬午軍乱を起こす

一方、閔妃の夫である高宗は、さすがにもう少し現実が見えており、近代化を急ごうとします。
しかし、幼いころに即位してずっと大院君の院政状態だったので、あまりにも近臣に味方が少なすぎました。

高宗と同じく近代化を進めたい金玉均という官僚は、
「近場で近代化を成功させた日本に学ぼう」
と、実際に留学もしていたのですが。

しかし、政治が良い方向へ固まる前に、朝鮮国民の堪忍袋の緒が切れるようなことが起きます。

金玉均/wikipediaより引用

金玉均らが学んできたことを元に、朝鮮の軍も近代化を始めていました。
装備や練度はもちろん、待遇も比較的良かったようです。

しかし、元から豊かとはいえない財政状態で近代化を進めるため、旧式軍の予算を近代化軍に使ってしまいました。

大院君派の旧式軍からすると
「なんで伝統を守ってきた俺達が苦しい思いをしているのに、新参者の作ったアヤシイ軍が高待遇なんだ!」
としか見えません。そりゃそうだ。

政府はこれをなだめるために、旧式軍にも給料を払いました。
が、なんとこれは13ヶ月ぶりの支払いだった上に、本来支給されるべき米の半分は途中の役人にちょろまかされ、糠(ぬか・皮などの部分)に変えられるというヒドさ。

耐えに耐えてきた旧式軍はついにブチキレ、【壬午軍乱】という内乱を起こしてしまいます。

 

閔妃が泣きつき清が3,000の軍を出兵

同じく苦しめられていた庶民たちも旧式軍に合流し、宮殿を襲撃。
当時軍事顧問として渡海していた日本の担当者もブッコロされるという惨事に発展してしまいました。

外国で自国民が殺されれば、当然政府は抗議をするものです。
それが原因で国際戦争になることも珍しくありません。

さらに、ここでも閔妃と大院君の動きが最悪の方向に作用しました。
壬午軍乱の黒幕は大院君だといわれています。このとき、閔妃を追い出して政権に復帰したのです。

閔妃も黙っていません。
彼女は清に対して泣きつきました。

「ウチの国、ならず者たちのせいで大変なことになってしまったんです~……清帝国様のお力でお助けください!」

清も既に列強諸国に切り取られてボロボロでしたが、近場かつ千年単位で子分にしてきた国にまでナメられたくないので、軍を出すことに……。

このとき3,000の兵を送ったのが袁世凱でした。
近現代史ではたびたび出てくる名前なので、何となく見覚えのある方も多いのではないでしょう。

ここで日本が朝鮮と清に対し「待った」をかけます。

日朝修好条規で「朝鮮は独立国だから、今後何かあったとしても、清が助けるのはダメ」ということになっていたからです。
そして日本からも1,500人の兵が壬午軍乱の収集をつけるために渡海したのですが、既に大院君が返り咲いて事を収め、さらに清の軍も到着してしまっていたので、どうにもできませんでした。

後に中華民国の大総統として知られる袁世凱/wikipediaより引用

 

清は【北洋艦隊】で日本にプレッシャーをかけてきた

清を味方につけた閔妃は再び大院君を締め出し、今度こそ権力の私物化を図ります。
自分の親戚ばかりで高官の座を埋め、清に頼り切る道を選んでしまったのです。

「そんなことばかりしていれば国が危くなる!」
と危惧した金玉均らは、どうにかして近代化路線を復活させようと考えます。

しかし政争でもクーデターでも閔妃一派に勝てそうにないので、日本を頼ろうとしました。

一方、この時点では日本も軍事的な手は出せませんでした。
この頃、清は【北洋艦隊】という新たな艦隊を作り、露骨に日本対策をしていたからです。

北洋艦隊の母港である威海衛湾内/wikipediaより引用

この艦隊の旗がまた興味深いデザインをしています。
日本の象徴ともいえる日輪を、中国皇帝の象徴である龍が飲み込もうとしている図案なのです。しかも……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明治・大正・昭和
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)