『真田丸』感想レビュー第49回「前夜」 四百年の刻を経ても色褪せない、ただ好きなように生きること

 

ここから本文です↓

こんばんは。
来週で終わりだという現実を受け止めきれないほどです。そんな本作は、数字の上でも話題になっていたとまた一つ証明されました。
◆Yahoo!検索大賞ドラマ部門は「真田丸」NHK作品3連覇(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

さらにはこんな驚異的なイベントも!
◆大泉洋「真田丸」6日連続トークショーに参戦!16日、上田熱狂に拍車(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース
もうドラマも終わろうという中でこうしたイベントがあるというのは異例です。スピンオフをあと二年くらい放送して欲しい、という方も多いのではないでしょうか。

発見ニュースもまだ出てきます!
◆「真田丸」初の発掘調査 盛り土や堀の跡発見か | NHKニュース

最終回を前にして熱狂の佳境にある状況。切ないけれど悪くありませんね。
では、今週のレビューへと参りましょう。

 

弟に会うため家を飛び出す信之に周囲の女たちは

ついに追い詰められ、夏の陣目前となった大坂方。
弟から書状を受け取った信之は、幸村の覚悟を悟り、直接会って説得する決意を固めます。

真田丸真田信之

この説得は史実ではありません。記録に残らないような移動をしたという設定になるようです。こうは信之の行動に理解を示すものの、稲は内通の疑いをかけられたらば、信之にとっても真田家にとっても危険であると強い態度で止めようとします。二人ともどうしてそういう行動を取るか理解できますし、強い態度の稲も悪く思えないように描かれていると思います。稲は家を守るためならば毅然として強いという、武家の女性らしさが出ています。
流石の稲も折れ、一切身分がわかるようなものを身につけぬことを条件に、やっと送り出します。妻同士の立場も性質も異なりますが、二人とも信之の身を案じているのです。

真田丸稲小松姫

信之と幸村の姉・松は、幸村への土産を信之に託します。
どこまでも楽天的で明るい松は、祖母・とりのようなどっしりとした落ち着きも身について来ました。うっとうしい、能天気過ぎるとすら一部視聴者から言われていた彼女ですが、今となってはこの楽天的なキャラクターが救いです。
旅立つ信之に、こうは六文の銭をお守りとして渡します。序盤はうるさくて嫌われていた本作の女性たちですが、今は殺伐とした中でオアシスとして機能しています。

しかしそんなオアシス系ヒロインだけではないのが本作。出陣を前にして、秀忠の妻・江は、夫に松岡修造系の暑苦しいエールを送ります。この人は娘の千姫はともかく、姉・茶々の身は案じていません。この暑苦しさは力強いものではあるのですが、なかなかの圧力で、秀忠の苦労が想像できるんですよね……。

真田丸松霜月けい

 

「豊臣の血は根絶やしにする! 父上は甘すぎる!」

大坂城では幸村が献策を行います。幸村が出した京都への出撃案は、秀頼を伏見にまで出るものでした。
しかし、大蔵卿はそれを嫌がり突っぱねます。
毛利勝永と後藤又兵衛は、天王寺に出撃し秀頼は城から出さない策を出します。これには大蔵卿局も安心。作戦は決まります。
バラバラだった牢人が一致団結して出撃する姿は心強いものがありますが、ここまで追い詰められなければまとまらなかったんだよなあ、と複雑な気分に。

ここで、すっかり視聴者に嫌われてしまった大蔵卿が、茶々と秀頼母子のために尽くしている――と幸村と語り合うフォローのような場面が入ります。
彼女なりに思う所があっての行動ですから、この場面はよかったと思います。もっとも、彼女は牢人は大嫌いだそうです。

真田丸大蔵卿局

徳川方は、家康秀忠父子・本多正信・正純父子が策を立てています。高齢の正信は疲れたのか、うとうとと居眠りしております。
家康は牢人さえ処分するならば秀頼を助命するという案を出しますが、秀忠は珍しく激昂し「豊臣の血は根絶やしにする! 父上は甘すぎる!」と叫びます。
家康はあきれたように「恐ろしい男に育ったのう」とつぶやきます。

二代目としての秀忠がついに完成しましたね。秀忠は容赦なく、時には己の血を分けた兄弟までも、断固として改易していきます。江戸幕府の強固な土台を踏み固めたのは家康だけではなく、秀忠の功績も「大」なのです。

そして大坂城の秀頼も、徳川からの最後通告を蹴り、ついに両者は手切れに。家康は豊臣と大坂城の終焉を悟り、喜ぶどころかどこか複雑な顔を浮かべます。

真田丸徳川秀忠

 

