歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川慶喜/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

討幕の密勅をわかりやすく解説!大政奉還と同日に出された真の意味とは?

更新日:

天皇の世を作るべく、幕府の将軍・徳川慶喜を倒せ――。

学校の授業で習う幕末の終わりって、そんな盛り上がりと共に薩摩と長州が東へ進んでいったイメージがあります。
ゆえに慶喜って天皇に嫌われていたんだろうなぁ……なんて思われる方もおられるかもしれません。

が、実際はさにあらず、慶喜は孝明天皇にめちゃめちゃ信頼されてました。

それよりも幕末で非常にキナ臭い動きが10月に起きていたのをご存知でしょうか?

朝廷へ政権が返上となった大政奉還が1867年10月。
幕府を倒すよう薩長に命令が下された討幕の密勅(とうばくのみっちょく)も1867年10月。

しかも実は同日。
って、なんだかおかしいと思いません?

幕府が政権にしがみつくから「討幕の密勅」が出されるのならわかる。
なのに先に「大政奉還」してたら、出しても意味ないじゃない。

明治天皇からの勅をもとに、薩摩藩や長州藩が東へ兵を進めたとされますけど、一体どういうこと?

そんな疑問だらけの「討幕の密勅」について、できるだけわかりやすく考察してみたいと思います。

 

「倒幕は天皇のご意志なのか?」問題点

明治維新は、武家から天皇に支配権を取り戻した――と考えられております。

しかし、これをそのまま受け取るには多くの問題点もあります。

というのも、その直前の
【孝明天皇が倒幕派ではなく、討伐したかったのはむしろ長州藩】
だったからであります。

たしかに孝明天皇は、攘夷を望んではおりましたが、幕府については倒すどころか、朝廷と協力してこの国を統治したいと願っておりました。

紆余曲折を経て実現した徳川14代将軍・徳川家茂と、皇女・和宮の縁談という「公武合体」も、そのご意志によるもの。
そもそも長州征伐をプッシュしたのが孝明天皇です。

長州藩を京都から追い払った「禁門の変」と、その後、長州藩を成敗しにいった「長州討伐」も、天皇が幕府に強く迫ったものであります。

孝明天皇/wikipediaより引用

ではなぜ孝明天皇は、そこまで長州藩を嫌っていたのか?

ざっとチャートで確認してみましょう。

◆長州藩は伝統的に皇室に近いという“思い込み”があった

◆過激化した長州藩士が、公卿に偽勅(ニセモノの天皇の命令)を出させ、テロのような攘夷行為を行った

◆身に覚えのない偽勅の出所が長州藩と理解した孝明天皇が激怒した

ここらへんはほとんど学校の授業で習いませんので、幕末の政治史がややこしくなっているんですね。
より詳細を知りたい方は下記の関連記事をご覧ください。

【関連記事】長州征伐 孝明天皇

ともかくこの流れは薩長にとっては問題なワケです。

明治維新の一翼を担う長州藩が、実は朝敵だった――。
そんなお粗末な過去を表にしたくないのが勝者の歴史でしょう。

しかし、証拠というものはやっぱり残ってしまうもので。

その最たる証が、明治維新後に判明した孝明天皇の【御宸翰(ごしんかん)と和歌】です。

御宸翰とは、天皇直筆の文書です。
非常に重みのあるものだとご理解できますね。

それが旧会津藩に保管されていて、旧長州藩関係者はその内容を知って顔面蒼白になったとも伝わっております。

以下に原文訳文を記しておきますので、ご確認ください。

最初にざっと説明しておきますと、
【会津藩への信頼感を示し、朝廷と武家は協力しよう】
という内容です。

【御宸翰と和歌】
◆たやすからざる世に武士(もののふ)の忠誠の心をよろこひてよめる

◆やはらくも 猛き心も 相生の 松の落葉の あらす栄へむ
◆武士と 心あはして 巌をも つらぬきてまし 世々のおもひて

【意訳】
◆この大変な時勢において、武士の忠誠を喜び詠んだ歌

◆公家の柔らかい心も 武士の勇猛な心も 根は同じ相生の松のようなものです 枯れぬ松葉のように ともにこれからも栄えてゆきましょう
◆武士と心を合わせることで 岩のように堅い状況も打破できるはずです 今味わっている辛い気持ちもいつかよい思い出となるでしょう

