ナポレオン/wikipediaより引用

フランス

ナポレオン1世2世3世4世の生涯をスッキリ整理!歴史に翻弄された皇帝たち

更新日:

時は混迷の幕末――。
日本の人々は、フランス皇帝に憧れを抱きました。

どうやら地球の裏側で、大規模な農民一揆があったらしい。
四面楚歌の絶望から、祖国を救い出す天下無敵の将軍が現れたという。

その名もナポレオン――。

「欧州にすごい英雄がいるんだ!」
と、頼山陽が火をつけたブームは、知識人から庶民にまで到達し、あの吉田松陰西郷隆盛も心を寄せておりました。

幕末のナポレオンブーム『那波列翁伝初編』を耽読した西郷や松陰

文 ...

続きを見る

当時の草紙(草子・そうし・短編集)でも「ナポレオン伝」が描かれるほど人気が高まり、その名は今なお日本人の間に浸透しておりましょう。
しかし……。

ナポレオンに関する知識って、意外と、アヤフヤじゃありません?

フランス革命後に活躍したこと。
ロシア遠征で大失敗したこと。
一度復活してまた消えちゃったこと。

と、1世の主な業績はイメージ湧きますが、2世あるいはその後の3世、4世となると、
『えっ、いたの???』
状態になる方も珍しくありません。

そして一度そのことを聞くと、なんだかモヤモヤとしてくるからたまったもんじゃありません。

一体彼らは、ヨーロッパにおいてどんな存在だったのか?

本稿では、なんとなく曖昧になりがちな
ナポレオン1世2世3世4世
の生涯をスッキリ整理します!

 

ナポレオン1世の生涯

流刑の最中に、ナポレオンの伝記を読んでいた西郷隆盛。
このことは意外と重要かもしれません。

両者には共通点があります。
それは首都から遠く離れた南方出身であるということです。

ナポレオンの出身はコルシカ島。

島の気質は、フランス本土と異なり、男尊女卑の傾向強シ。
才女のスタール夫人を失望させたのも、そのせいでした。

スタール夫人/wikipediaより引用

南方で男尊女卑といえば、まさに薩摩と同様。

ゆえに両者の中央進出に対しては、江戸っ子も、パリっ子も、
「南から来た田舎者が、首都のエスプリを台無しした!」
と嘆いたものなのです。

そんなナポレオンは如何にして名を馳せていったか?
生まれから見て参りましょう。

 

知勇兼備の両親から生まれる

フランスとイタリアの中間地点に浮かぶコルシカ島。
18世紀前半、ジェノヴァ共和国からの独立を目指し、コルシカの人々は立ち上がりました。

そこに参戦していたのがナポレオンの両親です。

母レティツィアは、美貌だけではなく、勇敢な戦士としても知られる存在。

マリア・レティツィア・ボナパルト/wikipediaより引用

この独立戦争において、コルシカ側がフランスの力を借りたことが、ヨーロッパの運命を変えることになりました。

フランスは支援だけではなく、自領とすべく介入をしてきたのです。
独立派の先頭に立っていたパオリは敗北し、コルシカを後にすることとなったのでした。

愛国心が強烈な妻に対し、ナポレオンの父であるカルロは異なる性格でした。
機を見る判断力があり、柔軟性とフランス語の能力を身につけていたのです。

シャルル・マリ・ボナパルト/wikipediaより引用

智の父と勇の母――それがナポレオンが両親から引き継いだ血であったと言えます。

カルロはコルシカ独立を目指すパオリ派と、フランス派の中間をうまく泳ぎまわり、家族にとって最も良い選択肢を考え続けました。
この後、ナポレオンの少年期に病死してしまうせいか、母と比べて存在感が薄い人物ですが、息子も彼の機敏さを引き継いでおります。

