日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 ドイツ

反ドイツのレジスタンス兵士、母から「お前の父親はヒトラーだよ」と聞かされ仰天

更新日:

世の中、本人に何の落ち度も無いのに、生まれながらに重い十字架を背負っている人がいたりしますよね。今回は、第一次世界大戦のせいで、そうした十字架を背負う事となってしまった、ある男性の一生を紹介してみましょう。

第一次世界大戦でドイツに占領されたフランス北部で出生

1918年3月18日、ベルギーとの国境に近いフランスのスボンクールという街で、男の子が生まれます。ジーン・マリーと名付けられていました。母親は、シャルロッテ・ロブジョという、当時20歳の女性。父親は「名前の分からぬドイツ兵」と、役所には届けられていたそうです。

スボンクールは、北フランスにあります。つまり、第一次世界大戦でドイツ側が占領していた地域。このスボンクール近くのスクランやフルネ=アン=ヴェップ、ヴァヴラン、アルドーイェ(ベルギー)などを1916年から17年にかけて転戦していたのが、若き日のアドルフ・ヒトラーでした。

ロブジョはダンサーを職業としていました。どこでどう出会ったかは分かりませんが、恐らくどこかで踊っていた所をヒトラーが見そめたのでしょう。実際、2人がデートしている所は複数の人に目撃されているそうです。

戦後、ドイツ軍は当然の如く撤退。故郷に居づらくなったのか、出産後のロブジョはパリに引っ越します。

ジーン・マリー君は、ここで祖父母らと共に幼少期を過ごします。やがて、ロブジョが1922年にクレメント・ロレットという男性と結婚。「連れ子の面倒は見るから」との申し出に感動してのゴール・インだったそうですが、こうなると逆に「ボクの本当のお父さんって誰なの?」とは訊きづらくなってしまいますよね。一方、結婚生活が始まるとロレットの祖父からは虐待を受けるなど、辛い生活だったようです。

スポンサーリンク

第二次世界大戦でレジスタンスとして名の知らない父に抵抗

1936年に入隊。軍曹として除隊後は鉄道員として働きます。そうこうする内に、第二次世界大戦が勃発。電撃戦でフランスが降伏すると、今度は占領軍に協力をさせられます。ゲシュタポ関係の業務を請け負わされたそうですが、戦後になって「対独協力者」として訴追されませんでした。

と言うのも、どうやら密かにレジスタンスのメンバーになっていたようなのですね。面従腹背と言えましょうか。一歩間違えば、ドイツ側からも、また、そうした役割をしていると知らないレジスタンスの同志からも(捕まって白状されてもダメージを最小限に抑えるために、横同志の連絡は禁止されていましたし、必要最小限の事しか知らされていませんでした)狙われる危険性がある、実に危険なポジションでした。

スポンサーリンク

戦後6年、臨終の母に「お前のとうちゃんヒトラー」

本人にしたら、戸籍で父親がドイツ人だと分かっている以上、余計にフランスへの忠誠心を示さねばならなかったのでしょう。それが故のレジスタンス活動となり、心中密かに自負する所もあった所に、驚愕の展開が。

53歳という若さで死に至る病を得てしまった母親が、臨終の席で本人に「お前の実の父親はヒトラーなのよ」と打ち明けたのでした。

心中は、察するに余りあります。「言われてみれば…」と、鏡を見た事でしょう。

アルファベット表記では、Jean-Marie Loret。これにHitlerの表記を追加して、グーグルで画像検索して下さい。

こんな結果となります。DNA鑑定とか言い出すまでもありませんわね。血は争えないと言うか…似なくても良いのに、神様って酷いなぁ。

hikakugazouヒットラーの息子

1970年代に、ドイツのマスコミがかぎつけ

ヒトラーは、愛人だったエバ・ブラウンとの間に子供を残していた節がありますが、その後の経緯がハッキリしません。

つまり、ジーン・マリー・ロレットだけが、現時点で確認できている唯一の子孫。

反独感情が強く残ったフランスでは、こうした出自がバレると危険極まり無いのは言うまでもありません。ところが、人の口に戸は立てられず。スボンクールでは噂になっていました。

それを知ったのが、ドイツ人の歴史家、ウェルナー・マーザー。

「ヒトラー伝」などで名高い人ですが、この人がヒトラーの転戦先の1つであったヴァヴランを1965年に現地調査した際に噂を知り、ロレット本人にもあった上で「世に公表するべきだ」と確信したそうです。

マーザー自身が史料などを確認して、そうした事実がドイツで知らされたのが1970年代初頭。ドイツの雑誌や、歴史誌などで相次いで紹介されていきました。もっとも、これを巡っては歴史家の中から「マーザーはセンセーショナリズムを追いかけすぎだ」との批判もあったそうです。

ロレット本人にとってトドメの一撃となったのは、ドイツのハイデルベルグ大学で行われた医学鑑定。「父親はヒトラーに間違いありません」という告知でした。

ヒットラーは息子の存在をしっていた?