後藤又兵衛に35万石のオファーを出すだけでええんじゃ

信之は真田の陣にたどりつきました。ちょうど真田信尹も幸村に会いに行くそうです。

四月二十九日、大野治房・塙団右衛門が浅野方が樫井にて衝突し、戦いが始まります。ここで塙団右衛門は頭部に銃弾が命中しあえなく戦死。城内に運び込まれた遺体を見て
「いずれは皆も、この男の横に並ぶのですか?」
と茶々はつぶやきます。
慌ててきりにたしなめられる茶々。彼女は美しい死神です。今の茶々はいわばジェットコースターで登っていくような気分なのでしょう。いっそ落ちてしまえばまだマシで、転落に向けてカタンカタンと登ってゆく時は本当に嫌なものです。あとは墜ち、死まで降る坂道へと、彼女たちは登りつつあるのです。

真田丸茶々(淀)

幸村たちは台所で策を練ります。後藤又兵衛と木村重成が道明寺に向かいます。
しかしこの策は家康に筒抜けでした。大坂から何らかの手段で情報を得た家康はルートを変更し、道明寺方面には伊達政宗が進むことになります。
この会話をぼーっと聞いていた正信は、家康に「もう帰れ」とまで言われますが、突如「又兵衛が気になりますな」と言い出します。そして、調略を使うことを献策します。

正信の命を帯びた徳川方の使者は、又兵衛に播磨三十五万石をオファー。又兵衛は即座に断りましたが、この噂話が豊臣の陣に広められます。又兵衛はこの噂を打ち消すために焦るだろう、そうなれば陣は乱れる。
れが正信の調略です。本当にこの人はおそろしい。

真田丸後藤又兵衛

真田丸本多正信霜月けい

 

「黙れ小童ァァァ!」の室賀・息子が信之たちを取り調べ

真田信尹と信之は、徳川義直の陣で取り調べを受けています。
そこを通りかかったのがスルメをくわえた平野長泰。食料輸送作戦は失敗していたようです……そこへどこか見覚えのある青年がやって来ました。

信尹は家康の密命を帯びているという書状を出します。青年は尾張徳川家の家臣・室賀久太夫と名乗ります。あの室賀正武、真田昌幸の策で暗殺された「黙れ小童!」の人の息子さんです。生きていたんですね!

真田丸室賀正武霜月けい

本人も真田の名に気づいたのか、父の死の恨みを語り出すのですが、そこで……
「黙れ小童ァァァ!」
「すみません」
信之が一喝。
世代を超えたまさかの「黙れ小童!」返しでした。本作のファンにとっての流行語大賞は、この一言でしたぞ!

信之と信尹は、ついに幸村と対面します。
信尹は前回説得に来た際はまるでやる気がありませんでしたが(第四十六回)、今回は幸村の命がかかっているだけに真剣です。父・昌幸が欲してやまなかった信濃一国四十万石という条件を伝え、説得にあたります。

信之は、弟の心中を察し、説明します。徳川に従いたくないならそれでもいい。それでも死んではならぬ、今度もまた赦免を勝ち取る――。幸村はぽつりと「それでまた十四年」と言葉を挟みます。
このあたりが長男と次男の差なんでしょうね。生き延びて、何としてでも家を存続しなければいけない、背負うものが多い長男。身軽かもしれないけれど埋もれがちで、何とかして歴史の中できらめきたい次男。その気持ちはやはり弟である信尹の方が理解できそうです。

それでも信之は、昌幸・信之・幸村の三人で酒を酌み交わそうと誓ったことを思い出させ(第三十五回)、説得を続けます。父は亡くなったけれどもまた兄弟で酒を酌み交わしたいと言います。幸村はそれならばここで酒を、と言いますが信之は断り帰ります。
「兄上と酒を酌み交わしとうございます! 兄上……」
「これは今生の別れではない!」
兄弟は盃を交わすことなく、別れてゆくのでした。

真田丸真田信尹

一方で信尹は甥の頰を撫で「生きたいように生きればよい」と告げます。
かつて信尹は、「わしのようにはなるな」と幸村に告げました(第八回)。その言葉の通り、別の生き方を選んだ幸村に彼は理解を示しているのです。

続きは次ページへ

 

ページ:

