源頼家

源頼家/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

源頼家(鎌倉幕府2代将軍)は入浴中にあそこを切り落とされて暗殺だと?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
源頼家
をクリックお願いします。

 

伊豆で入浴中に暗殺 大事なところを……

ここで政子が取り成しなり何なりしてくれれば良かったのですが、このカーチャンはそうしてくれません。

頼家と北条氏の溝が埋まることはなく、頼家は無理やり修善寺へ引っ込まされた挙句、暗殺されてしまったのです。

同時代の史書『愚管抄』には

「北条の兵が入浴中に襲ったんだけど、頼家がとんでもない暴れ方をしたもんだから、首に紐をつけ、男の大事なところ(原文では“ふぐり”)を切り落としてやっと殺したんだってさ」(超訳)

と書かれています。

心臓をつくなりすればいいはずなのに、何か恨みでもあったのでしょうか。確かに急所中の急所かもしれんけど、中世って怖い……。

享年23(満21才)。
若すぎる上に恐ろしすぎる最期でした。

記録が残っていないだけで本当は政子も何かしていたのかもしれません。

が、吾妻鏡の記述やその後の言動からして、このカーチャンが実家と息子のために奔走した可能性は極めて低そうです。

そもそも、頼家に対しての政子の態度は全体的に冷たすぎます。

北条政子は尼将軍と呼ばれながらも不幸な女性?4人の子供たち全員に先立たれ

続きを見る

後々彼らが強引に後を継がせた三代目・源実朝も暗殺されてしまいますけれど、そのとき政子は「実朝は唯一残った子供だったのに」と悲嘆していたことが記録されているのです。

”尼将軍”として女丈夫のイメージが強い政子に母親らしい一面があったことを示す一方で、頼家の死亡時にそうした動きは一切見られません。たまたま記録が残らなかったのでしょうか。お墓は建ててますけども。

また、頼家が幼いころ初めて鹿を射止めたとき、夫の頼朝が大喜びする横で、政子は「武士なんだからそのくらいできて当たり前でしょ」と取り合いませんでした。

うーん、やっぱり冷たいよね。

 

不幸な最期の源氏将軍3代

ちなみにいわゆる”源氏将軍”は三人とも不幸な死に方をしています。

頼朝の死因は実は不明。

頼家は上記の通り。

実朝は頼家の息子(実朝にとっては甥)に殺されています。

北条氏も百年単位で実権を握ったものの、短命が多い上、鎌倉時代以降生き残ることはできませんでした。

ついでに言えば幕府そのものも源氏一門の足利氏・新田氏に滅ぼされておりますし、後世から見ると一体誰が得をしたのか全くわかりません。

中世のことですから、そこまでロングスパンで物事を見ている人がいなかったのかもしれませんが。

となると結局頼家は殺され損ということに……。

黒幕として後鳥羽上皇(朝廷vs鎌倉幕府の「承久の乱」を起こした人)が何か絡んでたりしたら歴史ミステリーとして面白そうですが……流石にないですかね。

みんなが読んでる関連記事

後鳥羽上皇
後鳥羽上皇って実はマッチョな武闘派!菊の御紋で承久の乱を引き起こす

続きを見る

承久の乱
承久の乱で前代未聞の島流し! 歴史を揺るがした朝廷vs幕府バトルとは

続きを見る

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

北条政子は尼将軍と呼ばれながらも不幸な女性?4人の子供たち全員に先立たれ

続きを見る

武士で初『吾妻鏡』は鎌倉幕府のオフィシャル歴史書だが2つの欠点あり

続きを見る

北条義時
北条義時 史実の人物像は真っ黒!大河『鎌倉殿の13人』主役の生涯とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典源頼家
慈円/大隅和雄『愚管抄 全現代語訳 (講談社学術文庫)』(→amazon
日本史史料研究会/細川重男『鎌倉将軍・執権・連署列伝』(→amazon
源頼家/wikipedia

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-,