徳川家

「妖刀村正伝説」は本当か?家康を傷つけ徳川家を殺す 呪われた刀の真偽

更新日:

「村正」と言えば、押しも押されぬ日本一の妖刀。

映画や小説、ゲームなどにも登場する有名な刀の一つです。

でも、実際はどんな刀だったんでしょうか。

所持すると人を斬りたくなっちゃう?
持ち主に祟りがあるの?

今回は戦国から近代までの妖刀村正にまつわる伝説や逸話を集め、その真偽を考察してみました。

妖刀村正伝説は真か偽か――。
あなたはどちらだと思いますか?

村正/photo by Ihimutefu  wikipediaより引用

 

「妖刀村正」というか基本的に実用品だった?

「村正」とは、室町時代から江戸初期にかけて伊勢国(三重県)桑名に存在した刀工集団の名称で、彼らによって製作された日本刀もまた「村正」と呼ばれます。

ほぼ戦国期の刀工ですから、片手打ち(歩行戦に特化した片手で振れる位の長さの刀)や脇差、槍などが主な作品のようですね。

博物館に展示されるような美しい刀と言うよりは、実用品として戦の役に立つ刀を作る事を目的とした刀工集団で、目利きにも「全体的に垢抜けない」「やっぱ日常使いの品だよね」といった評価を付けられたりして、本当に妖刀なの?と聞きたくなります。

ダサい妖刀――それはそれで斬新ですね。

 

徳川家康の祖父、父、息子、妻の死因

さて、基本的な解説が済んだところで、いよいよ
【村正はなぜ妖刀なのか?】
という所に踏み込んでいきたいと思います。

妖刀村正伝説において最も有名な逸話は、やはり戦国から江戸初期にかけての徳川家に関するものでしょう。

徳川家康の祖父、松平清康は25歳の若さで部下に殺害されます。

松平清康/wikipediaより引用

その子・松平広忠もまた部下に斬られ死亡。

家康が織田信長と同盟関係にあった時には、息子の松平信康が武田との内通を疑われて自害させられていますし、やはり武田派と疑われた正室の築山殿に至っては家康自身が家臣に命じて殺害させています。

松平信康はなぜ自刃に追い込まれた? 家康の長男が迎えた悲惨な最期

天 ...

続きを見る

たとえ血の繋がった家族であっても憎しみ合うのが珍しくないのが戦国時代です。
家康の前半生は家庭に恵まれない人生だったと言えるでしょう。

そして、この家族の命を奪ったのがすべて同じ銘の刀だったとしたらどうでしょう。

祖父や父の命を奪い、息子の介錯や妻の殺害に使われた凶器が全て同じ「村正」のものだったら?

 

家康本人にも襲いかかる村正 幸村も持っていた?

さらに家康は、今川家での人質時代、手を切って怪我をしています。

怪我の程度についてはよく分かりませんが、当時の記録に残る程なので、それなりの大きな怪我だったのでしょう。
これが村正でした。

関ヶ原の戦いでは、敵将を貫いても無傷だったという槍の検分中に家臣が槍を取り落とし、落下地点にあった家康の指を傷つけました。
そこに指を置いとく方もどうかと思いますが、これもまた……村正でした。

まだあります。
大坂夏の陣において真田幸村が徳川本陣を急襲した際、家康に投げつけた短刀が村正ならば、慶安年間に由井正雪のクーデター計画が発覚した際、正雪が所持していたのも村正です。

さらには幕末。
西郷隆盛をはじめ倒幕派の志士の多くが佩刀していたのもまた村正でした。

ここまで書いてしまうと妖刀伝説は本当のような気がしてくるのですが、それぞれの逸話を改めて検証してみたいと思います。

 

江戸時代以降の怪談ブームでブレーク

まず、最も簡単な所から。
由井正雪と倒幕派が所持していた村正についてです。

徳川に祟る妖刀――村正の伝説がいつ頃から噂されるようになったかは不明ですが、江戸後期には歌舞伎などの怪談ブームがあり、妖刀村正の演目は大変な人気を博しました。

結果、幕末の頃には村正の伝説は庶民の間に完全に定着。
「村正=徳川に祟る妖刀」という図式が完成していたようです。

そのため、倒幕を志す者にとって村正は
「徳川に仇なす刀」=「倒幕を達成するための縁起物」
と解釈され大人気商品となりました。

無銘の刀を「村正」と騙って販売する詐欺まで横行し、巷には村正の偽物が大量に出回ったのだとか。

よって、由井正雪や倒幕派の志士が佩いていた村正については逸話→伝説ではなく、むしろ伝説→逸話、特に倒幕派に至っては伝説→詐欺商法という現象であったと言えるでしょう。

 

幸村と村正の記述は幕末の名言集

次、真田幸村が所持していた村正についてです。

これは「名将言行録」という書物に収録されている話で、「幸村は家康を滅ぼすため、徳川に仇なす村正を持っていた」との記載があります。

でもこの「名将言行録」って幕末の書物なんですよね。

その名が示すとおり、戦国期の武将や大名の言行についての記録を集めたもので、中には講談や歌舞伎が元ネタになっていたり、民間伝承を収録しただけのものもあったりします。

大坂の陣における豊臣方のスーパーヒーロー・真田幸村と徳川に祟る妖刀村正、この取り合わせに江戸期の歌舞伎脚本家が喰い付かない訳がなく……ええ、幸村が村正を所持していたという実際の記録はありません。残念です。

 

三重で作られた村正は東海地方の武士のデフォ?

三つ目、村正が徳川に祟ると評判になった始まり――家康公の家族の事件に使われた村正について。

これは一見するとすごい偶然の一致のように思えます。
祖父と父、息子と妻が殺害され、その凶器の全てが村正。現代日本でこんな事があったら、ものすごい偶然の一致、もしくは呪いだと言っても良いかも知れません。

しかし、この記事の冒頭、村正の基本解説を思い出して頂きたいのですが……村正は伊勢国、つまり三重県桑名の刀工です。
対して徳川の本拠地であった三河は愛知県の東部……あれ? 近くないですか?
※続きは次ページへ

次のページへ >



-徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.