絵・富永商太

伊達家

今なお政宗が担ぎ上げられるのは仙台藩vs薩摩藩の因縁から【東北戦国譚】

更新日:

あと十年、あるいは二十年早く生まれていたら、天下を取れていた――。

そんな風に囁かれたりする東北の英雄・伊達政宗
歴史ロマン溢れるこの問い掛けは、戦国ファンにはおなじみですが、現実的にはまずありえません。

当時の史料を見れば、政宗の想定する領土拡張範囲はせいぜい奥州。
関東だって「もしかしたら行けるかも……」程度の認識です。

東北の農業生産力は低く、人口も限られており、天下ははるか遠くにある状態でした。
降雪のため冬は進軍できませんから、その時点で厳しいのです。

では、なぜこんな話が広まったのか?
と言えば、おそらく、戦国時代を知らない徳川家光相手に政宗本人が吹聴していた話あたりが元ネタになったのでしょう。

「なるほど、政宗のビッグマウスのせいだったか。後世の人々まで、ころりと騙されおって」
と言えば、確かにその通りかもしれませんが、そんな与太話が江戸時代を通じて現代にまで残った――という事実については、見逃せないところであります。

いくら話の種として優れていても、何らかの燃料が投下されないと、途中で火は消えてしまうものです。

それでも現代まで残ったのは、なぜか?
背景に大名の意地や見栄がありました。

 

最強の外様大名は誰だ?(加賀百万石除く)

江戸時代、仙台藩は地方の大藩になりました。
江戸や近畿地方以外から睨みを利かせる、そんな存在と言いましょうか。

農業生産性も向上し、次第に米どころとしても定着。
都市部へお米を送り出す、重要な生産地にもなりました。

そんな仙台藩のライバルが、南の薩摩藩です。

外様大名トップは誰だ――。
と考えると、加賀百万石には敵わない。けれども薩摩には負けられない。

日本の北と南にある大名同士が、ライバルになる。
江戸城で大名同士が顔を合わせるゆえに、対抗意識が息づいておりました。

これはメンツを重んじる武士ならではの、逃れられない性質とも言えましょう。

 

「幸村の血を引く者たちをゲットだぜ!」

では、大名たちの対抗意識はどんな場面で発揮されたか?

いくつか項目を挙げてみます。

具体例を見てみますと……。

大坂の陣後、伊達家では片倉重綱を通じて真田信繁真田幸村)の子供たちが保護されました。

勇壮なる信繁の血を残すことは武家にとっての誉れ。
そんな美談にもなりますが、単純にそれだけとも言えない。

「俺んちで、あの幸村の血を引く者たちをゲットだぜ!」

レアポケモンやカードをゲットする感覚ですね。

幸村の娘・阿梅姫を救った片倉重綱!大坂の陣から100年後に仙台真田氏が復活

「 ...

続きを見る

その真田本家では、真田信之の後にちょっとしたお家騒動があり、石高を盛ったりする事例もありました。

最も盛りやすいのは、戦国時代における藩祖のエピソードや合戦武勇伝ですが、これは伊達氏と島津氏に限ったことではなく、全国諸大名たちの功績が同様に飾られておりますね。
各家や武将を扱った『軍記物語』などがわかりやすい一例でしょうか。

本来なら史実の戦国武将だけでも十分に魅力的で、ありのままで素晴らしいものです。
でも、それだけでは終わらなかった。

薩摩藩主1~12代まとめ「島津に暗君なし」という評価はホンモノか?

戦 ...

続きを見る

これを手放しで喜んでいられないのが、それぞれの地の領民たちでした。

 

領民から見ればはた迷惑でしかないが

藩主たちの意地――。
領民からすると、それははた迷惑なプライドとも言えます。

飢饉その他の状況で、慢性的に財政が悪化していった江戸時代。
藩主のプライドのために、増税されてはたまりません。

官位を得るにせよ。
将軍家と結婚するにせよ。

なんだかんだで金が必要になるのです。

映画『殿、利息でござる!』の背景は、まさしくこの状況であり、当作品において仙台藩領民が増税に苦しんでいたのも、背景には殿のプライド問題がありました。

仙台藩第7代藩主・伊達重村は、薩摩藩第8代・島津重豪に、どうしても負けたくなかった。
それゆえ、領民の税で官位を欲しがったのです。

『殿、利息でござる』重税に苦しむ仙台藩の領民を通じて江戸期の限界を知る

タ ...

