後鳥羽天皇(後鳥羽上皇)/wikipediaより引用

鎌倉・室町

承久の乱は日本史を揺るがした大事件だった? 朝廷vs幕府ガチバトルの結末

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
承久の乱
をクリックお願いします。

 

幕府1~2万に対し、朝廷は1700騎程度

鎌倉からの討伐軍は3つのルートで進軍しました。

◆東海道ルート 北条泰時・北条時房・三浦義村

◆東山道ルート 武田信光・結城朝光

◆北陸ルート 北条朝時

本気になった幕府のため意外と大掛かりな進軍/図解 by 味っ子 wikipediaより引用より引用

主力は、義時の息子・北条泰時たちで、武田信光は、あの武田信玄のご先祖さま。源頼朝と同じく、源氏の名門一族ですね

北条泰時ってマジメ……だがそれがイイ60年の生涯で【御成敗式目】も制定!

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

現実的な兵数は、推測で幕府1~2万に対し、朝廷は1700騎程だと目されております。

『少なッ!』というより、皇軍は『幕府軍、多すぎ!!!』と驚いたようです。

上皇サイドだった藤原秀康の弟は、敵の数に驚いたことで使者を出し、それに対して、上皇自身も他の貴族も【なんにもデキず】にコトの成行を見守るだけになっています。

 

京都に近い岐阜で上皇軍があっさり連敗

後鳥羽上皇は各地の武士へ「逆らう奴は朝敵!」という命令を出していたので、「幕府は軍と呼べるほどの人数は揃わないだろう」と安心してしまったようです。

が、北条政子の演説などもあり、見事に裏切られたわけですね。

こういう事件でよくあるように、御家人の中でも朝廷につく人、逆に貴族の中でも幕府寄りだった人もおりましたが、戦局を大きく変えるほどの影響はありません。

しかも戦場が墨俣(秀吉が一夜城を作ったとされるところ)や杭瀬川(関が原の前哨戦があったところ)というように、京から見てかなり近いところだったため、あっという間に市民にも「上皇様の軍が負けたってよ」という知らせが届いてしまい、大混乱を招きました。

それだけにいざ合戦が始まると、上皇サイドの武士はほとんど逃走をするだけ。細かい衝突はいくつかありましたが、なんせ幕府はみな「生き残るため必死」になって戦っています。

一方、上皇サイドの武士たちは、そうでもありません。

多くの守護を兼務する大内惟義などがいながら、実際にその国の武士たちを動員できるチカラはなかったのです。

覚悟がまるで違ったんですね。

しまいには後鳥羽上皇も「もう頼るのはキミらしかおらん!」と延暦寺を頼ろうとしますが、「本物の武士には勝てません」とアッサリ断られてしまっています。

かくして朝廷軍は鎌倉を倒すどころか、最終的には西進してきた幕府軍に【宇治・瀬田(勢多)の戦い】でアッサリやられてしまうのでした。

瀬田の唐橋(後鳥羽上皇軍と北条時房率いる幕府軍が川を挟んで交戦)

 

この乱の意義は?

そうしたドタバタ劇のうちに幕府軍が京までやってきて、お約束通り市街を焼き、略奪・暴行でカオス状態。

源平の合戦が終わって「やっと平和に暮らせるようになった!」と信じていたところにこの有様ですから、京都の住民はさぞウンザリしたことでしょう。

後鳥羽上皇は「今回の戦は俺の命令じゃなくて、誰かが勝手にやったことだから!」と言いましたが、もちろんそんな言い訳は通用せず、隠岐島へ流罪になってしまいます。共謀した順徳上皇は佐渡へ。

父ちゃんとノリノリ討幕計画! 順徳天皇は乱後にどうなったのか?

続きを見る

一人反対していた土御門上皇は、当初は赦されたのですが、自ら進んで流罪を希望し、四国行きとなりました。

「武力衝突して命があれば御の字だよね」

とはならないよ、と、ご指摘されているのが、東京大学の本郷和人先生です。

本郷先生は、承久の乱を「日本史最大の転換点の一つ」と指摘しております。

それは以下のような処置が取られたからです。

・そもそも武士が上皇を流罪に処すという前例がない

・上皇たちの流罪だけでなく貴族を処刑している

・天皇の退位(後鳥羽系の排除)

・六波羅探題を設置

・後鳥羽上皇の荘園を支配

なんだかんだで朝廷から幕府へ政治を完全移行させ、武士政権がシッカリ確定した――というワケですね。

結果、幕府のチカラが日本全国へと拡大し、以降600年以上にわたって武士政権の世の中が続きます。

学校の授業ではマイナーなのに意義は非常に大きい。

なんだか誰かに話したくなりますね。

あわせて読みたい関連記事

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)は知られざる武闘派! 菊の御紋を使い幕府と戦うも

続きを見る

北条義時62年の真っ黒な生涯マトメ!大河『鎌倉殿の13人』主役はどんな人?

続きを見る

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

鎌倉時代の御家人は普通の武士と何が違う? 御恩と奉公、手続きにも注目!

続きを見る

源頼家(鎌倉幕府2代将軍)は入浴中にあそこを切り落とされて暗殺だと!?

続きを見る

北条政子は尼将軍と呼ばれながらも不幸な女性?4人の子供たち全員に先立たれ

続きを見る

北条泰時ってマジメ……だがそれがイイ60年の生涯で【御成敗式目】も制定!

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

父ちゃんとノリノリ討幕計画! 順徳天皇は乱後にどうなったのか?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『承久の乱』著:本郷和人(→amazon link
国史大辞典
承久の乱/Wikipedia

TOPページへ

 



-鎌倉・室町
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.