前田利長

前田利長(高岡古城公園・富山県高岡市)

前田家

前田利長(利家の嫡男)加賀百万石への道!偉大な父を持つ二代目53年の生涯

永禄5年(1562年)1月12日は、前田利長が誕生した日です。

あの前田利家の嫡男であり、母は大河ドラマでもお馴染みの「まつ」こと芳春院

二人から生まれた利長は、百万石として知られる加賀藩としては初代藩主になります。

ここまで大藩の祖にしては若い頃の経歴が不明な利長ですが、父親の足跡と共にその生涯を見て参りましょう。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

前田家の混乱期に生まれた前田利長

利長が生まれた永禄5年(1562年)と言えば、前田家も織田家もまだまだ黎明期。

あの【桶狭間の戦い】が永禄3年(1560年)のことですから、利家が「特別に苦労を強いられていた時期」でもあります。

というのも利家は永禄2年(1559年)、信長お気に入りの茶坊主を斬り殺してしまい、織田家への出入り禁止を喰らっていたのです(笄事件)。

まんが戦国ブギウギ5話「笄斬り」で若き利家、織田家から追放!

続きを見る

織田家へ戻るのを許されたのは、その約2年後の永禄4年(1561年)。

森辺の戦い】で、足立六兵衛(首取り足立)という敵の猛将を討ち取ってからのことですから、利長が生まれたのは織田家に復帰後間もない頃のことですね。

そこまでの流れをチャートでまとめますと……。

◆利家が織田家を追放される(永禄2年)

◆桶狭間の戦いで利家も勝手に参戦して頑張るがまだ許されない(永禄3年)

◆森辺の戦いで復帰を許される(永禄4年)

◆長男の前田利長が生まれる(永禄5年)

信長が家督を継ぎ本能寺で斃れるまで、織田家はずっと激動でしたが、それでもこの時期の前田利家は特にキツかった頃でしょう。

そんなときに長男が生まれたのですから、利家にとっては非常に励みになったと思われます。

前田利家
槍の又左こと前田利家 史実の人物像に迫る!加賀百万石62年の生涯

続きを見る

 

信長の四女・永姫を嫁に

右も左も、いつになっても敵だらけ。そんな織田家にとって、大事な家臣に次代を担う男児が生まれたことは非常に喜ばしいことでした。

その証拠に利長は、幼いうちから信長に仕え、19歳で信長の四女・永姫(玉泉院)を正室にもらっています。

信長が自分の娘を与えるということは「お前には期待してるから、よく励めよ」というサイン。

利長は晴れがましく、また気の引き締まるような気持ちになったことでしょう。

たとえ、当時永姫がたった7歳だったとしても……と、これは別に信長がテキトーに選んだわけではなく、永姫より年上の女児たちがすでに全員お嫁に行ってしまっていたからです。

長女の徳姫は松平信康徳川家康の長男)へ。

松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた? 謎多き諸説を考察

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

次女の冬姫は蒲生氏郷へ。

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

三女の藤姫(秀子)は筒井定次(筒井順慶の養子)へ。

筒井順慶(大和の戦国大名)36年の生涯! 松永と戦い 明智と豊臣に挟まれ

続きを見る

いずれも織田家と結びつきの強い一族に送られていますので、それだけ前田家も重要視されていたことがご理解できるでしょう。

しかし……。

婚儀の翌年、突如、不幸に見舞われます。

当の信長が【本能寺の変】で討死してしまうのでした。

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-前田家

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)