絵・小久ヒロ

斎藤家 信長公記

“マムシの道三”末っ子が信長の家臣として越中へ進軍! 信長公記170・172話

羽柴秀吉が中国攻略を進めれば、九鬼嘉隆らが石山本願寺対策に取り組み、明智や丹羽らも精力的に動き回るなど。

まさに『信長の野望』の様相を呈してきた天正六年(1578年)の織田家で、もう一つの重要なターゲットが上杉軍のいる北陸エリアでした。

同年9月24日――。

織田信長の命により、斎藤新五(斎藤利治)が美濃・尾張の兵を連れ、越中へ出陣します。

斎藤新五とは、斎藤道三の末子といわれていて、信長にとっては義弟にあたる人物。

道三の長子・斎藤義龍の系統は断絶してしまいましたが、信長は新五を助けて近侍させ、斎藤氏の名跡を継がせようと考えていました。

斎藤道三

斎藤義龍

斎藤龍興

こちらは断絶

 

上杉家が泥沼の家督争い その隙に

天正六年(1578年)に越中へ進軍させたのは大きな理由があります。

そのころ越後で、上杉家が真っ二つに割れる【御館の乱】が発生していたのです。

上杉謙信が、後継者を決めないまま亡くなってしまったため、後継者候補だった

・上杉景勝
・上杉景虎

の両者が、多くの家臣を巻き込んで壮絶な内戦へと突き進んでいました。

その隙に織田家は越中における勢力圏を広げておこう――そう考えたのですね。

御館の乱についての詳細は以下の記事に譲り、

御館の乱で上杉家真っ二つ!謙信死後に景勝と景虎が激突したその結果……

続きを見る

概要だけ補足説明しておきますと……。

争いの当事者となった上杉景勝は謙信の姉の子(謙信にとっては甥)であり、北条景虎は後北条氏から養子入りした北条氏康の七男でした。

後顧の憂いを断ちたかった景勝は、かつて父同士が激しく争っていた武田家に和睦交渉を持ちかけ、武田勝頼がこれを受諾。

勝頼はできるだけ中立的な立場から、景勝と景虎の和睦を取り結ぼうとします。

北条氏康の関東制覇!謙信や信玄と争った57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

ところが……。

 

越中武士・神保長住の援軍

このタイミングで徳川家康が武田領に侵攻してきたため、勝頼は和睦成立前に帰国を余儀なくされてしまいました。

仲介者がいなくなれば、再び争いが始まるのもごく自然なこと。

本拠である越後内でこんな状態ですから、景勝も景虎も、越中の拠点に兵を送る余裕などありません。

織田家や越中の武士にとっては、絶好の大チャンスであり、斎藤新五が派遣されたのですね。

今回の出陣は、先行して現地へ向かっていた越中武士・神保長住(じんぼ ながずみ)の援軍という立場です。

新五にとっては、ちょうど一年前(天正五年・1577年)、上杉謙信に手痛い敗戦を喫した【手取川の戦い】に対する雪辱の機会でもありました。

手取川の戦い(織田vs上杉)で勝家が謙信にボコられる! 秀吉は一人で撤退

続きを見る

道中にある“津毛(つけ)の城”には上杉家の椎名道之・河田長親の軍が入っていましたが、織田軍が来ると知って退散。

ここには神保長住の軍を入れて守備を任せ、新五はさらに三里(約12km)ほど進みます。そして……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-斎藤家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.