1869年、ナポレオンが生誕。
彼はある意味、戦う運命の元に生まれる前からありました。

「おそれるな! 最後まで戦うのだ!」

次男であるナポレオンを身ごもりながら、レティツィアは馬にまたがり、コルシカ独立派戦士を鼓舞していたのです。

夫が若くして亡くなったあとも彼女は我が子を厳しく育てあげました。
文字を読むことすらできなかったレティツィアではありますが、智勇を備えた母の鋭いまなざしをナポレオンは常に意識し続けていました。

後に皇帝戴冠式に母が出席を拒むと、その絵を描いたダヴィッドにこう注文したほどです。

「欠席していたが、母を絵に描くように」
それほど母を敬愛していたのでした。

このように立派な母・レティツィアですが、家族に頭を抱える日は続いたようでして。

息子であるナポレオンが選んだ妻・ジョゼフィーヌは尻軽女。
美貌の次女・ポーリーヌも「エロすぎる皇帝陛下の妹」として有名になってしまったのでした。

ポーリーヌの美貌と奔放 ナポレオン皇帝陛下の妹がこんなにエロいはずが……!

歴 ...

続きを見る

 

さらばコルシカ

幼くして父を失いながらも、芯の強い母に育てられたナポレオン。
ブリエンヌ陸軍幼年学校、それからパリ士官学校へ進みます。

貴族である同級生からすると、コルシカという田舎生まれで訛りのキツい――下級貧乏貴族の息子にすぎない存在。
雪合戦での勝利といった才知を示す逸話があるものの、あまり明るい青春とは言えなかったようです。

実は、成績もそこまでよくありません。
まぁ、これはフランス語の語学力が高くなかったという要素も考えなくてはなりませんが。

卒業後、フランス王国軍に入隊すると、ナポレオンの情熱は故郷へと向けられました。

彼のアイデンティティはあくまでコルシカ人としてのものであり、フランスには便宜上従っているという気持ちです。
しかし、故郷コルシカでのボナパルト家は、パオリ率いる独立派と対立してしまいます。

背後には、フランス革命の余波もありました。

このころパオリは親英派となっており、親仏派とみなされたボナパルト家は敵視されたのです。

そんなことから、追放されるようにフランスのマルセイユへと向かうボナパルト一家。
富豪であるクラリー家と親しくなるという幸運はあったものの、パッとしないくすぶる日々でした。

フランス娘からスウェーデン王妃になったデジレ 元彼はナポレオンです

ヨ ...

続きを見る

 

ジョゼフィーヌは幸運の女神

しかし、幸運は巡ってきます。
革命に伴う乱世です。

フランス革命は、血筋よりも実力で出世できる――そんな道を軍人たちに開きました。

樽職人の息子であったネイ。

フランスの英雄ミシェル・ネイを銃殺刑に導いた……たった一言の呪縛とは?

ナ ...

続きを見る

黒人奴隷を母に持つデュマ。

猛将トマ=アレクサンドル・デュマ~ナポレオンに背いた英雄はあの文豪の父

ク ...

続きを見る

脚線美を誇るとはいえ、平民出身の軍曹にすぎないベルナドット。

美脚軍曹・カール14世ヨハンの才 なぜフランス人がスウェーデンの王様に?

1 ...

続きを見る

フランス革命戦争を戦い抜く将軍たちは、こんなルートから躍り出てきたのです。

ナポレオンは、ロベスピエールの弟・オーギュスタンとの親しい仲によって失脚しそうになったものの、なんとか乗り切ることになります。
そして一番の出世頭となりました。

足がかりは、トゥーロン攻略戦での電撃的な勝利です。

※Hulu配信BBC『ウォリアーズ』では、このトゥーロン攻略戦が扱われています

BBC版関ヶ原はイケてる? 『ウォリアーズ 歴史を動かした男たち~家康編』@huluを感想レビュー

こ ...

