蒲生氏郷/wikipediaより引用

織田家 信長公記

秀政や氏郷が信長の前で相撲! 安土に集結した1,500人の力士~信長公記169話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
安土に集結した力士1,500人
をクリックお願いします。

 

14人はその場で信長に召し抱えられ

【永田正貞vs阿閉貞大】は……正貞の勝ち!

貞大のほうが技量や体格・力に恵まれていたため、当然、勝つと思われていたそうですが、正貞が勝ちました。

著者である太田牛一は「正貞の運が良かったのか、それとも本当に強かったのかわからない」というような書き方をしています。

この日は多くの景品が用意されており、力士たちは代わる代わる頂戴していったそうです。

また、特に良い相撲をとった14人はその場で信長に召し抱えられ、刀や衣服・領地百石・邸などが与えられました。

特に著名な人物はおりませんが、折角の機会ですから名前だけでも記しておきましょう。

【相撲大会で雇われた14人】

・東馬二郎
・たいとう
・づこう
・妙仁
・ひしや
・助五郎
・水原孫太郎
・大塚新八
・あら鹿
・山田与兵衛
・円浄寺源七
・村田吉五
・麻生三五
・青地孫二郎

織田軍に限らず、戦場は土木工事も多いので、力自慢の彼らはそういった面でも役に立ったことでしょう。

 

本願寺を囲む砦に監査役を派遣

相撲大会の二日後、播磨へ出陣していた織田信忠が帰還しました。

それからおよそ半月ほどした9月9日に、再び相撲大会が行われています。

こちらの会については詳細が書かれていませんが、織田信忠と織田信雄に見物させたそうですので、息子二人にも剛の者を召し抱えさせよう……と考えたのかもしれません。

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

9月15日、今度は大坂の各砦で対陣している織田軍の監察役として、お小姓衆・お弓衆・お馬廻り衆を20日交代で派遣することにした、とあります。

石山本願寺との睨み合いが長期化していたため、急かす意味もあったのでしょう。

本願寺攻めの総責任者は、織田家の筆頭家老・佐久間信盛です。

後々彼に突きつけられた折檻状の内容からすると、おそらくこの時点で、信長は信盛のやり方に不満を持っていたのでしょうね。

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

9月23日に信長は京都へ向かい、途中で瀬田の山岡景隆の城へ宿泊。

信長が歴史的戦場「瀬田の唐橋」を架け替えた意外な理由とは?信長公記124話

続きを見る

翌日入京し、二条御新造へ入りました。

しばらくは京都・大坂での活動が続きます。

あわせて読みたい関連記事

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

続きを見る

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた切ない理由とその生涯

続きを見る

堀秀政は信長に寵愛され秀吉に信頼された「名人久太郎」38年間の武将人生

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

信長が歴史的戦場「瀬田の唐橋」を架け替えた意外な理由とは?信長公記124話

続きを見る

信長の相撲愛は貴乃花親方にも負けズ!趣味と実益兼ねた恒例イベントだった

続きを見る

信長のHolidayは琵琶湖の畔で~相撲と鷹狩がワシの息抜き~信長公記162話

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家, 信長公記

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)