日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

振袖火事(明暦の大火)で江戸城の天守が消失!

更新日:

 

「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉通り、江戸の町は大変火事の多いところでした。
もとは火事の際に活躍する火消し達の活躍が華々しいという意味だったそうですが、そんなこと言ってられないような火災も幾度となく発生しています。
今回は、その中でも最大規模と呼ばれる火災にまつわるエピソードをご紹介しましょう。

明暦三年(1657年)の1月18日、後世「明暦の大火」「振袖火事」と呼ばれる大火災が始まりました。
昨年9月1日にご紹介した保科正之のお話で、江戸城の天守が消失した火事です。
日本史上最大、世界史的に見ても有数の焼失面積と死者数を出したこの火事は、同時にとても謎の多い事件でもあります。

明暦の大火の様子(「むさしあぶみ」より)

明暦の大火の様子(「むさしあぶみ」より)

 

あちこちで火の手が上がる謎

まず一つは、18日から19日にかけて、江戸のあちこちで火の手が上がったこと。
最初は18日のお昼過ぎ、本郷にある本妙寺というお寺から神田・京橋・隅田川あたりへ燃え広がりました。この時点で死者三万人を超えていたといわれています。
そして翌日は午前中に別のお寺から出火し、飯田橋から九段及び江戸城へ火の手が広がり、さらに夕方になって麹町からまたまた出火して新橋方面の海岸まで焼けるという「誰が裏で手を引いてるんだ?」とツッコミたくなるようなタイミングで何度も火事が起きているのです。
そのため「実は幕府が都市計画をやり直すためにわざと放火したんだ」という説が出ているくらい。

しかし、本当に幕府の手によるものであれば、江戸城が燃えた時点で一時中止しているのではないでしょうか。燃やした後で再建するには、瓦礫の撤去から始まって莫大なお金と資材・人手が必要になりますから、いくら都市計画をやり直すためとはいえリスクが高すぎます。
区画整理をするにしても、普通壊したり建て直す部分は最小限にしますよね。まだ財政難に陥る前とはいえ、保科正之や松平信綱など有能な人材が揃っていたこの頃の幕府が、わざわざそんな金のかかりまくる方法を選ぶのはちょっと無理があるように思います。

 

スポンサーリンク

祈祷で使った火が延焼?

明暦の大火は別名「振袖火事」とも呼ばれているのですが、ここに何らかのヒントがあるかもしれません。
端折っていうと「呪いのかかった振袖が若い娘を次々と呪い殺し、三人目の被害者が出たところで遺族がその振袖をお焚き上げ(遺品を燃やして供養すること)しようとしたところ、火のついた振袖が舞い上がり江戸中に火をつけた」という話です。オカルトめいた逸話ではありますが、このお焚き上げをしようとした場所が出火元の一つ・本妙寺だったというので信憑性があり、今に伝えられています。
現実的に考えると、元は「本妙寺の出火原因がお焚き上げだった」という話にいつの間にか尾ひれがついて「江戸中に火をつけた」という話になってしまったのではないでしょうかね。風で舞い上がるにしても、既に火がついていたのなら江戸を飛び回る前に燃えつきそうですし。

となると、本妙寺の火を見て「以前会った火消しのイケメンにまた会えるかも」と考えた恋するメンヘ……乙女が第二の火元に放火したというほうがありえそうな気がします。
これより後の時代ではありますが、実際にやって捕まった八百屋お七(お七火事)という例もありますし。

 

スポンサーリンク

第一と第二の火もとは近い

それに、第一の火元と第二の火元は比較的近所ですから、第一の火元を見た人間が次の場所へ放火したという可能性は十分あります。
第三の火元については単なる偶然という可能性もなくはないですが、そこから出火する前には既に江戸の大部分に火事が広がっていたはずですから、そんな中で悠長に煮炊きをしていたということは考えにくいでしょう。
まだ日の短い季節ですので、早めに明かりとして点けていた火が燃え広がったというならわかりますが。
となると、江戸市中が燃えているのがわかっていながら、さらに火の手を広げることでメリットがある人間が放火したということになりそうですが……誰得なんですかね。
いずれにしろ振袖と女性が関わっているのは間違いなさそうですが、焦がすのは恋心と蛍の尻だけにしておいてもらいたいものです。

 

火事がもたらした歴史的な変化とは

さて、怪談はここまでにしましてその後のお話にいきましょう。
明暦の大火はこれだけ大きな火災でしたので、江戸の町のあらゆる点に影響を及ぼしました。

まずは大奥です。
それまで大名の妻は「垂髪」(たれがみ・すいはつ)といって、長い髪をそのまま垂らしているのが普通でした。
今でいうポニーテールに近い「下げ髪」などもありましたが、概ね長い部分が垂れている髪型をしていたのです。
しかし、動きを制限されるこうした髪型は、平時ならともかく火災などの有事にはとてつもなく邪魔でした。
おそらく、火の粉が飛んできて髪が焦げてしまった人もいたでしょう。
こうした経験から、「女性も有事のことを考えておかねばならん」ということで大奥でも髷(まげ)を結う髪型が主流になっていきます。
大河ドラマ「篤姫」でも篤姫に似合う髪形をいろいろ試行錯誤している場面があったように、やがて有事の心得というよりはファッションの一つになっていくのですが……実用とオシャレを兼ね備えられるなら良しということでしょうか。

 

囚人の「人権」改善

意外なことに、司法の場にも火事の影響があったそうです。
どこかというと、現在の刑務所にあたる牢屋です。
大都市にはつきものの施設ですので、当然江戸にも牢屋はいくつかありました。
しかし、この火事が起きるまで「有事のとき囚人をどうするか」ということが定められていなかったのです。
逃げなければ生きたまま焼かれるのは目に見えていますが、お上からのお達しがないのに勝手に避難させることはできません。

ここで困った小伝馬町の牢屋奉行(看守)・石出吉深(よしふか)は、お咎め覚悟で囚人を一時牢屋から出すという勇気ある決断を下します。
「緊急だから出してやるけど、絶対戻って来いよ!もしそのまま逃げたら地獄の果てまで探しに行くからな!家族も道連れにするから覚えておけ!」(意訳)という物騒な条件付ではありましたが、死刑囚まで出してやったので皆涙を流して喜んだとか。「どうせ死罪なら焼け死んでも一緒じゃん」なんて思わなかったあたりマジいい人。
そして火事が収まった後、囚人達は約束通り雁首そろえて牢屋に戻ってきました。
これを見て吉深は「囚人とはいえ約束を守ったのはエラいぞお前達。俺がお上に頼んで、罪を減らしてもらうからな」と気前の良すぎるおまけまでつけてくれました。この言上は幕閣にも認められたそうで、やはり死罪の者を含めた減刑が実行されたとのことです。

その後この「緊急時の一時釈放」は慣例化し、さらには明治時代の監獄法や現在の刑事収容施設法にまで受け継がれています。関東大震災や戦時の空襲の際、実際に一時釈放が行われたそうです。
現行法では「刑事施設の長が安全な場所に護送できない場合」という条件がついていますし、そもそも刑務所自体がかなり頑丈な作りになっていますので、一時釈放になることはそうそうないと思われますけれども。

災害関係の記事で毎回同じツッコミをしている気がしますが、この「事が起こって落ち着いてから対策を考える」という日本の伝統芸は何とかならないんですかね。

スポンサーリンク

長月七紀・記

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.