柴田勝家/wikipediaより引用

織田家

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

こちらは4ページめになります。
1ページめから詠む場合は
柴田勝家
をクリックお願いします。

 

ポイントは賤ヶ岳と大垣城

勝家は何とか状況を打開すべく、毛利家や高野山などに連絡を取りました。

秀吉の背後をつこうとしたのですが、信長存命中にはどちらとも敵対していたわけですから、いずれもうまくいきません。

上杉景勝にも何らかの協力を取り付けようとしていた形跡があります。

しかし、こちらにも秀吉が既に手を回していました。

もう、こうなると相手が悪いとしか言いようがなく……こうした流れで天正十一年(1583年)、秀吉と最後の戦いをすることになります。

いざ戦となれば、柴田勝家にも自信はあったでしょう。

いわゆる【賤ヶ岳の戦い】です。

この戦いのポイントは、何と言っても

・主戦場の賤ヶ岳
・大垣城

でありましょう。

当初、賤ヶ岳に布陣した両軍は、互いに築いた砦が強力だったため、動けずにおりました。

先に動いたら負け。土木の得意な織田軍らしい展開です。

すると、前年12月に降伏していた織田信孝滝川一益と手を結み、岐阜方面から秀吉の背後を突こうとします。

勝家と連携して賎ヶ岳の秀吉を攻め滅ぼそう――というものでした。

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

北は勝家、南は信孝&一益。

挟撃される恐れが出てきた秀吉は、一部の兵を賎ヶ岳に残し、岐阜城(途中から大垣城)へ向かい、戦況を見守っていたところ、ついに敵が動きます。

猛将として名高い佐久間盛政が、中川清秀(討ち死)や高山右近(退却)を蹴散らし、秀吉軍の中に楔を打ち込むようなカタチになったのです。

佐久間盛政(勝家の甥)は秀吉の誘いを笑って一蹴! 鬼玄蕃30年の生涯

続きを見る

しかし、それこそまるで罠だったかのように、秀吉が神速の行軍で賎ヶ岳に戻り(美濃大返し)、形勢は逆転。

勝家方だった前田利家が突如戦線を離れると、金森長近などの軍も退却し、勝家本隊に秀吉軍が襲いかかる展開となりました。

勝負あり――。

覚悟を決めた勝家は、北ノ庄城まで撤退します。

むろん秀吉方も追撃して、同城を包囲。

覚悟を決めた勝家は、妻・お市の方と共に自害しました。

享年62(1522年生まれ換算)。

戦国一の美女・お市の方(信長の妹)なぜ勝家と共に死んだ? 37年の儚い生涯

続きを見る

もう少し見ておきたいところがあります。

 

「信長の時代で、最も勇猛な武将」

あまりにも潔い。
柴田勝家の最期を見ると、そんな印象を受けます。

が、もともとがそういうタイプの人物だったようです。

柴田勝家の人物評は全般的に「潔く、温情ある人柄」という印象の逸話が多く残されています。

例えば『日本史』の著者であるルイス・フロイスによると

「信長の時代で、最も勇猛な武将」

だとか。

フロイスを始め、キリスト教の宣教師はキリスト教を理解している人にかなり高い評価をし、敬虔な仏教徒については酷評する傾向があります。

しかし、禅宗を信仰していた勝家については、これが当てはまりません。

ルイス・フロイスは信長や戦国をどう描いた?『日本史』を記した外国人宣教師

続きを見る

もともと勝家が、宗教に対して比較的寛容なタイプだったことや、越前での布教についても事実上許したことが理由だと思われます。

正確には「越前での布教は手柄次第」と言っていたそうです。

つまり、勝家側が妨害することはないが、推奨もしないということ。宣教師たちからすれば、ありがたいことだったかもしれませんね。

また、自害直前についての様子も、好意的に表現されています。

「勝家は離反した家臣を責めず、最期まで付き従った家臣たちについても逃げることを許した。しかし、その忠誠に今生で報いる術がないことを嘆いていた」

似たような話が前田家の家臣・村井重頼の覚書にもあるそうで。

他にも勝家に関する逸話は多々あります。

しかし、出典が『常山紀談』や『翁草』など、江戸時代に成立した書物も多く、史実的には怪しくなってしまいます。

まぁ、当人に温情や清廉さがなかったら、こうした逸話が伝わったり作られたりはしないでしょう。

そう考えると、やはり柴田勝家という人は、愚直で誠実な好人物だったと思えます。

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

萱津の戦いで勝家も活躍~戦国初心者にも超わかる信長公記11話

続きを見る

稲生の戦いで信長一騎打ち!~戦国初心者にも超わかる信長公記19話

続きを見る

ナゾ多き信長の母・土田御前に迫る~信長の死後は?生まれや名前は?

続きを見る

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

信長が尾張統一に費やした14年間~1552年から1565年までの軌跡【年表付】

続きを見る

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

続きを見る

本圀寺の変(六条合戦)で信長ヒヤヒヤ~超わかる信長公記56・57話

続きを見る

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

永禄の変って実は戦国インパクト大!三好勢に襲われ、剣豪将軍、刀で応戦

続きを見る

足利義輝の壮絶過ぎる散り際!襲いかかる敵兵を次々に【戦国 剣豪将軍】

続きを見る

長島一向一揆で2万人を虐殺! 信長が宗徒を徹底的に潰した理由とは

続きを見る

比叡山焼き討ちの死者は意外と少ない? 信長の数千人虐殺&大炎上は誇張か

続きを見る

槇島城の戦いで室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略【信長vs義昭】

続きを見る

朝倉義景が2度も信長包囲網を失敗したのはなぜ? 煮え切らない41年の生涯

続きを見る

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛 信長公記125話

続きを見る

秀吉の「刀狩り」は実際どこまで狩ったのか~兵農分離できればOKだった?

続きを見る

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

手取川の戦いとは? 秀吉が戦線離れて、謙信が勝家をフルボッコ!

続きを見る

加賀一向一揆は勝家が平定!なぜ100年間も続いたのか【北陸戦国譚】

続きを見る

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

戦国一の美女・お市の方(信長の妹)なぜ勝家と共に死んだ? 37年の儚い生涯

続きを見る

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

ルイス・フロイスは信長や戦国をどう描いた?『日本史』を記した外国人宣教師

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon
『柴田勝家と支えた武将たち』(→amazon
楠戸義昭『激闘! 賤ヶ岳 (歴史新書)』(→amazon
柴田勝家/wikipedia

TOPページへ

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.