いかがでしょう?
倒幕なんて微塵も思ってないことがご理解できますよね。

では、なんでそんなことになったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

アンチ「一会桑政権」からの「薩長同盟

徳川15代将軍にして禁裏御守衛総督であった一橋慶喜

会津藩主で京都守護職の松平容保

桑名藩主であり京都所司代を務めた松平定敬。

孝明天皇はこの三者に深く信頼を寄せておりました。
この政権は「一会桑政権(いちかいそうせいけん)」と呼ばれます。

そこで苦虫を噛み潰していたのが、同政権から弾き出されてしまった薩摩藩主の父・島津久光でした。

西郷どん』のような史実に不正確なフィクションでは、馬鹿殿とされがちな久光ですが、それは違います。
極めて優秀な人物です。
彼は文久2年(1862年)の上洛以来、京都の政権中枢におりました。

その流れが狂い始めたのは、徳川慶喜が登場したからです。

諸侯と対立し、露骨にイニシアチブを取りたがる慶喜と、久光は対立。
このあたりの詳細をお知りになりたい方は松平春嶽の記事をご覧ください。

【関連記事】松平春嶽

松平春嶽が、
「幕府反正の望みは絶え果てたり」
と嘆くほど、慶喜と久光は対立しました。

そうして久光を切り落とした慶喜が作り上げたのが「一会桑政権」です。

島津久光/wikipediaより引用

この一会桑政権は、天皇の篤い信任を得ていて、非常に盤石でした。
下手すりゃ薩摩がヤバいことになりかねません(とはいえ明らかに敵視されていた長州とは違いますが)。

そんな久光が、慶喜に対して一発逆転するとしたらどんな手が考えられます?

やはり幕府に反発している勢力を味方に取り込むことでしょう。

具体的には、孝明天皇に憎まれ、追い詰められている長州。
ぶっちゃけ、あらゆる面で危険すぎる相手です。

なにせ長州藩は「禁門の変」以来、薩摩藩を憎んでおり、薩摩藩の船が長州藩に砲撃されるなど、両者は激しく憎しみ合っておりました。
普通なら手を組める相手ではない――しかし、いつまでも長州を敵にしていたら、自分が政治力を失ってしまうかもしれない。

ただ、やっぱり簡単にはいかない。
前述の通り、長州藩は、孝明天皇から憎悪されている勢力です。
それに協力するということは、薩摩藩も危険地帯に一歩踏み込むことになります。

ゆえに全面的には協力しきれていません。
その頃(1866年)に結ばれた【薩長同盟】がわかりやすい例でしょう。

薩長同盟とは、薩摩と長州で倒幕を計画したものではなく、
・長州征伐で薩摩は幕府に協力しない
・長州が認定された朝敵を取り消すために薩摩は努力する
そんな内容です。

なんだか曖昧でデリケートだと思いません?

誰にでもわかるように、がっつりタッグを組んだワケじゃないのです。
内心では敵じゃないよ、表向きは味方でもないけどね、みたいな。

そして、もしも孝明天皇の時代が続けば、この薩長同盟がそれ以上発展する時代は来なかったかもしれません。

【関連記事】薩長同盟

 

孝明天皇、疑惑の多い崩御

1866年12月(旧暦)、孝明天皇が突如崩御されました。

暗殺すら囁かれた死。
何処から天然痘でも持ち込まれたのでは?なんてミステリーまでありますが、そんな疑惑が囁かれるのも、そのタイミングが原因でした。

というのも、後ろ盾を失った「一会桑政権」が崩壊に向かうのです。

確かに孝明天皇の頑なな攘夷思想は、時代の流れからして厄介なものでありました。
しかし薩摩や長州にとって、それ以上に厄介なのが、孝明天皇の後ろ盾を得ている「一会桑政権」。逆に彼らが天皇の威光さえ失えば、自分たちに出番が回ってくるワケです。

孝明天皇の跡を継いだのは、まだ十代半ばの明治天皇でした。

束帯姿の明治天皇/wikipediaより引用

いくら聡明だろうと、さすがに若いのでは?
幼い天皇を操って好き放題やるって、日本の政治の定番だよね?
天皇ご自身の愚痴すらないって、もしかして操られている?

