日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

お万の方(養珠院)像/ phogo by sarugajyo

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家

お万の方(養珠院)の死装束 17歳にして54歳の徳川家康へ嫁いだ側室の大胆な話

更新日:

自分の意見をしっかり主張することは、大人の第一歩ともいえましょう。
小さな子供の場合は、ワガママと似たり寄ったりなこともありますが、そういう子が成長し、芯を持った大人になることもありますし、時代や性別に関係なく大切なことでもあります。
今回はそんな感じの、とある女性のお話です。

承応二年(1653年)8月22日は、徳川家康の側室・養珠院ことお万の方が亡くなった日です。

家康の側室は人数が多すぎて、一部の特徴的な人以外はあまり知られていないですよね。
お万の方と言えば、徳川頼宣と頼房を産んだことで知られますが、実はその他にも強烈なエピソードを持っています。
その辺も交えつつ、彼女の生涯を追いかけてみましょう。

【TOP画像】photo by sarugajyo

 

小田原征伐後、関東支配を円滑に進めるため?

お万の方は天正八年(1580年)、上総(現在の千葉県)の戦国武将・正木頼忠(まさき・よりただ)の娘として生まれました。
母については諸説あり、後北条氏の娘あるいは後北条氏の家臣の娘とされています。

当時、頼忠は後北条氏の人質として小田原に滞在し、当主だった実兄の時通が急死すると、再び上総へ戻ることになります。
その際、お万の方の生母とは離別。母はまもなく後北条家の家臣・蔭山氏広と再婚し、お万の方はこの義父の元で育ちました。

お万の方は義父の影響で日蓮宗に帰依したといわれているので、血の繋がりはなくとも、そこそこ以上に関係は良かったと思われます。

そして慶長元年(1596年)頃、徳川家康に見初められて側室になりました。お万は17歳、家康は54歳という、当時としてもかなりの歳の差夫婦です。

この頃はまた、秀吉の最晩年の時期であり、朝鮮の役における戦間期でした。
当然、小田原征伐は既に終わっており、家康が関東に入封した後です。後北条氏と縁のあるお万を側室にし、子供を産ませることで関東支配を円滑にする目的もあったのではないかと思われます。

小田原征伐をスッキリ解説! 北条家が強気でいられた小田原城はどんだけ強かった?

 

スポンサーリンク

初代将軍様に男児3人では心もとない

家康は1590年代になると、お万の方以外にも多くの若い側室を迎えております。

五男・信吉が生まれてから六男・忠輝が生まれるまで9年ほど空いていますし、長男・信康はとうに死亡。
さらに、次男・秀康は結城家に婿養子に行った後ですから、家に残っている男子は三男・秀忠を含めて三人だけでした。

まだ戦がなくなったともいえない世の中では、なんとも心もとない人数です。
当時の家康の領地250万石、あるいはその先の天下を踏まえれば、息子があと何人かほしい……と考えていてもおかしくはありません。

生まれた全員が成人するとも限りませんし、そのためには若い側室を何人か持ったほうがいい、という判断でしょう。
築山殿や朝日姫に続く三人目の正室を迎えなかったのは、政治的に色々めんどくさいからですかね。この時代、側室ならどんな出自の人でもそうそう文句を言われることはないですし。

そして関が原の戦いが終わり、お万の方は慶長七年(1602年)頼宣、翌年頼房を産みました。

家康の息子たちの中で下から二番目と末っ子にあたる人たちですね。
家康としても自分の死後のことを早く固めておきたかったからか、二人とも幼児のうちに数十万石の大名になっています。

こうして家康の希望通りの役割を成し遂げたお万の方ですが、面白い(?)のはここからです。

富永商太・絵

 

スポンサーリンク

日蓮宗の日遠がうぜぇ! 黙らせたるわい

お万の方は、義父・氏広と同じく熱心な日蓮宗徒であり、日遠(にちおん)という僧に帰依していました。

しかし家康は浄土宗です。しかもこの日遠という僧侶が、言論的な意味で好戦的な人で、他宗派の僧を言い負かしては改宗させるということを繰り返していました。
一向一揆などで宗教と暴力が結びつくのにはイヤな思い出がある家康が、日遠を好ましく思うはずはありません。