では、ヒトラーと母親は、どこで出会ったのか?

どうやら、最初の出会いは1916年。ベルギー国境に近いプレモンという街だったようです。つまり、出産2年前。その後、転戦先でも会っていた模様。そうこうする間に男女の仲になってしまったようですね。

で、ヒトラーはロブジョの事を覚えていたようなのですね。と言うのも、フランス陥落後に彼女はサナトリウムに入るのですが、この時にヒトラーが口利きしていた模様。また、ゲシュタポもフランス占領地の本部があったパリにロレットを連行し、尋問。ゲシュタポに協力しろとも言われました。

で、面従腹背する事を決意する訳ですが、本人はどうやら「俺の父親がドイツ人だから、使えるとでも思っているようだな。そうはさせないぞ」ぐらいの気持ちだったのでしょう。

考えて見ると、著書の「我が闘争」では人種の純粋性を主張していたのがヒトラー。また、フランス人を「猿」と罵倒する事もあったそうですが、そういう言動やイデオロギーの癖して「お前、フランス人とエッチして子供まで作ってるやんけ!」となれば、それこそ政権の根幹を揺るがす大スキャンダルになっていた事でしょう。神経を使うのも、むべなるかな。

決め手は下手なヒトラーの肖像画?

裏付ける史料が乏しかった所に新たな展開が見られたのは1985年2月15日。ロブジョを描いた肖像画が見つかったと、英国のデイリー・エクスプレスが報じたからです。この肖像画ですが、ライバルであるデイリー・メールのサイトでも紹介されています。ハッキリ言って、下手。恋人なんだから、もっと綺麗に描いてやれって(苦笑)。

でも、絵描きを目指していた割には「人物デッサンが下手だった」と一致して指摘されていた事と付き合わせると、逆にそれが決め手となってしまった感じではあります。

なお、このデイリー・メールではロレットの息子さんのフィリップ氏にインタビューしています。フィリップ氏が、自分のルーツをロレットから知らされたのは1972年。16歳の時でした。晩食の席で、不意に打ち明けられたのですって。「その時は凍り付いてしまったし、今でもどう反応して良いのか分からない」と、フィリップ氏。自宅での写真撮影に応じていますが、背景にはヒトラーの写真が飾られています。ロレットほどでは無いにせよ、目元がヒトラーの面影を残していますね。

フィリップさんにしたら、色んな葛藤があったのは言うまでもありません。「ヒトラーは我が家の一員だ。だから壁に飾っているんだ。孫として生まれたのは私の落ち度では無いし、戦争さえ起きなければ、そうなってもいなかった。ヒトラーのした事は私には関係無い。(しかし)私にとって彼は何時も家族である」。ヒトラーに関する著書を40冊以上も読んでの結論でした。なお、フィリップさんは21歳の時に結婚し、奥様は亡くなられていますが、3人の子宝に恵まれています。

ロレット自身は少なくとも1回結婚し、9人の子供がいました。その1人がフィリップさんという訳です。一方、ヒトラーの親族はオーストリアとアメリカのロング・アイランドで暮らしており、そうした人とフィリップさんらのDNAを追加鑑定したところ、矢張り結果は「クロ」だったそうです。

「親を選んで生まれて来る事は無理だからなぁ」

ロレットは1985年にこの世を去ります。死の4年前に「父の名はヒトラー」(Ton père s'appelait Hitler)という回想録を出版し、世界的に話題となりました。

その生涯で、一度も実の父親と会う事の無かったロレットですが、1978年に当時の西ドイツのダッハウ強制収容所をマーザーと一緒に訪れた際、ポツリと語ったそうです。

「親を選んで、生まれてくる事は無理だからなぁ」

…返す言葉が無いですね。

なお、ヒトラーはフランス語が一切話せず、またロブジョもドイツ語が全く無理。それでも、出来ちゃう時は出来ちゃうんですね。

ちなみに、上記のデイリー・メールによると、フィリップさんはヒムラーの娘と会った事があるのですが、その際「戦時中、フランスにヒトラーの子供がいる事を父親から聞かされていたわ」と言われたそうです。また、フランスを占領していた時期、ロブジョにドイツ政府から定期的に仕送りがあったのだとか。ヒトラーなりに男のケジメを付けようとしたのか、それとも口止め料だったのか。

孫のフィリップさんの台詞が、印象的です。「そうした血が流れているのは知っているけど、私は生まれてこの方、悪に手を染めた事は1度として無い」。ただし、家で政治の話はタブーなんだとか。「私の政治信条は中道からやや右だが、極右なんかじゃあ無い」と、釈明しています。

お孫さんもまた、十字架を背負って人生を歩んでおられるのですね。こういう悲劇を生むのですから、矢張り戦争はしてはいけません。

南如水・記

スポンサーリンク

画像のリンク元はDailymail.co.uk




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-週刊武春, ドイツ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.