続きを見る

 

外様大名頂上決戦の勝敗は……

こうした外様大名の頂上決戦は、幕末から明治にかけて、残酷な決着がつけられました。

明治維新です。

薩摩藩が維新の覇者として君臨する中。
東北No.1というプライドから「奥羽越列藩同盟」を率いた仙台藩は、西軍相手に大敗を喫してしまいました。

奥羽越列藩同盟とは?戊辰戦争の東北31藩~中心は伊達家の仙台藩だったが

慶 ...

続きを見る

敗北した東北地方の人々は、以降、蔑視にさらされ苦しみます。

【白河以北一山百文】

白河の関から北は、何の価値もない荒地ばかりだ。
天下を狙った者もいない。つまらない土地だ。

と言われ続け、鬱屈しながら何かを探し求めたのです。

その際、多少クセが強くても、敗北感を払拭してくれるような、爽快で豪快な人物が求められました。果たしてそんな人物はいるだろうか……?

そう問われて浮上してきたのが、そうです、伊達政宗です。

江戸初期から醸成された意地や見栄の土壌は、政宗を担ぐことによって明治以降、再燃していくのです。

 

政宗をプッシュするあまり他は完全雑魚扱い

なんだか話が振り出しに戻るような不思議な気持でありますが、明治期以降における伊達政宗の名前はスター性を有し、なにより奔放で華麗でした。

中央に出ても引けを取らない、いわば一流の役者。
そんな政宗にあやかろうではないか。

実像だってもちろん魅力的ですが、政宗の虚実併せた経歴には、そんな人々の憧れ、願望、ロマンが反映されているのです。
ゆえに「十年、二十年早ければ天下も……」といった話が今なおまことしやかに残されているのでしょう。

現在の人物に喩えるならば、さしずめフィギュアスケーターの羽生結弦選手や、卓球の福原愛選手でしょうか。

東日本大震災で打撃を受けた仙台。
その地のアスリートが、世界を魅了するスーパースターとなり、仙台観光大使もつとめる彼らは、東北の思いも背負っているのです。

◆仙台市

しかし、こうした動きには問題もありました。
伊達政宗をプッシュする余り、以下のような誤解を生じさせてしまったのです。

「東北の戦国大名で有名なのは、伊達政宗だけでしょ」

「あとは雑魚。政宗以外、ステータスが残念な奴ばっかり」

最上義光? あのギリニで、伊達政宗を毒殺しかけた奴でしょ? やーねー……」

要するに、東北は政宗以外みんな雑魚に分類される。
そんな辛い現象です。

実際、人気がないせいもあってか。
東北戦国史は書籍も入手しにくい状態が続き、最近やっと改善されつつあります。

2017年秋は『東北戦国史』祭りじゃ! 政宗&義光の代表的3作をピックアップ

2 ...

続きを見る

なぜ戦国武将の評価はコロコロ変わる?特に最上義光の人気は乱高下しすぎ!

歴 ...

続きを見る

そこで本サイトでは、これから東北戦国史に注目をしたいと考えております。

例えばこれまで、「会津執権」と呼ばれ、蘆名氏を支えた名将・金上盛備(かながみもりはる)や。

金上盛備~会津執権と呼ばれた名将が摺上原に斃れた理由【東北戦国譚】

天 ...

続きを見る

伊達成実や片倉重綱。

伊達成実79年の生涯をスッキリ解説!一門の貴公子が政宗に与えた勇気

独 ...

続きを見る

幸村の娘・阿梅姫を救った片倉重綱!大坂の陣から100年後に仙台真田氏が復活

「 ...

続きを見る

あるいは庄内地方で大名クラスの力を有した国衆の大宝寺義氏(悪屋方)など。

悪屋方こと大宝寺義氏はブラック領主?なぜ秀綱は味方した?【東北戦国譚】

春 ...

続きを見る

個性豊かな武将を取り上げさせていただきました。
今後も定期的に取り揃えていく予定ですので、皆様、今後もご愛顧いただければ幸いです。

文:小檜山青

【参考文献】
『芦名四代』(→amazon
『会津芦名一族』(→amazon
『会津ちょっといい歴史』(→amazon
『東北の中世史4 伊達史と戦国騒乱』(→amazon
『東北の中世史5 東北近世の胎動』(→amazon
『戦国時代の南奥羽社会』(→amazon

 



-伊達家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.