1

2







武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

    • 通りすがり
    • 2016年 12月 23日

    @匿名

    >「愛ゆえに斬らねばいけない、大河がある!」
    >とおっしゃられた昔が懐かしいです。

    同感ですね。
    今年の大河、ドラマとしてはおもしろかったと思います。
    毎週日曜日が楽しみでした。
    しかし大河としてはどうでしょう?
    昨年の「花燃ゆ」で桜田門外の変をナレーションだけで終わらせてしまったことをあれほど批判していた武者さん、今年の本能寺、関ヶ原は絶賛。
    矛盾感じませんか?
    同じように絶賛のきりですが、私的にはきりがこのドラマをぶち壊しにしてるように思えてしかたありません。
    あまりにリアリティのない浮いた存在。
    当初はきりの思いはいつ遂げられるのかと応援するような気持ちで見てましたが、ここまで引っ張られるとアホらしくて見てられません。
    この時代ではいい年の爺さんと婆さんのラブシーンですよ。
    武者さんは合戦シーンの迫力の無さをマイナス点としてあげてますが、ただのちょうちん記事にならないように辻褄を合わせてるように感じてしまいます。
    むしろ、このドラマにはちょうどいいティストだったと思います。

    • 匿名
    • 2016年 12月 17日

    たとえ明日死ぬとしても
    やり直しちゃいけないって
    誰が決めたんですか?

    という遠い日のひと言。
    これが三谷さんという人の核にあるのだなと思ったあの日のことを
    12年前の新選組!にせよこの真田丸にせよ
    はっきりと思い出させてくれました。

    死ぬことや敗けることを超える向こうへの視線。
    生ききることの大切。
    何度でも繰り返すそのテーマが誰かに届いていればいいなと思います。

    • 匿名
    • 2016年 12月 17日

    今回の稲は別に優しくないんだけど、その優しくなさがまともで良いと思います。
    真田の紋付けて行くな、は、信之が何か徳川にバレるヘマを行先でやらかした場合は
    稲は信之を真田家から切り捨て、自分と息子達とでそれからの真田家を盛り立てて行くつもりなのでしょう。
    愛する夫ではあるが万一の時にはそこまでやる覚悟を決めたとわかるのが良いです。
    無事に帰ってきて、と切実に言う場合は、無事でない可能性も大いにある場合なのですし。
    夫の意志と、現在徳川傘下にある真田家を守るということの両立・けじめがそのライン。
    稲が徳川の事を忘れているような描写にされなくて本当に良かった。

    • 匿名
    • 2016年 12月 16日

    @匿名

    まあ、昔のファンですね。武者さんの。

    「愛ゆえに斬らねばいけない、大河がある!」

    とおっしゃられた昔が懐かしいです。

    いや、皆さん、この大河で「絶賛」なんですか?

    NHKも低きに流れますよ。これで「絶賛」なら、今後これ以上の質の大河は出ませんよ。

    だって、これで視聴者の皆様は「絶賛」なんですから。今後も手抜きしまくりでしょ。予算も浮くし。

    • 匿名
    • 2016年 12月 16日

    …なんか、文句たらたら言うコメントもあり、可笑しいですね。
    ここまで観続けて、さらにこちらのサイトで感想も読むくらいだから相当なファンの方なんでしょうが…。

    感想まとめサイトありがとうございます。
    書籍化希望!!

    • 匿名
    • 2016年 12月 15日

    @匿名
    片倉ですね。

    • 匿名
    • 2016年 12月 15日

    片岡小十郎は多分同じ役者さん?でしたが、息子という設定じゃないでしょうか。史実では病気で国許に残ってたんですよね。
    真田丸は同じ役者でも代替わりしてる設定今までも出雲阿国や服部半蔵でありましたし。
    役者さんが政宗に話しかけるときやずんだ餅差し出す時の演技がちょっと初々しいと思ったんですが。声も若く見えるように高めに変えてたような。

    • 匿名
    • 2016年 12月 14日

    @みなみ

    まあ、三谷氏では幸村の生きざまを「好きなように生きた」としか解釈できないでしょうね。

    なんで、幸村は当時から現在まで「日ノ本一の兵(つわもの)」と評されるのか。それは当時の武士の理想のひとつの形だったからです。

    それは 「好きなように生きた」とは、また別のものです。正直浅すぎる。

    • なんとか官兵衛
    • 2016年 12月 14日

    伊達との絡みが浅すぎて、妻子を託す流れに無理がありましたね。

    この流れでは、上杉家に託すのが妥当でしょう。史実とかけ離れ過ぎですが

    • かわ
    • 2016年 12月 13日

    ずんだは、単純に「仙台」だから、じゃないですかね(^-^;
    それ以外に考えられない。。

    あと、以前にも指摘しましたが、毛利勝永を豊臣家重臣と表記するのはいかがなものでしょうか??

