日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

信長VS謙信のすごい逸話合戦(霜月けい・絵)

スポンサーリンク

週刊武春 剣豪・武術・忍者

切れすぎだろ!古今東西トンデモ名刀~伝説ベスト7

更新日:

 

世界最高の刃物とも呼ばれる「日本刀」。鍛え上げられた鋼と研ぎ澄まされた刃が織りなす至高の神器ともいえ、その切れ味の鋭さが歴史上、度々話題にのぼってきました。
日本刀はいったいどれほど「切れる」ものなのか? ここでは現代の科学的な実験はともかくとして、歴史上言い伝えられてきた名刀の伝説をお届けします!

 

エントリー№1「童子切安綱(どうじぎりやすつな)」

その昔、丹波の国に住みついていた鬼、「酒呑童子(しゅてんどうじ)」の首を切り落としたという、源頼光の愛刀。なんたって身の丈3mもあったという鬼の首を落としたっていうんだからものすごい!
しかも国宝として東京国立博物館に展示されているので、なんと一般600円で拝観するチャンスがありますよ!展示スケジュールを要チェックだよ!!

童子切安綱(東博HPより)

童子切安綱(東博HPより)

 

スポンサーリンク

エントリー№.2「瓶割刀(かめわりとう)」

戦国時代初期の剣豪にして、「一刀流」開祖である「伊東一刀斎」の愛刀。
瓶に身を潜めた賊を、その瓶ごと両断したという伝説の名刀で、代々一刀流宗家に伝承されてきたといいます。
え?鬼切ったほうがすごい??
考えてもみてください。アナタ瓶ごと切れますか。これはこれで伝説なのです!

 

スポンサーリンク

エントリー№3「へし切り長谷部(へしきりはせべ)」

アノ「第六天魔王」、織田信長にまつわる名刀。
なんでも無礼を働いた茶坊主が棚の下に隠れたところ、激怒した信長がその棚ごと茶坊主を「圧(へ)し切った」という代物。
「へす」って動詞はじめて知りました。ゴリゴリっと力押しで棚ごと切ったのでしょうか。茶坊主さん、何やらかしたのでしょう…。おっかないこと。

国宝「へし切り長谷部」(福岡市博物館蔵、同HPより)

国宝「へし切り長谷部」(福岡市博物館蔵、同HPより)

 

エントリー№4「鉄砲切り兼光(てっぽうぎりかねみつ)」

信長と謙信の刀くらべの結果やいかに!

信長と謙信の刀くらべの結果やいかに!(絵・霜月けい)

越後の雄、上杉謙信の愛刀として知られる名刀。なんと川中島の合戦で武田方の狙撃兵を鉄砲ごと切り伏せたというワザモノ!これぞリアル斬鉄剣!
伝説なので持ち主は謙信だったり家臣だったりするようですが、たいしたことではありません。

 

エントリー№5「雷切(らいきり)」

戦国時代の武将、立花道雪の愛刀。
木陰で雨宿りしていた道雪を雷が直撃!しかし彼は半身不随になりながらも命を取り留めため、人々は道雪が「雷神を切った」と噂しました。
ゆえにそれまでの「千鳥」から「雷切」へと名を改めたとのこと。

雷切丸

雷切丸(戦国戸次氏年表より)

ついに物体ではなく、自然エネルギーそのものを切れる刀が登場しました!(忍者漫画「NARUTO」で出てくる技、千鳥と雷切の元ネタでもあります)
この「雷切」、同じ伝説を持つ刀が複数存在し、先述の「鉄砲切り兼光」もなんと以前は「雷切」と呼ばれていたそう!
…あれ?鉄砲切りより雷切のほうがすごくない…??

 

エントリー№6「にっかり青江(にっかりあおえ)」

持ち主には色々な伝説がありますが、化け物が出る、という噂を聞いて退治に向かった武芸者が、現れた幽霊を一刀両断。
翌日現場を見てみると、石灯籠が真っ二つになっていたという伝説。幽霊も石灯籠も両方切れちゃうトンデモ刀です!

にっかり青江(四国新聞社HPより)

にっかり青江(四国新聞社HPより)

 

番外「蜻蛉切り(とんぼきり)」

これは刀じゃなくて槍。
ただし「天下三名槍」のひとつで、猛将本多忠勝愛用のものだったそうです。あまりの切れ味に、穂先に止まったトンボが、止まった瞬間真っ二つになったというもの。こりゃすごい!

蜻蛉切り(東博HPより)

蜻蛉切り(東博HPより)

 

帯刀コロク・記

主要参考文献

『日本名刀大図鑑』 新人物往来社 1996

スポンサーリンク

『名刀・拵・刀装具総覧』 学研 2007





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, 剣豪・武術・忍者
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.