石神井城の石碑

諸家 れきしクン

豊島泰経とは?としまえんや石神井公園を居城とした名門武将消える【関東戦国譚】

こんにちは!
れきしクンこと、長谷川ヨシテルでございます。

一般的にはマイナーかもだけども、ある地域ではメジャーな武将たちをピックアップしていく当連載。
今まで取り上げたのは、次のような方々でした。

そして7人目となる今回ご紹介いたしますのは、東京都練馬区から「豊島泰経」さんです!

 

記録上は「勘解由左衛門尉」さん

豊島泰経さんが活躍したのは室町時代の中頃(1400年代半ば〜後半)あたり。
生没年はハッキリ分かっていません。

同時代の人物には、戦国大名の先駆け的な存在として有名な「北条早雲」などがいます。

北条早雲(伊勢宗瑞)は幕府のエリート出身!? 元祖・下剋上大名の生涯64年

続きを見る

つまり戦国三英傑(信長、秀吉、家康)全盛の時代からは100年ほど前のお方ということになりますね。

名前は「泰経」で知られていますが、これは江戸時代以降の史料で定着したもので、当時の史料にあるのは「勘解由左衛門尉かげゆさえもんのじょう」。な、長ぇ(笑)!!!

ただしこれは官職名であり、実名()は不明です。
さすがに豊島勘解由左衛門尉さんと呼ぶと長いので、便宜上「豊島泰経」で統一させていただきます。

さて、豊島泰経さんが誕生したのは東京都練馬区の「石神井城」!
豊島家の当主が居城としたお城です。

現在、城跡は「石神井公園」の一部になっていまして、主郭(本丸)周りの堀や土塁や曲輪がシッカリと残されています。
今は遺構を保存するためのフェンスが張られていますが、外から見てもまぁ見事なものです。

石神井城の土塁・空堀

 

平将門の流れを汲む秩父一族の出身

豊島泰経さんの実家である「豊島家」ですが、これがなかなかの名家です。

「秩父氏」という一族をご存知でしょうか?
あの平将門の孫にあたる平将恒が秩父(埼玉県秩父市)を拠点にして、地名を名字にしたことに始まる一族で、平安時代末期には武蔵国(東京都&埼玉県)一円に勢力を伸ばした超強力な武士団です。

秩父氏の一族は、武蔵国の様々な場所に館を構え、それぞれの地名を名字とした分家を創りました。

例えばどんな家があるかというと?

江戸郷(東京都港区)の「江戸家」(江戸氏館は後に江戸城の原型になった)

畠山郷(埼玉県深谷市)の「畠山家」(一ノ谷の戦いで馬を背負って坂を降りた逸話で知られる畠山重忠が有名)

その中で、豊島郡(東京都練馬区&豊島区など)を拠点としたのが豊島家だったのです!

当初の拠点は「平塚城」(東京都北区)だったと言われていて、現在は「平塚神社」となっています。

平塚城(平塚神社)

あっ、平塚城の近くには、江戸幕府8代将軍の徳川吉宗が桜を植えて名所となり、明治から昭和にかけては渋沢栄一の邸宅があった「飛鳥山公園」があります。

渋沢栄一とは? 大河『青天を衝け』主役、激動の生涯92年まとめ

続きを見る

実はこちらも「飛鳥山城」という城跡。
豊島家の一族(滝野川家)が築いたものだそうですので、機会がございましたら併せてご覧ください!

飛鳥山公園

 

長尾景春の乱に呼応して

さてさて、そんな名家・豊島家は室町時代に入っても勢力をキープし続けます。

最初は鎌倉公方・足利家の家臣となり、その足利家が関東管領の両上杉家(山内上杉家&扇谷上杉家)によって古河(茨城県古河市)に追放された後は、山内上杉家の家臣となったようです。
このあたりの足利と上杉のドタバタ劇は、前回の「長野業正」の記事をご参照くださいませ!

