絵・小久ヒロ

明智家

戦国期に滅びたもう1つの武田氏―武田元明は『麒麟がくる』で重要ポジを担う?

更新日:

乱世を生きる戦国武将であっても、戦いたくない相手はいる。

大河ドラマ『麒麟がくる』でも、そうした明智光秀の苦悩が描かれることでしょう。

主役の光秀は、出自の謎が多い武将として知られ、ドラマの設定上では【若狭武田氏】が母方のルーツとされます。
そのことが光秀にとって苦渋の決断を迫るものとなるかもしれません。

なぜなら若狭武田氏の最後の当主・武田元明は、ドラマ上では光秀の従弟となり、史実においては織田信長に御家を滅ぼされ、本能寺の変後は光秀の味方となっているのです。非常に複雑な状況です。

本稿では、若狭武田氏と武田元明を史実ベースで振り返りながら、ドラマとの関連も見ていきたいと思います。

 

若狭武田氏~最後の当主は武田元明

北陸道の南端にあり、現在の福井県南部に相当する若狭国。

下記の地図をご覧の通り、近江(滋賀県)や山城(京都)の北方に位置する、日本海の玄関口であり、

鎌倉時代は有力一族である比企氏、津々見氏、北条氏が守護を務めました。

室町時代に入ると足利一門の斯波氏はじめ、多くの守護が入れ替わるようになり、室町時代中期に【若狭武田氏】が登場します。

元を辿れば、武田信玄を輩出したあの甲斐武田氏。
とはいえ甲斐から直接派遣されてきたのではありません。

少しややこしいのですが、まず甲斐武田氏から安芸武田氏が輩出され、そして永享12年(1440年)、足利義教の命を受けた安芸守護(安芸武田氏)の武田信栄(のぶひで)が、一色義貫を大和の陣中で敗死させると、その功によって若狭守護(若狭武田氏)を命じられたのです。

簡単にまとめると次のような流れですね。

甲斐武田氏

安芸武田氏

若狭武田氏

この武田信栄を初代として若狭武田氏の歴史が始まりました。

今回注目の9代目・武田元明は、その最後の当主となります。

初代 武田信栄
2代 武田信賢
3代 武田国信
4代 武田信親
5代 武田元信
6代 武田元光
7代 武田信豊
8代 武田義統
9代 武田元明

大河ドラマ『麒麟がくる』上での設定では、8代目当主・武田義統(よしむね)の妹が、光秀の生母・お牧の方であるとされます。

つまり光秀は、武芸に優れた守護大名の血を引いている。
その洗練性と教養で織田信長を魅了しても、不思議ではない設定。

しかし、それが光秀本人の苦悩へとつながってゆくことになりそうです。

なぜなら前述の通り、若狭武田氏は、他ならぬ織田信長に滅ぼされるのです。

 

父・義統の頃から若狭武田氏の弱体化が始まった

牧の方の兄・武田義統は、大永6年(1526年)、武田信豊の長男として生を受けました。

嫡男である義統は、天文17年(1548年)には足利義輝足利義昭の妹を正室に迎え、中央と繋がりのある名門御曹司として順調な滑り出しをしたように思えます。

【戦国 剣豪将軍】足利義輝の壮絶過ぎる散り際!襲いかかる敵兵を次々に……

永 ...

続きを見る

しかし、義統の頃からこの家は大きく傾いていきます。

義統の弟・武田信方の擁立を目指す粟田勝久が離反し、追放。
義統の父・武田信豊が弟・元康擁立を目指したため、追放。

まるで武田信玄と、その実父・武田信虎との関係のようなお家騒動です。

それだけにとどまらず、武田義統が当主となった後も若狭武田氏は分裂し、弱体化してゆきます。

そんな伯父の破滅を、ドラマの光秀が教訓としても不思議はないところ。
弟を斬ることによって一家の結束を強くした織田信長とは対照的でした。

兄・信長を裏切り、謀略の末に成敗された織田信行 どこで道を誤った?

弘 ...

続きを見る

 

朝倉の傘下に置かれ、織田軍に攻められ

度重なる骨肉の争いによって、光秀の時代の若狭武田氏は下り坂でした。

争いの経歴を年表形式でまとめてみましょう。

・永禄元年(1558年)、粟田勝久はじめ三方郡家臣が反乱を起こす
・永禄4年(1561年)、丹羽勢と手を結んだ家臣・逸見昌経が反乱、朝倉氏の援軍を受けて撃退する
・永禄6年(1563年)、三方郡家臣が離反、朝倉氏と戦うようになる
・永禄10年(1567年)、同族・武田信方の離反
・永禄10年(1567年)、義統没。元明が継ぐ
・永禄11年(1568年)、朝倉氏に攻められ、武田氏による若狭支配終了
・天正元年(1573年)、織田信長の越前攻めにより、滅亡

光秀の伯父・武田義統が急死し、従兄の武田元明が当主となった若狭武田氏。
1568年に朝倉氏から攻められ、その傘下に置かれていたのです。

そして事態は悪化します。
将軍・足利義昭は、自身の権力掌握のため、ありとあらゆる勢力へ助けを乞う書状を送り、その中には若狭武田氏も含まれておりました。

これが運の尽きでした。
越前へと攻め込んできた織田信長によって朝倉が滅ぼされ、朝倉氏の庇護下に置かれていた武田元明は、一命だけは救われます。

そして丹羽長秀の配下に組み込まれ、織田家の一家臣として使われるようになるのです。

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

キ ...

続きを見る

 

本能寺の後 光秀と共に行動する

この様子を傍で見ていた光秀はどう思ったのか?

名門一族の出自――母方の従兄を支配する人物は、自身の主君である信長。

救出に動くのか?
それともその血統を敵視されないよう、ことさら冷静に振る舞うのか?
重要な見所となりそうです。

なぜなら史実では、従兄である光秀が【本能寺の変】を起こすと、復帰の野望を抱く元明は光秀支援に動くのです。

しかし、そこが運の尽きでした。
豊臣秀吉が【山崎の戦い】で光秀を討ち取ったあと、元明は秀吉の策により謀殺されたと伝わります。

ある意味、光秀と命運をともにした――それが元明の人生であり、若狭武田氏の滅亡となりました。

なお『若狭国志』には、元明の妻が評判の美人であり、秀吉が彼女を得るため、元明を殺したとも伝わります。
松の丸殿と呼ばれた秀吉の側室。
後世でも有名な京極竜子(京極高吉の娘)、その人です。

文:小檜山青

【参考文献】
『国別 守護・戦国大名事典』(→amazon
『ここまでわかった 本能寺の変都明智光秀』(→amazon
『明智光秀 浪人出身の外様大名の実像』(→amazon
国史大辞典
『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon

 



-明智家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.