まんが日本史ブギウギ

まんが日本史ブギウギ208話 水野→阿部で幕末へ!水戸学はとにかく危険

「幕末」とは「江戸幕府の終わり」を示す。

では、それは何時なのか?

区切りのつけ方で大きく変わってきそうですが、個人的には阿部正弘がトップ就任した時点からと思っています。

なぜなら彼を介して将軍継嗣問題が過熱化。

西郷隆盛橋本左内らと藤田東湖の元で学び、急速に若者たちの間で尊王攘夷の風が吹き荒れていきました。

まさに歴史が動き始めた頃と言っていいでしょう。

ということで、マンガ『日本史ブギウギ』第208話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

大学寮復興

光格天皇をもう少し詳しく以下の記事へ。

知られざる名帝・光格天皇~幕府に引かないスタンスが明治維新へ繋がる?

続きを見る

これが結構、勇気のある方だったようで。

 

水野復活

◆先週も記しましたが、土井利位さんの趣味は雪の結晶。

これがあまりに見事で、他の話が薄れてしまうんですよね……。

土井利位
土井利位が江戸時代に発見! 美しき雪華模様はホンモノの結晶だった

続きを見る

鳥居耀蔵はクビで仕方ないでしょう。そもそも水野を落とし、ポジションの安泰に務めたのはご自身です。

鳥居耀蔵(遠山の金さんライバル)は妖怪と呼ばれた!?「蛮社の獄」を実行

続きを見る

 

弘化

◆ついに来ました阿部正弘!

この後、将軍継嗣問題もあって島津斉彬と昵懇にしていたり、急激に幕末ワールドへ引き込んでいく一人でありますね。

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

以下の記事にその経歴があります。

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯まとめ

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