足利持氏自害の図/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代

永享の乱とは?鎌倉公方・足利持氏が1438~39年に切腹へと追い込まれ

更新日:

室町時代は「ナントカの乱」の時代。

皆さんご存知のとおり【応仁の乱】から戦国時代へと突入していくワケですが、それ以前から物騒な事件は頻発しており、いったい「幕府ってなんのためにあったの?」とアタマを抱えざるを得ません。

今回、注目するのはその一つ【永享の乱(えいきょうのらん)

まずは無理やり一行でまとめてみますと。

「永享十年(1438年)8月から翌年2月にかけて、鎌倉公方・足利持氏が、室町幕府六代将軍・足利義教および関東管領・上杉憲実と対立し、結果として足利持氏が敗れ、鎌倉で切腹した」

そんな事件です。

何がどうしてそんなことになったのか。順を追って見てみましょう。

 

鎌倉府の長官・鎌倉公方

もともと室町幕府は京都を本拠とした政権です。
同時に、鎌倉幕府の残党を含めた東日本を統治するため、【鎌倉府】という支店のようなものを置きました。

ここのトップが【鎌倉公方】で、足利尊氏の四男・足利基氏とその子孫たちが代々務めています。

そして、その補佐を務めるのが【関東管領】です。

【鎌倉府の仕組み】
室町幕府(足利将軍)

鎌倉府(鎌倉公方と補佐の関東管領)

関東管領はすったもんだの末、山内上杉氏と犬懸上杉氏によって世襲されていました。
この「山内」とか「犬懸」は血統の区別のためにつけられている呼び名で、遡れば同じご先祖にたどり着きます。

当時は、子孫が増えて枝分かれが多くなるので、ままある話ですね。

【歴代の鎌倉公方】
1.足利基氏
2.足利氏満
3.足利満兼
4.足利持氏
5.足利成氏
足利政知(鎌倉に入れず)
足利成氏(鎌倉に入らず)

なお、鎌倉府は、当初10カ国の軍事権を保持しておりましたが、後に行政機能も有していくこととなります。

※10カ国……相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野・伊豆・甲斐(後に出羽と陸奥が追加)

1391年時点の鎌倉府管轄国/map by Pqks758 wikipediaより引用

 

六代将軍の跡目問題から始まった

さて、永享の乱の発端は、足利義教の将軍継承時点に遡ります。

五代将軍・足利義量(よしかず)が跡継ぎのないまま早世したため、ご隠居様だった四代将軍・足利義持がしばらくの間政務を行っていました。

しかし、義持は自分が病に倒れて寿命が見えてきても、六代将軍を指名しません。
その理由が「どうせ俺が死んだら誰も遺言なんて聞かないだろ」(超訳)という思い込みだったのですから、どうにもならん。

足利義満の息子にして四代将軍の足利義持/wikipediaより引用

義持自身、父親である三代将軍・足利義満の政策を否定してきたからこそ、そう思ったのかもしれませんね。
「やったらやり返される」
って、自業自得なんですけど。

当時、義量以外の義持の息子たちは全員出家していました。

その中から六代将軍を選ぶのであれば、還俗して髪を伸ばし、それから元服……と、かなりメンドー。
こういう場合、幼いうちからお寺に入っているため、成長しても【元服を済ませていない=世間的には成人していない】とみなされてしまうので、そこからクリアしないといけなかったんですね。

ここに目をつけて「俺が次の将軍になれる!」と早合点したのがときの関東公方・足利持氏でした。

 

石清水八幡宮のクジで義教に決定!

足利持氏は、当然ながら初代鎌倉公方・足利基氏の子孫です。
れっきとした足利氏の一員ですから、将軍職に就くことは不自然ではない、と思ったのでしょう。

さらに彼の場合は、義持の猶子になっていたことがあるので、他に候補者がいなければ将軍の座が回ってくる可能性もたしかに捨てきれませんでした。

しかし……。

義持が亡くなった後、幕府の中枢たちは
「義持様の息子さんたちからクジで決めて、当たった人に還俗してもらおう」
ということで一致。
実際、石清水八幡宮でクジをひき、義教が六代将軍に選ばれました。

足利義教/wikipediaより引用

クジというのはあくまで出来レースであり、形式上、神託を仰ぐということにして、本当は最初から義教に決まっていた――。
そんな見方も根強い(というか自然かも)ですが、そこは永享の乱にあんまり関係ないので割愛しますね。

「将軍宣下まだかなー♪まだかなー♪」
とゴキゲンだった持氏は、この知らせを聞いて「(゚Д゚)ハァ?」とマジギレ。完全にへそを曲げてしまうのでした。

 

キレた持氏、子供並みに反抗期

将軍になると思っていたのに、直前で落選。
そこで黙っていられないのが身内争いの絶えない源氏のサガなんでしょうか。

足利持氏はこの後、徹底的に子供じみた行動をすることになります。

義教の将軍就任祝いを送らないばかりか、「永享」への改元に応じず「正長」を使い続けたり、本来は将軍が決める鎌倉五山(特に権威がある鎌倉の五つの禅寺)の住職を勝手に決めてしまったり。
目に見えて「義教が将軍だなんて認めません! 俺が本当の将軍です!」という態度を取り始めたのです。子供かっ。

当然、鎌倉府でも「マズイですって……」と考え、持氏を諌める人はいました。

その代表格がときの関東管領・上杉憲実(のりざね)です。

が、持氏は憲実の忠告に耳を傾けません。

歳が一回りも下だったこと。
関東管領が将軍から直接任命される(実際は上杉氏の世襲を将軍が認定するような感じだった)こと。

そうした状況からナメていたんだと思います。

 

上杉禅秀の乱の当事者が後見だった

もしかしたら持氏は、憲実の先々代の関東管領・上杉禅秀(氏憲)に幼少から後見されていたので、「上杉氏は家臣のくせに俺の頭を押さえつけるいけ好かない家」という印象が強かったのかもしれません。

氏憲も氏憲で、関東の有力武士を結集し、鎌倉府を半ば以上乗っ取ろうとして幕府方の武士に討伐されているので、どっちもどっちなんですけどね。

ちなみにコチラの戦いは【上杉禅秀の乱】と呼ばれています。

この辺、名字が同じなのでややこしいのですが、禅秀は上杉氏のうち「犬懸家」という系統で、憲実は本家にあたる「山内家」の人です。
枝分かれしたのがだいぶ前のことなので、この時点では「同じ名字の遠い親戚」くらいの感覚でしょうか。

余談ながら、上杉氏は足利尊氏の母方の実家、かつ高師直の妻の実家でもあります。
だからこそ、室町幕府から名門として扱われたんですね。

もっと血筋を遡ると藤原北家(藤原冬嗣六男・良門/道長よりずっと前の時代の人)に行き着きます。

いわゆる「いい家」はだいたい、どこかしらで皇室か藤原氏に行き着きますね。もちろん例外もありますが。

 

息子に八幡太郎を名乗らせようと画策

閑話休題。

そんなわけで足利持氏は、幕府や上杉氏に対してどんどん反発心を強めていきます。しかも間違った方向で。

上杉禅秀の乱の後始末として、塩谷教綱に命じ、幕府方の宇都宮持綱(塩谷教綱の親戚)を殺してしまうのです。こうなると……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-鎌倉・室町時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.