織田家

信長の遺体は清玉上人が阿弥陀寺で埋葬した?本能寺もう一つのミステリー

天正十年(1582年)6月2日は、本能寺の変があった日です。

京都の本能寺に滞在していた信長が、家臣の光秀に謀反を起こされ命を落とす――という突然のクーデター。

なぜ光秀がそんな真似をしたのか?

という動機は今なお日本史最大のナゾとされ、以下の記事に考察を載せておりますが、それとほぼ同じく不思議なのが【信長の遺体】です。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

光秀が三日天下で終わったのは、遺体を入手できなかったのが影響したという見方もあります。

では、一体誰が隠し、あるいは埋葬したのか?

そこで浮上してくるのが清玉上人という名前です。

史料的価値は疑問視されているのですが、阿弥陀寺の『信長公阿弥陀寺由緒之記録』に、この清玉上人が遺灰を持ち帰り、供養したと伝わっているのです。

本稿では、その状況を辿ってみましょう。

 

信長に庇護されていた京都・阿弥陀寺の清玉上人

長島一向一揆や石山本願寺、あるいは比叡山と激しい戦いを繰り広げたせいか。

長島一向一揆で2万人を虐殺! 信長が宗徒を徹底的に潰した理由とは

続きを見る

比叡山焼き討ちの死者は意外と少ない? 信長の数千人虐殺&大炎上は誇張か

続きを見る

織田信長は寺社仏閣に高圧的な人物と思われがちですが、実際は、むやみやたらに敵対していたわけではなく、真面目な聖職者には庇護を与えておりました。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

阿弥陀寺の清玉上人も、そんな一人でした。

この寺は、光秀とゆかりの深い近江坂本に創建されたお寺で、その後、信長に帰依され、京都に移転していました。

ときの天皇である正親町天皇も帰依しており、阿弥陀寺を勅願所と認めたり、清玉上人には東大寺の勧進職を任せたりしていました。

正親町天皇が戦国時代を生き抜く! ド貧乏だった皇室は信長に救われた?

続きを見る

織田家からも、寄付なり何なりかの庇護を受けていたことでしょう。

阿弥陀寺は当時、本能寺から4kmほど北西の位置にありました。

現代では、京都御所を挟んではす向かいといった位置関係です。

高層建築が少なかった当時、本能寺で事が起きた早朝には、さぞかし阿弥陀寺へも喧騒や炎の明るさが届いたことでしょう。

阿弥陀寺(京都)

信長はたびたび本能寺を在京時の宿所にしていました。

それだけに清玉上人が「もしや信長様に何かあったのでは?」と連想したであろうことは想像に難くありません。

前日6月1日には、公家や僧侶を40名ほど集めて茶会も催していますから、清玉上人も呼ばれていたかもしれませんね。

 

「遺骸が敵の手に渡らぬよう火葬をしている」

もともと寺の朝は早いもの。

2日未明に起きた事件の当日、清玉上人は本能寺へ駆けつけたと伝わります。

しかし、時既に遅し、でした。

本能寺は既に燃えており、おそらく常日頃から蓄えられていた火薬にも引火して爆破、無残な状況です。

信長の足取りを探るべく、清玉上人も周辺を歩いて回ったとされます。

なんとか残った柱や焼け落ちた木材には、まだ火種が赤く煌々としていたことでしょう。

そして本能寺の近くの藪を通りかかったとき、火を焚いている武士数名に出会います。

話を聞いてみると「信長の遺命で、遺骸が敵の手に渡らぬよう火葬をしている」とのこと。

これを聞いた清玉上人は「では、葬儀と墓所は私どもで承ります」と請け合い、火葬が終わった後の骨を阿弥陀寺へ持ち帰りました。

火葬を行っていた武士たちは、その後、信長の後を追ったとか。明智軍へ挑んでいったとか。話は枝分かれしています。

清玉上人は信長だけでなく、織田家全体に大きな恩を感じていたようで、本能寺の変で亡くなった他の武士たちも弔ったといわれています。

その中には、森蘭丸(成利)ら森家の三兄弟と、信長の跡取りである織田信忠も含まれていました。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

信忠は二条御所を明智軍に取り囲まれ、自刃していたのでした。

ゆえに清玉上人が信長の遺骨を阿弥陀寺に運んでから、もう一度二条御所へ行ったのか、別の僧侶か武士に頼んで運んできてもらったのか……その辺は不明です。

この説で行くと「明智光秀信長の遺体を探しても見つからなかったのは、清玉上人たちが素早く火葬を行ったから」ということになりますね。そして……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.