【関連記事】明治天皇

そんな風に突っ込みたくありませんか?
実は、そう思うのは、後世の人間だけではありません。

慶応3年(1868年)。
「王政復古」が宣言されると、土佐前藩主・山内容堂は、泥酔して小御所会議に参加、こう嫌味を吐きました。

「今日決まった事なんざ、どうせ二三の公卿が、幼冲(まだ幼い)の天子を擁して企てたことだろうが!」

山内容堂/wikipediaより引用

これに対して、岩倉具視が、
「畏れ多くも天子様に幼冲とは、一体何事どす!」
と反論し、容堂も黙るほかありません。

ただやっぱり、突っ込ませていただきます。
中学生ぐらいの明治天皇が、幕末を生き抜いてきたツワモノ相手に反対意見を言うことができますか?

余談ですが、明治天皇は、薩摩藩に養育係を殺害されておりまして。

【関連記事】田中河内介

このことが判明してからは、二度とその話を口にしなかったといいますから、少なからず苦しい気遣いがあったのでしょう。

元長州藩主である毛利敬親は、大久保利通相手にこう言ったそうです。

「玉を奪われるな」

この【玉】とは、天皇およびその権力者のこと。
孝明天皇によって苦渋を味わされた長州藩主らしい言葉とも言われておりますが、それでも天皇を道具扱いするようだと批判されるものであります。

 

スポンサーリンク

「討幕の密勅」の疑念

結論に入る前に、あらためて確認しておきたいことがあります。

それが「勅(みことのり)」です。

一般的には、天皇陛下ご自身の意志による命令ですが、幕末から明治維新にかけてはそうとは言い切れません。

前述の通り、孝明天皇が長州藩に激怒したのは、ご自身が出した覚えのない勅が、長州派公卿から勝手に連発されたことでした。

それでは「討幕の密勅」はどうでしょうか(原文の後に超カンタン訳文あります)。

【読み下し文】
詔す。源慶喜、累世(るゐせい)の威(ゐ)を籍(か)り、闔族(かふぞく)の強(きゃう)を恃(たの)み、妄(みだり)に忠良を賊害(ぞくがい)し、数(しばしば)王命を棄絶し、遂には先帝の詔を矯(た)めて懼(おそ)れず、万民を溝壑(こうがく)に擠(おと)し顧みず、罪悪の至る所、神州将(まさ)に傾覆(けいふく)せんとす。 朕、今、民の父母たり、この賊にして討たずむば、何を以て、上は先帝の霊に謝し、下は万民の深讐(しんしう)に報いむや。これ、朕の憂憤(いうふん)の在る所、諒闇(りゃうあん)を顧みざるは、萬(ばん)已(や)むべからざれば也(なり)。汝(なんじ)、宜しく朕の心を体して、賊臣慶喜を殄戮(てんりく)し、以て速やかに回天の偉勲を奏し、而して、生霊(せいれい)を山嶽の安きに措(お)くべし。此れ朕の願なれば、敢へて或(まど)ひ懈(おこた)ること無(な)かれ

【超カンタン訳文】
徳川慶喜が武力で政治を奪い取った悪党であると断じ、これを武力討伐すべし――

この勅を奉じた者として、三者の署名があります。

中山忠能
正親町三条実愛
中御門経之

実はこの勅は、大きな問題を2つ孕んでいます。

・天皇自身の承認印である「可」の文字がない
・天皇自身が見たと示す日付の一文字がない

そうしたことから、この書状は、
①岩倉具視の秘書である玉松操が草案を書き
②正親町三条実愛、御門経之が分担執筆した
というのが打倒なところでは?という見方も根強く囁かれております。

なにせ、ほぼ彼らの筆跡しかないのです。

天皇の命令を内密に伝える「密勅」ですから、正式な手続きを経ないと言われれば、そうかもしれません。
が、大きな不審点として残ります。

実は当時、倒幕派は、強引に政治を動かす必要性を感じていました。
全国の諸侯が日和見を決め込み、上洛しないからです。

そこで大久保利通らは、天皇による処断で政治を動かそうと決意を固めました。

ちなみに「討幕の密勅」原本写真は、明治維新70周年を祝った『維新史料聚芳』(1936年発行)に掲載されるまで非公開。
長州藩主の毛利家に保管され、門外不出のものとされておりました。




スポンサーリンク


かつては、勅を疑うことすらできませんから、このような不審点・不備については、明かされることすらなかったのでしょう。
もし公開されていたら、大変な騒ぎになっていた可能性があります。

次のページへ >

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.