続きを見る

ただ、その勝利だけで抜け出すにはちょっと足りない。ここからは、かなりドロドロの展開を見せます。

確かにナポレオンは、頭が抜群にキレる若手将軍の一人でした。
革命政府に取り入ったナポレオンは、政治改革を求める暴徒に容赦なく砲撃するといった活躍で、耳目を集めるようになります。

とはいえ、実のところ、彼が電撃出世をするにはまだ足りません。
コネです。
当時の革命政府は、高潔なロベスピエールの死後、堕落する一方であり、あまりキレイじゃない、英雄のお話がここから始まります。

革命政府の腐敗した政治家・バラスには、赤裸々な下半身事情がありました。
バラスは、テレーズ・カバリュスという美女を愛人にしたくてたまらなかったのです。

テレーズ・カバリュス/wikipediaより引用

ちなみに彼女は、藤本ひとみ先生原作・森園みるく先生作画で、レディースコミックに描かれております……どんな人物か、お察しください。

絶世の美女テレーズは、こうバラスに切り出しました。

「あたしを抱きたいなら、他の愛人は暇を出してね」

愛人は惜しいものの、どうしてもテレーズが欲しかったバラス。
ほとんどの女性を別の男に紹介したものの、三十路で二児の母であるローズ・ド・ボーアルネという女性だけが残ってしまいます。

ここで、ナポレオンがこう言うのです。

「彼女は俺が引き取ります!」

6歳も年上。社交界では有名ではあったものの、絶世の美女というわけでもない。
ただ、惚れる人は惚れる。そんな女性でした。

ローズ・ド・ボーアルネ/wikipediaより引用

じゃあ、計算づくだったかって?
それはどうでしょう。
残された赤裸々なラブレターは、いやらしいわ、恥ずかしいわ、どうしようもありません。

「ローズっていうのは、いろんな男が呼んだからねえ。今日からジョゼフィーヌ(※ミドルネーム由来)って呼ぶね!」
こんなふうに、呼び名まで変えました。

ジョゼフィーヌの方は、夫のラブレターを友人と見せ合って笑っていたそうですが。
「何これ、きもーい」
「うけるんですけどぉw」
って、可哀想でなりません……。

ジョゼフィーヌとは? ナポレオンが惚れて愛して別れてやっぱり愛した女

1 ...

続きを見る

それはともかくとして。
元愛人のためバラスは、ナポレオンをイタリア方面軍指揮官に任命したのです。
そんな下半身事情による任命は、結果的に大正解なのでした。っておい。

しかし、ここで毒舌イギリス人はこう突っ込むことを忘れません。
「ボナパルト?(※イギリス人はナポレオンではなくこう呼びました)あぁ、革命っていう宝くじを引いた一発屋だね!」

 

快進撃だ! ボナパルト将軍から皇帝へ

ナポレオンはフランス軍を率いてバリバリと勝利をおさめます。
イタリア遠征の快進撃は、伝説的でした。

直後のエジプトでの東方遠征は大失敗し、ネルソン提督率いるイギリス海軍にボコボコにされたものの……電撃的な「ブリュメール十八日のクーデター」で、フランス皇帝にまで上り詰めます。

ブリュメールのクーデター/wikipediaより引用

このあとは、ナポレオン無双もとい、ナポレオン戦争です。

ナポレオン戦争が超わかる!ヨーロッパ全体を巻き込んだ皇帝の戦績

1 ...

続きを見る

途中で、ネルソン提督にまたも邪魔され、

トラファルガーの海戦~英国ネルソンタッチでナポレオンが壊滅した日

ど ...

続きを見る

徐々に暗雲が立ち込めていきます。

 

斜陽の大陸軍、そして凋落

フランス軍は大陸軍(グランダルメ)と呼ばれ、最強を誇りましたが、その戦力に陰りが見え始めました。

半島戦争では、敗北が濃厚となり、

世界初のスナイパー部隊・英国陸軍「グリーンジャケット」がナポレオンを窮地へ

2 ...

続きを見る

そして、モスクワ遠征で、アレクサンドル1世を相手に、決定的な大敗北を喫してしまうのです。

アレクサンドル1世は不思議王!? ナポレオン軍を殲滅したロシア皇帝の生涯

ロ ...

