まんが日本史ブギウギ

まんが日本史ブギウギ208話 水野→阿部で幕末へ!水戸学はとにかく危険

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ208話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

新・老中

徳川家定は後に篤姫が嫁いでくる徳川13代将軍ですね。

徳川家定
徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想~篤姫の夫として期待されながら

続きを見る

篤姫(天璋院篤姫)
薩摩に生まれ 将軍に嫁ぎ 最後は徳川の女だった 篤姫47年の生涯まとめ

続きを見る

ちょっと前の11代徳川家斉の時代には55人もの子供がいたのに(そしてそのせいでオットセイとも呼ばれたりしたのに)、その反動か、徳川宗家は子供に恵まれず、となると候補は絞られてきました。

 

水戸天狗党

◆出ました天狗党。

ちょうど大河ドラマ『青天を衝け』では、明日その悲劇がクローズアップされますが、そもそもの天狗党とは「志の高さ」を誇ったものでした。

しかし、尊王攘夷のうねりが暴発して凄まじい内紛を起こし、急速に疲弊していくのが水戸藩です(以下に詳細が)。

その【天狗党の乱】でリーダーとなったのが斉昭の側近・武田耕雲斎であり、

武田耕雲斎
武田耕雲斎と天狗党の乱が日本史上まれに見る悲劇的な最期となった理由

続きを見る

そもそも蜂起したのが藤田小四郎でした。

藤田東湖の息子です。

藤田小四郎
藤田小四郎(水戸藩・東湖の息子)が筑波山で挙兵!結果はムゴい斬首刑

続きを見る

藤田東湖
藤田東湖(青天を衝け 渡辺いっけい)史実はどんな人? 水戸藩を過激化?

続きを見る

 

諸生党

◆水戸藩の中で天狗党と対立したのが諸生党。

この両党が、もう破滅的なまでに相手を潰すようになり……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