絵・小久ヒロ

明智家

明智秀満は本能寺への攻撃に反対だった? 光秀が謀反を相談した重臣の生涯

更新日:

明智家の重要拠点である福知山城・城代を任され、本能寺の変では先陣も務めた明智秀満(左馬助)

明智光秀にとって、斎藤利三と並ぶ重臣中の重臣です。

しかし、その生涯は謎だらけでもあります。

生年が不明なら、出生地も不明。
前半生だって不明。

そうかと思えば、
「敵の追手をかわすため、馬に跨って琵琶湖を渡り、坂本城へ入った」
なんて、神がかった伝説まで語り継がれ、一部の戦国ファンには大いなる支持を受けてきました。

近年は新たな書状も発見され、あらためて光秀の右腕的存在であることが再認識されています。

では、その人柄や事績は如何なるものか?
大河ドラマを機に、新たな人物評価の進む光秀、その右腕的存在である明智秀満の史実を追ってみましょう。

 

光秀に最も信頼された家臣・明智秀満

明智秀満が史料に登場するのは天正6年(1578年)頃のこと。
明智光秀の娘をめとったということが確認できます。

それ以前は三宅姓であったことが現在は有力視されておりますが、出自については後ほど触れるとして、まずはこの先へ進みます。

明智姓を名乗るようになっていた天正8年(1580年)頃、秀満が主君・光秀から絶対的信頼を勝ち得ていたことが、光秀の書状の出し方などからも確認できます。

秀満名義の副状(主となる手紙の補助的文書)が添えられていたものが見つかっているのです。
明智家代表補佐として自他共に認められていたことを示しています。

明智光秀/wikipediaより引用

推定年齢は、天正10年(1582年)の頃でおおよそ30歳前後とされますので、光秀よりも20〜30歳程度は年下となりましょう。
本能寺の変時点で、光秀は55才説が一つの例として挙げられます(他に67才や43才説も)。

いずれにせよ秀満はかなり若い。
にもかかわらず、天正9年(1581年)には丹波国(現在の京都府付近)福知山城城代にも任命されておりました。

上記地図をご覧の通り、福知山地方は京都と山陰エリアをつなぐ交通の要衝です。
明智家の本拠地だった坂本城が京都と近江をつなぐ要衝だったことを考慮すると、その次に大事なところを任されていたことになります。

 

「信長への謀反」を最初に打ち明けられた

秀満は文化人としての素養も持ち合わせておりました。
光秀が主催した茶会でも饗応(おもてなし)役に指名されていたことがあります。

織田家にとって「茶」は政治的にも特別な存在です。
主君・光秀のさらに主君である織田信長が茶器茶会を重要視していたのは有名な話で、戦場だけでなく、茶を通じた政治外交手腕も期待できる秀満は、光秀にとって極めて重要な存在だったに違いありません。

明智家においてだけでなく、織田家全体の中でも有力なポジションを築いたことでしょう。

しかし。
その生活も唐突に終わりがやってきます。

天正10年(1582年)6月1日――。

『政春古兵談』という史料によれば、光秀から「信長への謀反」を最初に打ち明けられたのは、他ならぬ明智秀満とされています。

秀満は当初、光秀の叛意に反対でした。
が、光秀が他の家臣複数にも同様の相談をしたことを知ると腹を括ります。

「複数人にその意思を明かしてしまった以上、信長公に知られるのも時間の問題、もう事を起こすほかない」
として、結果的に光秀を後押ししたとも伝わっています。
いざ決断したら迷わない芯の強さも感じます。

この手のエピソードは「いかにも創作」という印象が拭えず、史実として信用するのは難しいながら、光秀と秀満の強固な関係を表すにはわかりやすいものでしょう。

ドラマでは一つの盛り上がり場面になることが確実です。

本能寺の変真相 なぜ光秀は信長を殺したのか? 数ある諸説を検証!

日 ...

続きを見る

 

本能寺の変では先鋒を務め、山崎の戦いには参加せず

天正10年(1582年)6月2日未明。
戦国の世に激震を走らせた事件がついに始まります。

本能寺の変です。

秀満は光秀の命によって本能寺攻略の先鋒を務め、作戦そのものの成功に大きく貢献することになりました。
一番槍の武功を得たのは斎藤利三配下の安田国継とされますが、重要なのは信長の命を奪うことそのものであり、さらには二条にいた織田信忠も自刃に追い込み、明智家にとってまずは理想的な展開を迎えます。

信長に一番槍を喰らわせた安田国継! 本能寺の後は暴れん坊の宗茂や勝成と共に

安 ...