長野業正【信玄を6度も退けた男】上州の黄斑と呼ばれた名将の生き様

続きを見る

さぁ!
今回の主役である豊島泰経さんが、歴史上の表舞台にするのは“ある戦い”において、です。

文明8年(1476年)に勃発した「長尾景春の乱」。

関東戦国ファンにはよく知られる戦いであり、長尾景春――この人もまた面白い生涯を送った武将です。

山内上杉家の家宰(ナンバー2)だった長尾家に生まれて、次期当主と見込まれていたものの、山内上杉家のトップ(上杉顕定)の鶴の一声で長尾景春の叔父(長尾忠景)が当主に。
不満を抱いた長尾景春が「鉢形城」(埼玉県寄居町)で主家・山内上杉家に対して反旗を翻したのです。

これが「長尾景春の乱」です。

鉢形城

ただの小さな反乱のようで、実はそうではありません。

長尾景春はかなりのやり手。
両上杉家によって鎌倉を追放され「古河公方」と呼ばれていた足利家と手を組み、両上杉家と武蔵国や相模国(神奈川県)の勢力を次々に味方に付けたのです。

そして、この大謀反に参戦したキーマンが名家・豊島家の当主の豊島泰経さんだったのです!

 

居城の石神井城で挙兵! 弟も練馬城で!

それにしても、なぜ豊島泰経さんは、このギャンブル的な反乱に応じたのか……。

ハッキリ分かっていないのですが、豊島泰経さんの正室は長尾景春の姉妹で、二人は義兄弟だったとも言われています。
その辺りが謀反参戦の理由だったのでしょうか。

ひょっとすると、新興勢力で領地を脅かす両上杉家に対し、平安時代末期から豊島郡を領する名家のプライドが豊島泰経さんを動かしたのかもしれません。

ともかく豊島泰経さんは居城の石神井城で挙兵!

弟の「豊島泰明」(同じく実名は不明・官職名は「平右衛門尉」)も「練馬城」(東京都練馬区)で挙兵したのです!

ちなみに、練馬城の城跡のほとんどは、現在、遊園地の「としまえん」となっています。
練馬区にあるのに“としま”と名が付いているのは、豊島家の居城だったことに由来しています。

練馬城跡に建てられた「としまえん」

練馬城の堀跡と言われる「どんぶり坂」

練馬城ととしまえんの関係については、新刊の『ヘンテコ城めぐり』(→amazon)で詳しくご紹介しております。

是非チェックしてみてください!

【城ネタ86連発】お城初心者にも突き刺さる『ヘンテコ城めぐり』って?

続きを見る

 

一時は武蔵国を制覇する勢いだった

さて、この豊島泰経さんと長尾景春の謀反ですが……最初はウマいこと行ったんです。

長尾景春によって山内上杉家(上杉顕定)は、領地だった武蔵国北部を追われて上野国(群馬県)に敗走。
武蔵国南部を領地する豊島泰経さんがいますので、反乱軍は武蔵国の多くを手に入れたことになります。

ただ、武蔵国の南部には、相模国(神奈川県)も領地としていた扇谷上杉家の勢力がまだいました。

対戦武将となるのは誰か……それが「江戸城」を築いたことで有名な扇谷上杉家の家宰のアノ「太田道灌」です!

太田道灌、暗殺! 初代江戸城の築城主が殺され後に謙信が世に出る

続きを見る

太田道灌は江戸城を拠点に「河越城」(埼玉県川越市)や「岩付城」(埼玉県さいたま市)を支城としていました。
その江戸城と河越城&岩付城の連絡を遮断したのが……そう! 豊島泰経さんです!

河越城

実は豊島泰経さん、自分の領地の豊島郡にグイグイと介入(江戸城があるのも豊島郡)してくる太田道灌のことをよく思っていなかったらしく、それが謀反に加担する理由の1つになったとも言われています。

こうして豊島泰経さんは、当時から名将と名高かった太田道灌と干戈を交えることとなったのです!
※続きは次ページへ

次のページへ >



-諸家, れきしクン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.