麒麟がくる感想あらすじ

麒麟がくる第34回 感想あらすじ視聴率「焼討ちの代償」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
麒麟がくる第34回感想あらすじ
をクリックお願いします。

 

穏やかな国を取り戻すため戦う混沌

駒は二条城で、比叡山から逃れてきた人々の治療をテキパキとこなしています。すっかりたくましくなりました。

筒井順慶がそこにやってきます。

比叡山の戦から逃れた人の窮状を語る駒に対し、順慶は、大和の松永久秀のことを語ります。

東大寺、興福寺……と南部が焼かれてしまった。公方様の力で、大和を穏やかな国に戻したい。そのために松永との戦をしていると言い切るのです。

やむを得ませぬ――そう語る筒井順慶の、この倒錯した状況よ……宗教の矛盾を感じさせます。

混沌とした状況は、門脇麦さんと駿河太郎さんの演技で際立っていますね。

光秀は、比叡山での虐殺を見ています。

瓦礫が崩れ、女子どもの屍が見えてくる。逃げ惑う人の姿がフラッシュバック。

その中で、彼の愛娘である岸とたまも見える。

「父上!」

「父上!」

「岸、たま!」

そう叫ぶと……実は、突っ伏して寝ていただけで、夢だったとわかる光秀。乳母の腕の中では、光秀嫡男・十五郎があやされているのでした。

現実の岸は、左馬助と手習いをしています。光秀がホッとした顔で、娘を見る。と、そこにたまの姿がありません。

煕子といるのかと尋ねると、市場に行ったと聞かされます。

伝吾とともに、珍しい鳥を見に行ったそうです。

 

石つぶてが当たり額から流血するたま

たまは市場で、鸚鵡らしき南国の鳥を見ています。

一見、微笑ましいようで、すぐそばには槍を持った男が護衛として付いています。こういうところに乱世がありますね。

鳥を見て喜ぶたまの額に、どこからか投げられた石つぶてが当たり、頭部から血が流れました。

「たま様、たま様!」

明智光秀、鬼ッ、比叡の山で何人殺した、鬼め!」

罵倒する者たちを、明智家の護衛たちが追いかける中、藤田伝吾は、医者なら望月東庵の家が近いと聞かされます。

直後、光秀がナンバ走りをしつつ、道を急ぐのでした。

東庵の家につくと、伝吾は「警護を怠るな」と声をかけています。

光秀はホッとしつつ、たまの顔を見ます。そして市場で鳥を見たのかと声をかけます。

「はい」

「どんな鳥だ?」

「南の島からきた鳥で、大層綺麗でございました」

「それはよかった」

たまが丁寧に、はきはきと、敬愛をこめて父に語ります。同時に、伝吾が叱られないよう、市場に連れて行くようせがんだのは自分だと庇うあたりが、たまの優しさです。

そして、南西の国から来た神の教えに美しさを見出すのが、たまの未来でもあります。

光秀は、そんな愛娘にこう言います。

「わかっておる。悪いのは父だ。父が叡山で戦をしたからだ」

ここで駒の横顔がチラリと映る。彼女も、そこはわかっているのです。

 

8文のために死んだ少年

光秀は語ります。

この京都には、身内を失った者が数多おる。そうさせたのは父だ。そなたを左様な目にあわせたのも父だ。

そう謝りる光秀には、娘たちへの愛情が純粋なようで、どこか苦さも滲んでいる。比叡山で見た女子どもたちだって、誰かの妻であり、母であり、子であっただろうに……そんな苦い味が漂っています。

東庵は大きな傷でなくてよかったと笑い、三日後またおいでなさればよいと言います。

東庵と駒に礼をする光秀。

駒が、たまにお手玉を教えようとすると、光秀も美濃の時代を思い出します。

まだ少女だった駒が、伝吾の子どもたちにお手玉を教えていた。

思えば遠くに来たものです。

ここでたまはお手玉を手にして、横に置いて、父にこう言います。

「母上がおっしゃいました。父上はやむを得ず戦をされている。父上は悪くない」

そう無邪気に笑い、お手玉を弾ませる。

すると駒が、十兵衛様にお話があると呼び出します。

話題は、平吉のことでした。

家が貧しく、延暦寺で芳仁丸を500粒を売っていた子。昨日、その母親が息子が死んだことを知らせてくれた。

14歳で、前の日に売り上げを駒にくれた。たった8文! 14歳の子が、8文を残して死ぬのが戦なのだと。

高度な技法です。少年がわずかな金を残して死ぬ。14歳の少年が8文を残して死ぬ。同じことでも、ディテールが細かくなることで、生々しさが増してきます。

戦が起こすそんな責任を、よりにもよって駒から聞かされる光秀。かつて光秀の父が、戦で死にかけた少女として助けた女性が、そう静かに言ってくる。

絶対に逃げられない。運命が人の姿をしてやってきたかのようだ。

おそろしい構図が、そこにはあります。

 

順慶としても板挟みは困る

それから彼女は淡々と語ります。

公方様の側にいれば、何故戦が起きるのかわかる。幕府は信長から離れようとしている。以前のようにはいかない。

そう聞かされた光秀も未然に防ぐと言いますが、駒からその離反の策を聞かされます。

大和での【代理戦争】――これはなにもヤクザ用語でもなく『仁義なき戦い』当時に頻繁に使われていた言葉です。現代でも使いますよね。

筒井vs松永を使い、離反をするつもりだと駒は語ります。

それがまことならば止めねば! 焦り、早速動くことにする光秀。筒井はまだ下京の寺にいると聞かされ、その宿所へ向かうのでした。

光秀を迎えた順慶は「困りましたね……」と言います。

仮に幕府から支援を受けたところで、信長が松永を支援すれば困るわけです。

秀吉ならば、あの目をぎらつかせつつ、信長を敵に回してどうするつもりかと脅しそうに思えますが、光秀はそこまで厳しくはない。

順慶は信長の上洛以来、織田支持だとは言う。

とはいえ、父祖伝来の地に踏み込む松永は捨て置けぬのだと。

そこで光秀は提案します。順慶が大和に戻る前に、堺へ寄り道せぬか?と。堺には今井宗久がいて、茶席を開こうというのです。

なるほど、戦国時代に茶道が発展する理由がよくわかりますよね。

茶にかこつけて、密談ができる。飲食ってそういう経緯で発展してきた一面がありますね。西洋のコーヒーハウスも、世論形成に役立ったそうです。

順慶が、駒殿も付いてくるのかと尋ねると、彼女も丸薬の商いで向かうと言います。

「駒殿もご一緒でしたら……」

順慶はそう言いました。公方様の信任あつい彼女は、いわば幕府側交渉窓口ということでしょう。駒は極めて重要な人物になってきています。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-麒麟がくる感想あらすじ
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)