藤原兼家

藤原兼家/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

藤原兼家の権力に妄執した生涯62年を史実から振り返る『光る君へ』段田安則

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
藤原兼家
をクリックお願いします。

 

天皇の祖父として、藤原氏長者となる

かくして外孫である懐仁親王が一条天皇として即位すると、藤原兼家は、天皇の外戚として大いなる権力を持ちました。

藤原氏長者となり、摂政も兼任。

しかし、権力とはそう単純なものでもありません。外戚への対抗措置として、譲位した上皇にも権威があります。

太政大臣である藤原頼忠

円融法皇の寵臣である左大臣・源雅信

源雅信
なぜ源雅信は愛する娘の倫子を道長に嫁がせたのか?光る君へ益岡徹

続きを見る

彼らも存命で、一条天皇も思い通りにならず……というのはあくまで兼家目線のことで、平安時代も円熟してきたこの頃になれば、外戚が思うままに操れないようにする対抗策もあったのです。

それでも兼家は止まりません。

永祚元年(989年)に円融法皇の反対を押し切って、長男・藤原道隆を内大臣に任命すると、律令制史上初となる【大臣四人制】を実現しました。

藤原道隆
兼家の権力を継承した藤原道隆はその後どうなる?なぜ弟・道長に権勢を奪われるのか

続きを見る

そして藤原頼忠が亡くなると、太政大臣に就任。

永祚2年(990年)には、一条天皇の元服の際には加冠役という栄誉をつとめ、関白となります。

ただし、この職はすぐに長男の道隆に譲りました。

政治的な使命を終え、己の野望を完全に成就させた兼家は出家し、永祚2年(990年)7月2日、燃え尽きるように生涯を終えるのです。

享年62。

兼家の寵愛を受けた女性に、藤原道綱母がおります。

彼女が執筆した『蜻蛉日記』により、兼家の姿も見えてきます。

 

満月となるには父の奮闘も重要だった

日本史の授業では、藤原道長が全盛期を築いたと習います。

父の代となればその途中。

藤原兼家はなかなか複雑な出世街道をたどっており、真っ直ぐに権力の頂点へは到達していません。

実のところ、藤原氏が外戚として権勢を握る上でのプロセスは、同族同士で同じセオリーを使って競い合うため、どうしたって均衡します。

天皇側だって対抗策を考えているため、一朝一夕にはいかない。

いわば複雑怪奇な道であり、権力を一手に握るのは、相当難しいものとなっていました。

高貴な平安貴族といえども決して遊び呆けていたわけではなく、むしろ権力闘争の中を泳ぎ抜くことは非常に困難なことだったのです。

兼家のような父に育てられた子供たちであれば、それはもう激しい権力闘争に巻き込まれることとなります。

そんな中で、藤原道長が目をかけた紫式部はどうか。

彼女にせよ、清少納言にせよ、表向きは澄ました才女に思えるかもしれませんが、実際は嵐の中を舞う木の葉のように自らの運命を感じていたとしても無理はありません。

外戚による権力争いは、その後、混迷の極みに陥ります。

天皇と上皇という権力の二重体制が、ついには武力衝突を起こすまでになる。

そのために使われた武士が力をつけ、ついには「ムサノ世」が訪れます。

大河ドラマならば『平清盛』、そして『鎌倉殿の13人』の時代へ移ってゆくのです。

あわせて読みたい関連記事

◆ドラマや平安時代など全ての関連記事はこちら→(光る君へ

◆以下、名前をクリックすると各人物伝の記事へ飛びます

紫式部
まひろ
藤原為時
まひろ父
藤原惟規
まひろ弟
藤原宣孝
まひろ夫
藤原道長
兼家三男
藤原兼家
道長の父
藤原道兼
道長の兄
藤原道隆
道長の兄
藤原時姫
道長の母
藤原寧子
道綱の母
藤原道綱
道長の兄
高階貴子
道隆の妻
藤原詮子
道長の姉
一条天皇
66代天皇
藤原定子
道隆の娘
藤原彰子
道長の娘
源倫子
道長の妻
源雅信
倫子の父
藤原穆子
倫子の母
赤染衛門
女流歌人
藤原公任
道長の友
藤原斉信
道長の友
藤原行成
道長の友
藤原実資
ロバート
藤原伊周
道隆嫡男
藤原隆家
道隆四男
清少納言
ききょう
清原元輔
藤原頼忠
公任の父
安倍晴明
陰陽師
源明子
道長の妻
円融天皇
64代天皇
花山天皇
65代天皇
藤原忯子藤原義懐
朱仁聡
宋の商人
周明
宋の医師
三条天皇
67代天皇
藤原顕光
兼家の甥
藤原頼通
道長嫡男
藤原為光
忯子の父

◆配役はこちら→光る君へキャスト

◆視聴率はこちらから→光る君へ全視聴率

◆ドラマレビューはこちらから→光る君へ感想

コメントはFacebookへ

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
橋本義彦『平安貴族』(→amazon
倉本一宏『敗者たちの平安王朝 皇位継承の闇』(→amazon

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×