    • みなみ
    • 2016年 12月 13日

    「好きなように生きろ」というテーマは脚本家三谷幸喜さん自身の生き様なんですね。あらゆる思惑や批判などを突っぱねて自分の書きたいように書くという純粋で利己的な思いがドラマを観ていて重なります。

    • 匿名
    • 2016年 12月 13日

     兄弟再会もあっさりしていて、特に感動的ではなかったですね。

     合戦シーンもあっさりしてますね。

     「あっさり」がこの大河ドラマの特徴なのかと思います。

    • 匿名
    • 2016年 12月 13日

    兄弟再会は既に兄弟が違う方向を見てるって雰囲気を感じました。
    だから感動的にもならんかった、と。
    信之が酒を飲まなかったのは「捕まれ、死ぬな」って意味だろうし
    信繁が酒を希望したのは「これで悔いなく戦に行ける(=死ねる)」って意味だろうし。
    まぁあんなにアッサリ諦めるなら危険を冒して真田の紋を取ってまで大坂に来る必要があったのかという気はしてきますが(笑)

    • 匿名
    • 2016年 12月 13日

    合戦部分だけ目をつぶることのできる人からすれば近年まれに見る大傑作だが
    合戦を求めてた人、および関ケ原の戦いに期待してた人からすると……なのかな?

    自分は前者のタイプで、
    人物描写が念入りにできてるし
    考証も最新のものを用いて史実とされるものは極力そのまま描きそれ以外は自由に描くといったスタイルは好きでした。
    それだけに再放送じゃなくてスピンオフの声が出てくるんですかね……
    (葵徳川三代なんかは今でも『再放送』が望まれてますがあれは関ケ原シーンを含めドラマそのものが完成していたってことなんでしょう)

    • 前夜の営み?
    • 2016年 12月 13日

    きりの様な恨み言を「武蔵坊弁慶」で玉虫(荻野目慶子)が言っていたのを思い出しました。ただこちらは
    「子供も産まれたのに何戯言ほざいてんだ!」
    てニュアンスで引き止める指をかの剛力で引き離すくだりでドロドロとした愛憎の様なもの(春ちゃんに近いな…)を
    感じました。

    • 才蔵
    • 2016年 12月 13日

    合戦シーンについては今回49話ではあまり重きを置いてない気がしますね。やはりメインは兄弟対面とラストきりのシーンでしょ。
    どうしても真田太平記の兄弟再会と重ねてしまうのですが、再会の重厚さが足りないと感じます。しかし三谷脚本にはそこは違った手法なんだと思うし、ここまでくれば許容範囲です。
    ラストのきりのシーンもまさしく「らしい」描きかたでしたが、私はあそこでの「内記の娘に関しては、、」というナレーションに何とも言えなくジーンときましたよ。三谷さん独特の手法でこれまで描いてきて、ともすればフィクションの世界でのきりになりきってしまい「うざい」だの色々な評価があったと思いますが、あのナレーションで一気に歴史上の人物としてドラマの中で存在感を示したと思います。
    49回目で初めて再生し直しました。

    • 匿名
    • 2016年 12月 12日

    @匿名
    >>そういえば江姫は以前は千だけでなく秀頼や淀の方も心配していたと思うんですが、今回は娘のことだけでしたね。どこかで見限ったんですね。細かいとこですが戦国のリアルというか。

    私もこの部分は気になりました。以前「豊臣を倒して&茶々を助けて」と矛盾に近いお願いしてたようだったので、今回に至るまでの心や考えの変化見て見たかったです。

    あと伊達主従、大河の都合で小十郎が親父の方のままだったのは残念。真田丸版の重長見てみたかった。

    • 匿名
    • 2016年 12月 12日

    ここまで約一年かけて描いてきた真田兄弟の絆、しかも一大名となった兄が様々なリスクを冒してまで説得に来たのに、その説得ぶりがあまりにあっさり過ぎだったのではなかろうか

    • TMK
    • 2016年 12月 12日

    @匿名
    >>私的には、きり役に美人を配さなかったことを評価します。

    ひでぇw

    しかしべつに合戦シーンを完璧に描け、とは誰も言わないですよ
    ただ信長協奏曲にすら描写で負けてる事がNHKのどうしようもなさなんですよね
    「大河」が「月9」に負けてるんです、文句も言いたくなりますわ

