絵・小久ヒロ

信長公記 諸家

神保長住を庇護した信長~狙いは越中越後エリアの監視か? 信長公記163話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
【神保長住】
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

丹波の抵抗勢力・波多野氏

この節にはもう一つ、信長が家臣たちを出陣させた件が載っています。

4月10日、滝川一益明智光秀丹羽長秀を丹波へ向かわせました。

この頃、丹波の大名である波多野氏が織田家に反抗しており、放置しておけない状況にあったためです。

波多野秀治
丹波の戦国武将・波多野秀治! 信長を裏切り光秀に追い込まれた生涯とは

続きを見る

赤井直正
光秀を最も苦しめた丹波の武将・赤井直正(悪右衛門尉)50年の生涯まとめ

続きを見る

一益らは、波多野氏の家臣・荒木氏綱の園部城を包囲し、水を断って降伏を促します。

氏綱はこれまでにも粘り強く抵抗していたため、力攻めではなく水断ちを選んだのでしょう。

どれだけ根性のある将兵でも、水がなければひとたまりもありません。氏綱は間もなく降参したため、光秀の軍を入れて駐留させました。

26日には一益・光秀・長秀が揃って京都に帰還しています。

彼らは冒頭の大坂出陣にも参加していますので、なかなかの忙しさです。

ちなみに、次回もこの三人は一緒に出陣しています。その相手とは……。

あわせて読みたい関連記事

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

織田信雄
愚将とされた織田信雄(信長の次男)は本当にダメ武将? その血筋は現代へ

続きを見る

織田信孝
織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期と生涯~十字腹を切った?

続きを見る

津田信澄
津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿 そして非業の死を迎える

続きを見る

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー! 62年の波乱万丈な生涯

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

丹羽長秀
丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人 その生涯65年まとめ

続きを見る

蜂屋頼隆は信長親衛隊「黒母衣衆」から大名へ! 秀吉にも重用された生涯とは

続きを見る

信長が建てた二条新御所~誠仁親王へ献上した理由とは? 信長公記135話

続きを見る

佐々成政
信長の側近から秀吉の反逆者へ! 佐々成政の悲運な生涯53年まとめ

続きを見る

御館の乱
御館の乱で上杉真っ二つ! 謙信の死後に景勝と景虎が激突した経緯と結果

続きを見る

波多野秀治
丹波の戦国武将・波多野秀治! 信長を裏切り光秀に追い込まれた生涯とは

続きを見る

赤井直正
光秀を最も苦しめた丹波の武将・赤井直正(悪右衛門尉)50年の生涯まとめ

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
大石 泰史 (編集)『全国国衆ガイド 戦国の‘‘地元の殿様’’たち (星海社新書)』(→amazon
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 諸家