続きを見る

かくして、ナポレオンは敗北を重ね、元帥達から退位をつきつけられることとなります。

その後、「百日天下」で返り咲くものの、

ナポレオンの百日天下~欧州中を敵に回した男は、もはや英雄ではなかった

一 ...

続きを見る

結局、敗北を喫してセントヘレナ島へ。
かくして最後は寂しい一生を終えたのでした。

江戸時代の日本人は、そんな生涯を見て、
「こういう英雄が寂しく滅びるところがいいんだよね〜」
と感じたようです。なんというかレベルの高い楽しみ方ですね。

そうそう、そんなナポレオン1世の生涯は、長谷川哲也先生が漫画化しております。
ロベスピエールの「私は童貞だ」が大人気ですが、それだけではありません。

おススメの歴史漫画です!

漫画『ナポレオン 獅子の時代』にみるフランス革命の明暗【歴史マンガウソホントVol.7】

日 ...

続きを見る

 

ナポレオン2世の生涯

そんな偉大なる父のもと、悲運の子が生まれていました。
ナポレオン2世――その誕生前に、ナポレオン1世の結婚生活を振り返ってみましょう。

打算はあったとはいえ、ぞっこん惚れ抜いてジョゼフィーヌと結婚したナポレオン。
悩みは尽きませんでした。
ジョゼフィーヌが、なかなか妊娠しないのです。

それでも当初、ナポレオンは冷静でした。
ジョゼフィーヌは二児の母であり、自分の生殖能力のせいとも言い切れなかったからです。

そこで彼女の娘と自分の弟を結婚させ、その間の子を仮の後継者とします。そして、いざとなれば血縁のある養子を迎えればいい。そう考えていました。なかなか冷静ですね。

しかし、この心理状態に変化があらわれます。
自分の愛人が妊娠したのです。

はじめの一人は、気の多い相手であったため、彼はこう考えました。
「でもまぁ、他の男との間にデキた子かもしれんしなぁ」

状況を一変させたのが、ポーランド人貴族の娘であるマリア・ヴァレフスカです。

マリア・ヴァレフスカ/wikipediaより引用

純情一途な彼女だけは絶対に浮気をしない。その彼女が身ごもったのです。

「なぁんだ、俺ってちゃんと妊娠させられるんだぁ!」

二人の子であるアレクサンドル・ヴァレフスキ。

アレクサンドル・ヴァレフスキ※ちゃんと父親に似ていますね/wikipediaより引用

そう安堵すると、何が何でも自らの血を引く男児を後継者として欲しくなります。

そこでヨーロッパ中の王室に縁談を探し回るのですが、どの家も冷たい返事。
ナポレオンと心が通じ合っていたはずのアレクサンドル1世すら、妹は無理だと断って来たのでした。

そしてようやく得られたのがオーストリア皇女であるマリー・ルイーズ。
「コルシカの人食い鬼の妃だなんて!」
彼女自身、この縁談には悩み苦しみました。

しかし、断ることはできません。

マリー・ルイーズ/wikipediaより引用

不満だったのは、彼女だけではありません。
これしか選択肢はないとはいえ、フランス国民が大反発したのです。

・俺たちの愛するババアを離縁するんじゃねえよ!

ジョゼフィーヌは、ナポレオン快進撃伝説の始まりとなったイタリア遠征に同行していました。
このこともあってか「勝利の女神」と兵士から大人気。
彼女を「あのババア」と親しみを込めて呼んでいたほど。

そのため
「あのババアと別れちまうなんて、もうダメだよ! ガッカリだな!」
なんて失望感が、古参兵から湧きあがったのです。
これがただのジンクスでもなかったのですから、歴史の奥深さであり怖いところでもありますね。

・オーストリア出身の王妃っていえばあの……

当時のフランス国民にとって、オーストリア出身の王妃といえばマリー・アントワネットでした。

「オーストリア女め!」
あの王妃を罵り、ギロチンへ送り込んだ記憶が、まだ人々の脳裏にはこびりついていました。

マリー・ルイーズは、マリー・アントワネットにとっては姪にあたります。
そりゃ不吉じゃないか、そんな思いが胸をよぎるのです。強引にギロチンにした後ろめたさの裏返しでもあるのでしょう。

マリー・アントワネットは何故嫌われる?フェイクニュースで炎上続く

世 ...