    あ、文句ばかリですが私も合戦シーン以外は傑作だと思っていますよ、
    当時に生きてる喜怒哀楽の感情のある「人間」をうまく描けてる作品だと思っています。

    • 匿名
    • 2016年 12月 12日

    合戦シーンを満足湯出来で描くのは無理でしょう。今の日本の実写陣営では。居合の達人だった亡き父の時代劇好きの影響に始まり50年近く見続けていますが、進歩の無さには閉口せざるを得ません。武芸を学ぶ気も無く、活劇以前の問題です。黒澤明が舞台チャンバラを活劇に進歩させた以後の進歩は皆無です。これが半世紀続いてしまいました。もはやこれすらが伝統芸能として定着してしまったのです。日本にありがちな師弟制のわるいとことだけが作用してしまったように思います。
    そんな日本実写界の中で監督だけが気張ったところでろくな映像が作れるわけも無く、時代劇を見るにはSF鑑賞ばりのセンスオブワンダーが必要です。所詮おしばい、素人のままごとです。伊達鉄砲隊のシーンもSOWを効かせて見るしかないでしょう。だいたいにして、真田・伊達の頭目同士の合戦が、田舎の不良同士の対決レベルの規模であるわけがありません。今話は、見るからに「あー尺が足りなくなったな」と思わざるを得ない、たたみ掛けたシーンの連続でした。
     もとより合戦シーンに対して全く期待していなかった私からすると、真田丸は大いに傑作ですよ。一般視聴者の注目を集め、真田一族の働きの理解を大いに深めたことでしょう。忠臣蔵のシーズンにクライマックスをもってきた事も正解でしょう、たいがならアタリマエですが。私的には、きり役に美人を配さなかったことを評価します。

    • 匿名
    • 2016年 12月 12日

    今作はスピンオフ作るなら、何人もの色々な人のが見たいと思わせるような、人間を魅力的に描いた作品でした。清濁併せ呑むような大人な部分と、純粋な部分と、欠点も多々ある普通の人間として歴史的な人物を描いて下さったなあと思います。
    真田周辺の人の知名度も上がったのはもちろん、ほんのちょっとしか出てこなかった武田勝頼や森長可や細川忠興、伊達政宗も良い味出してました。
    天地人のトンチンカンなイメージを払拭できた直江も良かった。

    そういえば江姫は以前は千だけでなく秀頼や淀の方も心配していたと思うんですが、今回は娘のことだけでしたね。どこかで見限ったんですね。細かいとこですが戦国のリアルというか。

    • おにぎり
    • 2016年 12月 12日

    三谷さんは戦争ものや通年作品を描くのがあんま得意じゃないのかな
    つまらないコントや事前の溜めが無い上っ面だけの決め台詞・場面が多すぎる
    政宗周りのエピソードをあんなつまらなくするとは

    これに関してはNHKの人選が悪かったとしか言えないけど
    次があれば三谷さんの側にしっかりしたブレーキ役を置いて欲しいな

    • TMK
    • 2016年 12月 12日

    @こうめい
    >>いやいや、乱戦の中で大将狙い撃ちで鉄砲撃たんだろうとか、うーんと思うところもしばしば。

    そうなんですよね、NHKなりに頑張ってるとは思うのですが、どうにもアクションの撮り方が下手なんですよね
    こればっかりはアクションの演出が上手い人を呼んで来いとしか言いようがない。
    下手な人が頑張っても下手なんですから(相手がプロだと思うからの諫言です)

    上記の件ですが、あんな銃で狙ったようなシーンを重く描き、一発の銃声だけを鳴らすのではなく
    普通に沢山の人数で撃ってるいつものやり方でやれば、べつに不自然になることもないんですけど
    なぜわざわざああいう風に撮っちゃうのか?

    ここからは勝手な想像ですが、たぶんアクションの演出の人って、時代劇の人がやってる気がします、
    それを強く感じたのが幸村の十字槍無双のシーンです、演武なんですよね
    だからじっくり見せようとする。悪い言い方すると、クドイ。

    つまりはチャンバラの見せ方で「戦争」を描いてしまってる事が間違いの元凶ではないかと
    個人的には大河こそ、時代劇から離れた方が良いと思ってます。

    • こうめい
    • 2016年 12月 12日

    確かに合戦シーンは迫力不足ですよね。
    いやいや、乱戦の中で大将狙い撃ちで鉄砲撃たんだろうとか、うーんと思うところもしばしば。

    ただ、人の心の動きとか、主人公が完璧ではないところとか、そう言う部分が絶妙なんだなぁと思わされます。

    来週はついに最終回ですね。
    賛否両論あれど、昨今の大河の中では群を抜く出来であっただけに、週末が寂しくなりますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る