斎藤利三

絵・小久ヒロ

明智家

斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
斎藤利三
をクリックお願いします。

 

光秀に仕えてからは信頼を獲得して大活躍

前述のとおり、良質な史料に利三の名が登場するのは元亀元年(1570年)のこと。

浅井・朝倉の裏切りに遭った信長が越前から撤退する最中、警護を命じられています。

この時はまだ稲葉良通の配下にあったようで、彼の与力という立場は変わっていなかったと考えられます。

しかし、その後まもなくして利三は良通のもとを離れ、光秀に仕えるように。

鞍替えの詳細な史料が残されておりませんが、一説では光秀が利三の能力を見込んでヘッドハンティングしたという見方もあります。

仮にこれが事実であるとすれば、親戚関係にあったとはいえ利三の能力は高く評価されていたと考えられるでしょう。

『当代記』という史料では彼のことを「信長勘当の者」と表記しており、鞍替えの際に何かしらのトラブルを起こし信長を激怒させた可能性が指摘されています。

ただし、天正8年(1580年)ごろには、信長に重用されていた茶人・津田宗及に関係した茶会に利三が出席していることから、この時期までには信長の許しを得ていたと見るべきです。

いずれにせよ利三は、光秀から非常に重用されました。

処遇を見ると明智秀満ら筆頭家臣のそれと似通った扱いを受けているのです。

やはり優秀な人物であったのでしょう。

 

各地の合戦と並行しながら丹波を攻略

詳細は不明ながら光秀が関わった主要な合戦にはほとんど従軍していたと見なされており、例えば丹波国攻略などにも貢献したはずです。

丹波周辺は国人たちが割拠する攻略の難しい地域と目されており、厳しい戦いを強いられました。

赤井直正
光秀を最も苦しめた丹波の武将・赤井直正(悪右衛門尉)50年の生涯まとめ

続きを見る

しかも、雑賀攻めや本願寺攻略など、織田家の合戦と並行しながら、丹波国のみならず丹後国の平定も見事に成し遂げ、信長から感状を受け取っています。

光秀を躍進させた黒井城の戦い~丹波衆(赤井・波多野)との激戦で何を得た?

続きを見る

明智光秀は計34万石を所有する一大勢力に成長。

手に入れた丹波の地には重臣らが配置されました。

利三も1万石を与えられ、黒井城城主と氷上郡(現在の兵庫県付近)の統治を命じられます。

このように、急成長していく光秀の勢力拡大に伴う恩恵にあずかる形で、利三もまた織田家臣団の中で力を握っていくようになります。

しかし、主君である光秀のクーデターにより、彼もまた運命を急転させます。

利三は、織田家と長宗我部家(四国)との狭間に立たされてしまい、その動向は【本能寺の変】にも影響しているかもしれないのです……。

 

滅びゆく光秀に忠を尽くし、明智家と運命を共に

天正8年(1580年)ころになると、それまで同盟を結んでいた四国の長宗我部家と織田家の関係が悪化。

両者は敵対するようになり、天正9年(1581年)には信長の支援を得た三好氏や十河氏らが長宗我部家へ攻め込みます。

さらに天正10年(1582年)2月には、信長の三男・織田信孝を総大将とした四国攻略軍が編成され、長宗我部家当主だった長宗我部元親は危機感を募らせました。

長宗我部元親は戦乱の四国をどう統一した? 失意のうちに終えた61年の生涯

続きを見る

元親は、親戚関係にあった斎藤利三へ書状を送り、信長へ恭順する用意があることを示唆します。

光秀や利三としても、織田家による長宗我部攻撃は避けたいところでした。

元はと言えば、信長は四国のことを「切り取り次第(好きなように分捕りなはれや)」と元親に約束していたのです。

それが突然、約束を反故にし、「土佐と阿波(南部)だけにして伊予と讃岐は返還せよ」という強硬な姿勢になったのですから長宗我部としては憤懣やるかたないところ。

しかし、強大な織田家に真っ向から逆らう愚を避けるため、元親も態度を軟化させていたのです。

にもかかわらず信長は攻勢の手を緩めようとせず、あくまで四国攻略は既定路線であるという認識を示すのでした。

この「四国政策の転換」は、光秀にとって叛意を募らせる一つの要因になったと指摘されております。

本能寺の変をめぐる光秀の真意は日本史上最大の謎であり、利三の立場を考えると、その一因となったとしても不思議ではない……と言いたいところですが、この四国動乱説も後に新史料が出て「織田と長宗我部は和解に向かっていたのでは?」と指摘されています。

数多ある本能寺の変真相については、以下の記事に詳細をお譲りしますので、よろしければ併せてご覧ください。

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

ともかく光秀はことを起こした。

利三にとって重要だったのは、明智秀満らの重臣と共に、光秀から最初に決意を打ち明けられたことでしょう。

※続きは次ページへ

次のページへ >



-明智家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)