続きを見る

シレッとした顔で、本当は復讐を狙っているんじゃないの?
そんな不安がつきまとい、フランスについた時点で冷たい視線が浴びせられました。

ただし、その役割を担ったのは、マリー・ルイーズではなく、マリー・アントワネットの娘マリー・テレーズでした。

フランス最後の王女マリー・テレーズ(マリー・アントワネットの娘)はどんな末路を辿ったか

王 ...

続きを見る

こうした中で、皇帝と皇女のカップルは無事に結婚を果たします。

そして、ナポレオンの後継者である2世が誕生。
初の子が男児であったことに、父は歓喜を見せました。

しかし皮肉にも、このころ父の威光は急降下の一途であったのです。

 

マリー・ルイーズは悪運をもたらしたのか?

そんなナポレオン2世の母であるマリー・テレーズは、不人気な人物です。

前述の通り、オーストリア出身であることもマイナス。
マリー・アントワネットはその贅沢ぶりが嫌われましたが、彼女は反対です。倹約家であったため、出入り業者からこう陰口を叩かれてしまったのです。

「ジョゼフィーヌ様は気前よく何でも買ったのに、あのドケチなオーストリア女はダメだな」
なんとも理不尽な話ではあります。

その若さや性格も、ナポレオンにとっては災いしました。
ジョゼフィーヌは、社交界での生活が長く、離婚経験や愛人生活もある人生経験豊富な人物でした。
結婚当初は愛人を作り、ナポレオンを怒らせたものの、そのあとは落ち着いた生活を送っています。

彼女は、夫をリラックスさせるテクニックに長けていました。
ナポレオンのストレスを癒す、そんな抜群のセンスを持ってして、悪妻から良妻に、華麗なる変貌を遂げたわけです。

しかし、マリー・ルイーズはお姫様です。
ナポレオンは、彼女の機嫌を取り、気遣うために苦労しました。妻との生活で、むしろストレスを増加させてしまったわけです。

「あのババアを手放したら、勝てなくなるぞ!」
これは当時の古参兵の嘆きでしたが、そういう要素は確かにあります。

ナポレオンの勝利には、験担ぎでもなく、ジョゼフィーヌのストレス解消センスが役立っていたのでした。

むろんマリー・ルイーズは悪くありません。ただ、比較対象が悪すぎました。

ナポレオンが死の直前に名を呼んだ、ジョゼフィーヌ。
流刑地エルバ島まで訪れた、優しく可憐なマリア・ヴァレフスカ。

こうした女性とは違い、彼女はあまりに愚鈍で冷たいとされたのです。
しかし、それはどうでしょうか?

 

周囲の思惑、ナイペルクの復讐

マリー・ルイーズがそうなったのは、父はじめ周囲の策略の結果でもあります。
当初、夫であるナポレオンの没落を嘆いていた彼女に、周囲は、こう吹き込んだのです。

「ローマ教皇は、ナポレオンとジョゼフィーヌの離婚を認めていない。つまり、お前はただの内縁の妻だったのだよ。息子だって私生児に過ぎない」
「それに、エルバ島にはナポレオンの愛人が向かっているのだとか」

これだけではありません。
隻眼の美男軍人ナイペルク伯が、彼女に目をつけました。

隻眼の美男軍人ナイペルク伯/wikipediaより引用

ナポレオンとの戦争で傷ついていた彼は、生々しい復讐を計画。
ナポレオンをコキュ(寝取られ男)にしてやろうとその機会を窺っておりました。

と、これが成功します。
純粋なマリー・ルイーズは、たちまち魅力的な彼と恋に落ちるのでした。

周囲も、こんなロマンスには冷たいどころか、応援しています。

「あのかわいそうな子に、ちゃんとしたロマンスと喜びを教えてあげなくちゃ。古い恋を忘れるには、新しい恋って言うからね」
そんな心境ですね。

一方でナポレオンからは、エルバ島に来いと怒った手紙は来るわ。
我が子すら私生児扱いだというわ。
元妻としては、ウンザリさせられるわけです。

ナポレオンとの結婚そのものが、マリー・ルイーズにとっては黒歴史となってしまいました。
ナイペルクの死後、彼女はパルマ公の妻として、第二の人生を生きることとしたのです。そしてその方が幸福でした。

 

私の父は誰なのだ?

