絵・富永商太

織田家 信長公記

堺で庶民たちにも披露された織田水軍の大船が“鉄甲船”か~信長公記171話

天正六年(1578年)9月27日。

織田信長は、九鬼嘉隆が堺に停泊させた大船を検分するため、京都を出発しました。

この大船というのは、今日”鉄甲船”と呼ばれているものだと考えられています。

信長考案の鉄甲船! 鉄に覆われた巨大船が毛利の村上水軍を破るだと!?

続きを見る

残念ながら『信長公記』には描写が少ないため、構造をうかがい知ることはできません。

 

幟や旗指し物、幔幕などを飾った美しい船団

堺までの道のりの途中、若江や、石山本願寺と対陣中の佐久間信盛がいる天王寺の砦、住吉大社などに立ち寄りながら、目的地に着いたのは9月30日のこと。

検分には、近衛前久・細川昭元・一色義道などが同行していました。

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

戦国関白・近衛前久は信長や謙信とマブダチ! 本能寺後に詠んだ南無阿弥陀仏

続きを見る

船団の指揮を取っていた九鬼嘉隆は、大船に幟(のぼり)や旗指し物、幔幕(まんまく)などを飾って信長を出迎えました。

他の兵船も武具を飾り、美々しい船団になっていたようです。

また、堺の町衆が信長の御座船を用意し、舶来物の茶道具を集めてこちらも飾っていたとか。

「献上品も数多く用意していた」とありますが、具体的にどのようなものだったかまでは記されておりません。

さらには、船団(あるいは信長)を見ようとしてなのか。

堺の庶民や僧侶が数多く集まり、衣服に焚きしめられた香の香りがあたり一面に漂っていた――なんて生々しい表現があって、著者・太田牛一の文才を感じたりもします。

 

今井宗久の茶に始まり商人の家をはしご

信長は船を検分した後、堺の商人の家をいくつか尋ねました。

今井宗久の家で茶を振る舞われ、その後に紅屋宗陽、天王寺屋(津田)宗及、天王寺屋(津田)道叱の家にも立ち寄って、宿所にしていた住吉の社家へ戻っています。

宗久以外の三人も、堺の大商人であると同時に茶人です。

道叱と宗及は叔父と甥の関係で、宗及のほうは千利休や今井宗久と並び称されるほどでした。

大船に関しての信長の感想等は記されていませんが、建造を指揮した九鬼嘉隆と滝川一益には、それぞれかなりの褒美が与えられました。

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

続きを見る

嘉隆には黄金二十枚、衣服十重、菱喰の折り箱二折。

また、嘉隆と滝川一益にそれぞれ千人分の扶持が加増されています。

【丹和沖の海戦】(167話)の報告も当然受けていたでしょうし、信長からしても、大船の出来は満足できるものだったと見て良さそうです。

織田vs毛利「丹和沖の海戦」信長は九鬼に命じて大船建造! 信長公記167話

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.