週刊武春 剣豪・武術・忍者

喰らえ、必殺◯◯剣!カッコよすぎるホントにあった剣術ネーミング十選

投稿日:

剣術系の漫画やアニメを見ていると、定番のセリフって出てきますよね。

「喰らえッ!奥義〇〇〇〇剣!!」
みたいな。
主人公が技を繰り出せば、どんな相手でも屈服せざるを得ない――厨2心を刺激するやつです。

あんなもんフィクションだから存在するんだとお思いですか?

いえいえ。
これが信じられないかもしれませんが、実際の武術剣術には
【思わず叫びたくなる】
カッコ良すぎるネーミングが実在するのです。

ただし、多くの流派では攻防の動作を一つのルーティンとしてまとめた「形(かた)」の単位で名前が付いているのが普通です。

「逆手に持った剣に“気”を溜めて爆風とともに敵にぶつける」的な単発の太刀筋はほとんどありません。
悪しからず、ご承知ください。

ともかく、いってみよう!

 

其の1 金翅鳥王剣(こんじちょうおうけん)

◆小野派一刀流剣術

さっそくきました!
オトコゴコロをくすぐられますねえ!

「金翅鳥王(こんじちょうおう)」とはインド伝説の神鳥「ガルーダ」のこと。

剣を大上段にとり、気魄で相手を圧しながら制するという高度な技だそうです。

 

其の2 八相発破(はっそうはっぱ)

◆直心影流剣術(じきしんかげりゅう)

響きがいいじゃありませんか!
「ハッソウハッパ」!!

この流派ではそれぞれ春夏秋冬になぞらえた「法定(ほうじょう)」という四つの形によって呼吸を鍛え、気を練ることを主眼としているそうです。

「八相発破」はその一本目、「春」の気を表わす技。
これらは「動く禅」ともよばれ現代剣道の修行者にも好んで稽古する人がいるそうです。

 

其の3 斬釘截鉄(ざんていせってつ)

◆柳生新陰流兵法剣術

でました、みんな大好き柳生新陰流!

「釘を斬り、鉄を截つ」ってなんだかすごいですね。

きり込んでくる相手の太刀を半身でかわしながら小手をきるというカウンターで構成されているそうです。

 

其の4 一の太刀(ひとつのたち)

◆卜伝流剣術(ぼくでんりゅう)

時代劇が好きな人ならみんな知っているといっても過言ではないほど有名な奥義。

その実体は現在でも伝承者しか知らないといわれています。

一説には天・地・人の三つを合致させて一刀のもとに相手をきり伏せる技だともいわれています。
有名なのに誰も知らない、神秘の剣ですね!

 

其の5 陰陽進退(いんようしんたい)

◆夢想神伝流居合(むそうしんでんりゅう)

小太刀二刀流ではありません。

明治から昭和に活躍した伝説の剣聖「中山博道」が学んだ古流に工夫を加えて編み出した居合の流派に伝わる技。

倒したはずの敵が反撃してくるのをさらに防御して制する技です。

 

其の6 抜打先之先(ぬきうちせんのせん)

◆関口流抜刀術(せきぐちりゅういあい)

好きです。こういうネーミング。

「抜刀術」と書いて「いあい」と読む有名な流派の一本目の技です。

相手に先制して攻撃することを「先(せん)をとる」といいます。対峙してお互いに先をとろうとする中で、相手の先に先んじてなお先をとる、という意味でしょうか。

 

其の7 天流乱星

◆無外流高橋派剣術

「剣客商売」の秋山親子で有名な無外流。
姫路藩に伝わった「高橋派」の系統の伝書にある「大極秘妙術」の最後に記された奥義です。

伝書にも「上中下ノ太刀也 右修練の通り口傳」としかなく、技の内容は謎となっています。

しかしとにかくカッコイ!!

 

其の8 陰中陽(いんちゅうよう)

◆無外流居合兵道

其の七「無外流高橋派剣術」に付随した居合術をベースに再編成した居合道の流派。

座った状態で相手の太刀を受け流し、その力を利用して刀を旋回するように相手の腰をきる技です。

 

其の9 虎振(とらぶり)

◆兵法二天一流剣術

伝説の剣豪・宮本武蔵の流派。
二刀流であまりにも有名ですが、あくまでも基本は一刀を扱うことだそうです。

これは一刀の技で、剣を脇に構え、斬り込んでくる相手の太刀を踏み替えてかわしながら横面をきるものです。

脇構えで後方を向く剣がまるで虎の尾のようにみえることから付いた名だそう。

 

其の10 向覃中刀(むこうたんちゅうとう)

◆心形刀流(しんぎょうとうりゅう)

剣術、居合術、柔術などを伝える名流「心形刀流」の居合の技名です。

抜刀した瞬間、刀と鞘を一直線上に構えることで、こちらの武器の長さを相手に錯覚させるという独特の技法をもっています。
まさに古流武術!

帯刀コロク・記

 



-週刊武春, 剣豪・武術・忍者

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.