しかし、これは彼女の子にとっては違います。

ナポレオン2世は、生まれた瞬間から不運極まりない人生を送り始めたかのようです。

ナポレオン2世/wikipediaより引用

父母が結婚し、彼自身が生まれると、ナポレオンの覇業は下り坂に向かいました。

ナポレオン2世は、こう嘆きました。

「我が母がジョゼフィーヌであればよかったのに!」

決して叶わぬその願い。
それは彼の人生の本質をえぐった言葉とも言えます。

生まれながらに「ローマ王」と呼ばれながら、彼は悲運を背負っていました。
彼がナポレオン2世とされたのは、ワーテルローの戦い敗北後、まさしく混乱の最中でした。

周囲も、彼の扱いに困っていたところがあります。
まだ幼い彼に罪はない。しかし、その血が困りものなのです。

「お前はドイツ貴族、ライヒシュタット公だ」

ウィーンの宮廷でそう扱われるナポレオン2世。
彼は幼い好奇心で、父の姿を求めました。

どうして周囲は、父のことを隠そうとするのだろう?
母は私に冷たいのではないか?

籠の中の鳥のように育てられながら、彼はなんとか父の事績を知るべく力を尽くします。
そんなナポレオン2世の元に1821年、訃報が届きます。
父・ナポレオン1世がセントヘレナ島で一生を終えたというものでした。

以来、彼は父の名を口にしなくなります。
憧れていた父は、もうこの世界にいないのだから。
会うことはできないのだから。

 

失われた父を求めて

しかし、皮肉にも世界はナポレオンを求めるようになりました。

あれほど第一帝政末期は失望していたのに。
各地の村から青年が徴兵され、命を落としていったのに。
そんなことを忘れたかのようです。

古参兵たちはナポレオンを懐かしみ『あの頃は良かった』と語るようになります。
王政への不満や懐古といった要素も重なっていました。

1830年、暗君として不人気であったシャルル10世が暴動で王座を追われます(「七月革命」)。

ブルボン朝の支配はまたも終わると、人々の間で第2のナポレオン待望論が高まります。

ナポレオンの支配地域は広大でした。
ベルギー、イタリア、ポーランドにまで、その待望論が広がってゆくのです。

こうした状況を、イギリス、オーストリア、ロシアが放置できるはずもありません。

ナポレオン戦争なんて、もう二度と真っ平御免。
2世に罪は全くなくとも、その存在自体が危険分子になってゆくのです。

父の後継者として目覚めたのか。
ナポレオン2世は、軍務に勤しむようになりました。

ドイツ貴族ライヒシュタット公として生きて欲しい、母方のオーストリアはじめとする王侯貴族たち。
ナポレオンの血を求め、熱いまなざしを向ける父の元部下や民衆。

そんな父母の血が拮抗し続ける、あまりに辛い人生。
彼は血と運命に苦しみつつ、生きてゆくしかありません。

そんな彼に残された歳月は、短いものでした。
1832年、結核とみられる病に罹ったナポレオン2世は、錯乱しながら息を引き取りました。

ナポレオン2世の最期/wikipediaより引用

享年21。
我が子に冷淡であったマリー・テレーズも、その死に胸を痛めたとされます。

ともかく庶子である愛人の子は別として、ナポレオンの直系かつ嫡子の血統はここで途絶えるのでした。

あれ?
じゃあナポレオン3世って誰なの?
と、これが少々ややこしい話でして。

次のページへ >



-フランス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.