コイツをなんとか黙らせよう! と、家康は少々強引な手段に出ます。
慶長十三年(1608年)、日蓮宗が浄土宗の僧侶に宗論(仏教の教義に関する議論)を申し込んだとき、日蓮宗側の論客を密かに襲わせたのです。武士相手でもないのに物理的解決はいかがなものか……。
このため日蓮宗側の出席者・日経が大怪我をし、まともな問答ができませんでした。

浄土宗側の勝利です。
家康は「日蓮宗の一部の教義は無意味なもの」と認めるよう、日遠に誓紙を出せと迫りました。

しかし日遠も信仰に生きる僧侶ですから、そう簡単には誓紙を出しません。
というか暴力に訴えた家康に激怒しました。そりゃそうだ。

日遠は対抗手段として法主を務めていた久遠寺(山梨県南巨摩郡)を辞し、新たな宗論を上申しました。

 

死装束を縫い始めたお万の方にビックリギョーテン

命令に従わない日遠に対して、家康はブチキレます。

「捕えて、安倍川(静岡県静岡市)の河原で磔にせよ!」
とまで命じる有様。
最初に工作(物理)したのは自分なのに、さすがに酷い言いようですね。

これを知ったお万の方は、恩師の危機に黙っていられませんでした。早速、家康に対して日遠の助命を嘆願しますが、家康は聞き入れようとしません。
すると、彼女は「師の日遠が死ぬならば自分も死ぬ」と言い出し、なんと日遠用と自分用に、二枚の死装束を縫い始めたというのです。
なんだか豊臣秀吉と対面した伊達政宗の話みたいですが、お万の方の場合は“芝居っ気”はなさそうですよね。

お気に入りかつ男子を二人も産んだ大手柄を持つ側室の覚悟に、さすがの家康もびっくり仰天。慌てて日遠を許します。

大坂の役よりも前の話ですし、後陽成天皇の耳にまで入って「無妙法蓮華経」のご宸翰(天皇の直筆)がお万の方に贈られたといいますから、もしかすると秀頼や淀殿もこの話を聞いたかもしれません。
その場合、淀殿が「家康は女子供に甘い」と勘違いした……なんてこともありえそうです。関が原のときも、家康は「女子供は不問」という理由で、秀頼と淀殿を処罰しませんでしたし。

まぁ、関が原については“豊臣家の内部”という名目もありましたが。
何がどこに影響して、最終的にどうなるかわからないものです。

 

平成に入ってから、石室に彼女の遺髪が見つかった

お万の方はその後は静かに暮らしていたようですが、もう一つエピソードをご紹介しましょう。

彼女は慶安二年(1649年)、家康の三十三回忌に息子・頼宣の領内でお堂を作り、これが現在の海禅院(和歌山県和歌山市)の始まりとなっています。
頼宣は後に、お万の方が作ったお堂を建て直し、多宝塔という建物にしています。

そして平成十六年(2004年)、この下にある石室から、お万の方の遺髪が見つかったのだそうです。

頼宣が紀州藩主になってからは、お万の方に会うことも難しかったでしょうし、生前に形見として髪をもらっていたのかもしれませんね。亡くなった後に菩提を弔うのであれば、分骨にするでしょうし。

「頼宣が両親を同じ寺で弔いたかった」のかもしれないと考えると、母への想いが感じられますね。おっと涙腺が。

前田利常などもそうですが、剛毅な人の情に厚いエピソードってじんわりきます(関連記事▶北陸の関が原「浅井畷の戦い」とは? 前田利家と丹羽長秀、その二代目たちの争い)。

長月 七紀・記

【関連記事】
20人以上もいた徳川家康の妻・側室ってどんなメンツだったの?

スポンサーリンク

参考:養珠院/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.