『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』/amazonより引用

歴史ドラマ映画レビュー

渋カッコいい武士が倭寇で大活躍!映画『戦神ゴッド・オブ・ウォー』

倭寇って覚えていますか?

昔、中国沿岸部を襲っていた海賊だよね……なんか教科書でみたような……。

そんな記憶を書き換える映画があります。

楽しみながら勉強できて、歴史を学ぶ学生さんにもおすすめ。しかもアマゾンプライム会員なら無料(→amazon)。

そんな力作が『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』です。

基本DATAinfo
タイトル『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』
原題蕩寇風雲 God of war
制作年2017年
制作国中国・香港
舞台中国、浙江沿海部
時代明朝・嘉靖年間(16世紀)
主な出演者趙文卓(チウ・マンチェク)、倉田保昭、サモ・ハン・キンポー、小出恵介、レジーナ・ワン(万茜)
史実再現度世界史の授業に使えるくらい、すごく頑張っている。倭寇もきっちりしている
特徴倉田保昭さんがカッコよすぎて痺れる!!

 

あらすじ

明朝、嘉靖36年(1557年)――。

厳しい海禁政策をとる明。

しかし、交易したい民を止めることはできない。

明と密貿易をしたい日本人と、中国人の王直は利害が一致。日中混成の「倭寇」が組織される。

明の将・俞大猷(ゆたいゆう)は勇敢に戦うものの、敵は手強く、苦戦が続いている。

宮廷は自分たちの利害を考え、前線を守る将兵の足を引っ張るばかりだ。

どうすれば倭寇に打ち勝てるのか?

それから4年、戚継光(せきけいこう)はついに倭寇対策の手応えを掴む。

2万の倭寇が迫る中、3千の兵で迎え撃つ明軍。

決戦の時は迫っていた。

 

かつてないほど正確かつカッコいい倭寇

倭寇を撃退する明の将のお話です。

もしかしたら不快感を募らせる方もいるかもしれませんが、実は本作は、ここ数年でも真に武士道を理解している屈指の作品です。

邦画でもここまではそうそうないかもしれない。

歴史映画を見る醍醐味が詰まっています。勉強にもなるし、ともかく隙がないのです。

世界史を学ぶ学生さん、学んだけど忘れた方に是非ともご覧いただきたい!

この映画は、明側のみならず倭寇も痺れるほど素晴らしい、そんな特徴があります。

熊澤という、倭寇の将を演じる倉田保昭さんが、国宝としか言いようがないほどただひたすら素晴らしいんですね。

もう、褒め言葉しか思い浮かばない。ともかくこの熊澤を見て! そう断言できます。

本作は、そんなカッコいい倭寇の定義をきちんと説明します。

そのまま世界史参考書に流用できるくらいレベルが高く、しかもカッコいい。本作を世に送り出したのが日本でないことを喜ぶべきか、悔しがるべきか、もはやわかりません。

・倭寇と言っても、全員が日本人ではありません

王直という著名な人物のことをきっちりと説明します。

・ならず者のみならず、兵法を知り、武士道を身につけた、そんな構成員もいます

平戸松浦氏の若殿も倭寇にはおり、雑兵たちの暴虐な振る舞いに胸を痛めています。

松浦氏は乱世を生き抜くために、明の物資や人材を求め、倭寇になっているのです。

・武士はかっこいい!

そんな松浦氏に使える家臣・熊澤がカッコいい。

こんなにカッコいい外国映画の武士は衝撃的だ!!

本当に倭寇と、そこに含まれる武士が無茶苦茶イケていて、ダメな大河ドラマなど足元に及びません。

個人的には『47RONIN』や『サムライマラソン』も好きなんですけどね。素敵な武士という点では、この作品はレベルが高すぎて、涙が出てきます……。

ジャイアントゴーレムが登場する忠臣蔵って! 映画『47 RONIN』レビュー

続きを見る

映画『サムライマラソン』が控えめに言って最高だ~愛すべき歴史バカの世界観

続きを見る

では、なぜそんなにカッコいいのか。

大きな要因は、なんといっても倉田さんの存在感です。

 

日本人影帝・倉田保昭さんにひれ伏そう!

中国語には「影帝」という呼び方があります。

電影の帝王、ビッグな映画スターであり、ひれ伏したくなるほどの称号です。

日本人でありながら「影帝」の名にふさわしい。それこそが、本作で存在感を見せる倉田保昭さんであります。

空手や合気道といった武道を極め、香港映画界のショウブラザーズに招かれた、若き日の倉田さん。

動きはキレキレ、ルックスはシブく、スタイルもよいイケメン。

絶対にひくな、立ち向かえ!

そんな気合いとともに、異国の地で戦いぬく青年でした。

しかし、回ってくるのは悪役ばかり。ひどいやられ方ばかりをする。

自分より動きにキレがなく、ルックスもそうでもない俳優が主役をはれるのに、そりゃないよ。そう愚痴ると、身もふたもないことを言われてしまいます。

「観客は、やっぱり日本人が殴られるところを見たいんだよね」

戦争の記憶がまだ強い時代――香港や台湾で、日本人としてやられ役を続けたのです。

そんな彼をこう思う観客も、当然出てきます。

「あの日本人……やられ役だけど、かっこよくない?」

「わかる!」

ボコボコにされても、あんなにカッコいいスターはいない。

こうして徐々にファンを獲得していった倉田さんは、中国語圏でも敬愛を集めるようになりました。

ブルース・リーを知る世代のカンフースターは、だんだんと減ってゆきました。引退をしたり、実業家に転向してゆく。あるいは酒やバクチに溺れて消えてしまう人もいる。

そんな中、倉田さんは持ち前のアクションをこなし、あの体型も保ち続ける。

彼こそ、香港映画界の宝ではないか?

彼は「影帝」だ――そんな敬愛を集めるようになるのです。

倉田さんはアクションのみならず、日本関連の考証でも的確な指示を出します。若い頃は無茶苦茶な日本人悪役も回ってきたものです。

しかし、近年彼が出ている作品は、日本描写がしっかりしていて安心感がある。

英語圏映画の真田広之さんと、中国語圏映画の倉田保昭さんは、本当に偉大な方。感謝しきれないほどのアクションスターです。

本作『戦神 ゴッド・オブ・ウォー』はそんな倉田さんの真骨頂をじっくり味わえる作品。

2017年には第24回「香港電影評論学会大奨最優秀男優賞」も獲得しました。第37回「香港電影金像獎助演男優賞」にもノミネートされました。

いくら褒めても褒めきれない。納得のいく熱演が本作にはあります。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-歴史ドラマ映画レビュー
-