まんが日本史ブギウギ

家康の天下統一最終モード・大久保長安事件!まんが日本史ブギウギ183話

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
大久保長安事件
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

後日譚

 

将棋好き

◆大久保氏は、家康にとって非常に関係の深い一族です。

その団結の強さで「大久保党」とも呼ばれ、三河時代から常に粉骨砕身、徳川のために働き続けてきました。

大久保忠隣は、そんな大久保一族で中心的存在(父は大久保忠世)。

徳川秀忠を二代目将軍に推し、江戸幕府でも重要なポジションを担っていく――そう思われた矢先に起きたのがこの【大久保長安事件】でした。

敵対する本多正信・本多正純らの手により長安一族の処分が進められ、その後は忠隣が、自らの不手際などもあり、慶長19年(1614年)1月19日、ついに改易へと追い込まれてしまいます。

要は、本多親子との権力闘争に負けたのですね。

上記マンガのように、旅館で将棋を指していたのは同年1月25日のこと。

改易に処された忠隣は、その後、近江上笠村(現草津市)や彦根で隠居生活を送ることとなりました。

彦根はご存知、井伊直政に任せられた近江の重要エリアであり、忠隣は、その息子・井伊直孝から何度も再出仕をすすめられます。

忠隣は潔白であるから名誉を取り戻すべき――。

直孝からそう言われるたびに忠隣は、こう答えたと言います。

今さら私の無実を証明しても、亡き家康の過誤を公にするだけ。

主君の恥を公言するのは臣下として不忠の極みである。

そして大久保長安事件から15年後の寛永5年(1628年)6月27日。

忠隣は、最期を迎えました。

享年76。

徳川政権樹立の功労者にしてはあまりに寂しい、されど見事な引き際だったのかもしれません。

続きは次週へ。

あわせて読みたい関連記事

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

本多正信
家康の側近・本多正信は謀臣か?敗者に優しい平凡武将が徳川を支える

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

松平信康
家康の長男・松平信康はなぜ自害へ追い込まれた?謎多き諸説を考察

続きを見る

三河一向一揆
徳川家臣団を危機に追い込んだ三河一向一揆~家康はどう対処した?

続きを見る

石川数正
家康の右腕・石川数正はなぜ豊臣へ出奔した?その生涯と知将エピソード

続きを見る

本多忠勝
家康を天下人にした本多忠勝~5つの最強武将エピソードと63年の生涯

続きを見る

酒井忠次
鉄の結束・三河武士をまとめた酒井忠次~忠義に厚い徳川四天王の生涯

続きを見る

榊原康政
徳川四天王・榊原康政にはどんな功績がある? 家康と歩んだ生涯59年

続きを見る

井伊直政
徳川四天王の井伊直政~武田赤備えを継ぎ 赤鬼と恐れられた42年の生涯

続きを見る

バックナンバーを全部読みたい!という方はこちらへ→日本史ブギウギ

戦国武将の物語が読みたい!という方はこちらへ→戦国ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を掲載!

TOPページへ

 



-まんが日本史ブギウギ

×