続きを見る

しかし、問題はその後。
程なくして明智家には暗雲が立ち込めます。

事態は、光秀らには都合が悪く、かつ当初の想定にはなかったであろう展開へと流れていきました。

信長の遺体を発見できず

・細川親子や筒井順慶らが協力を拒絶

・秀吉が中国大返しを強行

光秀は、毛利に釘付けにされると計算していたであろう羽柴秀吉豊臣秀吉)の軍勢とぶつかり、6月13日に【山崎の戦い】へと発展。
勢いや兵数の勝る秀吉相手に大敗を喫し、翌14日に光秀は絶命します。小栗栖(京都市)の藪で落ち武者狩りに遭い、殺されたというのが定説です。

※詳しくは以下の記事を

山崎の戦いで光秀がフルボッコにされた理由は本能寺からの流れでわかる

1 ...

続きを見る

秀満は、この重要な一戦・山崎の戦いには参加しておりませんでした。

戦力にならないから?
ではなく、むしろその逆で、最重要拠点の一つである安土城の守備を命じられていたのです。

地理的に言って安土城は、西から
・京都
・坂本城
・琵琶湖
・安土城
・岐阜城
と並び、東海北陸地方からの交通を押さえるポイントです。そこを任されたという点からも秀満の存在感が窺い知れます。

しかし、光秀が秀吉に負けた以上、その意味もにわかに消失。
敗戦の一報を聞いた秀満は、安土城を脱出して、坂本城を目指しました。

その途中、琵琶湖近郊の打出浜で、秀吉方の武将であり信長の側近でもあった堀秀政と戦い、敗れ、逃げ延びる形で明智本拠の坂本城へと向かうのです。

なお、安土城を去るにあたって秀満は、天守に火を放ったとも伝わっています。
が、史料的な裏付けは乏しく、文化財を重んじる秀満がそんなことをするはずがないという反論もあって真実は闇の中です。

ともかく、信長に寵愛されていた光秀の重臣という立場から、一転して「重要指名手配犯」に成り下がってしまった秀満。
安土城から坂本城へ急行する場面で、彼を有名たらしめたエピソードが残されています。

 

「明智左之助の湖水渡り」は真実か否か

打出浜で堀軍に敗れ、絶体絶命の危機を迎えた秀満は、単騎で戦場を離脱し、坂本城への帰還を果たそうと考えました。

しかし、陸地は四方を敵に囲まれ、突破が難しい状況であることは明白。
そこで秀満は、打出浜に近接していた琵琶湖に馬を引き入れ、湖を馬に泳がせる形で戦場を離脱したという伝説があるのです。

【明智左馬助の湖水渡り】
と呼称され、現代でも人気小説のモチーフにされるほどの知名度を獲得しております。

そうは言っても「馬で琵琶湖を渡るというのは無理であろう」というのが現実的な見方です。
打出浜から坂本城のある対岸までは距離にして数キロ以上あり、馬上で湖を渡るなんて芸当できるワケがありません。

この伝説は秀吉の功績をまとめた『川角太閤記』に収録されていますが、近年の研究においては「坂本城まで逃げ延びたのは事実だが、逃走手段は馬ではなく舟であろう」と指摘されており、それがごく自然な見立てかと思います。

もっとも、今回の伝説で疑わしいのは「秀満が跨ったまま馬に長距離を泳がせた」という点であり、「馬が泳ぐ」だけなら問題ありません。

我々が考えているよりも馬は泳ぎが上手であり、現代競馬においても、故障明けの競争馬やリラックスを目的としての「プール調教」が存在するほど(JRA)。

もしかしたら主の秀満が舟に乗った後、単独で琵琶湖を泳ぐ愛馬の姿を堀軍の兵士らに見間違えられたのかもしれません。
だとしたら、それはそれで面白い話であります。

 

坂本城入城後は光秀妻子を殺害したうえで自害した

坂本城へとたどり着いた秀満は、敗色が色濃いことを悟り、事後処理に奔走しました。

まず、敵に処刑されることが確実であった光秀の妻子を自らの手で絶命させ、追撃してきた堀秀政に対し、坂本城内に存在した文化財を譲り渡しました。

そこで文化財と目録を確認した秀政が、秀満の愛用していた脇差が存在しないことに気づきます。すると……(※続きは次ページへ

次のページへ >



-明智家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.