織田家

もしも爆笑問題が「本能寺」ネタで『日本史原論』風漫才をしてみたら?

爆笑問題の漫才って最高ですよね。

彼らの持ち味は時事ネタとされていますけど、歴史好きにとっては『日本史原論』が抜群にイケてる!

最近はKindle版でおまとめセットなども売っていて、読み返すとやっぱりオモシロイのですが、新刊が出るまでには至ってないんですよね。

そこで僭越ながら勝手に書いてみました。

今年の大河が「明智光秀」なので日本史原論をオマージュした「本能寺の変」です。

本人じゃありません。

あくまで武将ジャパンで考えてみたものですのでよろしくお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

『本能寺の変』を日本史原論風の漫才にしてみたら

田中:いやぁ、今回の事件は大変だったね。まさか織田信長が討たれるとは

太田:あぁ、本能寺の恋な

田中:「変(へん)」だよ!

太田:蘭丸と光秀が爪でひっかきあって、止めるの大変だったんだぜ

田中:だから「恋(こい)」じゃなくて変! というか、オマエは誰なんだよ

太田:牛一ですけど

田中:それは信長の家臣の太田牛一! おまえは太田光だろ! でも、光秀はなんでこんな事件を起こしたのかね

太田:ナゾとされてるけどね

田中:おっ、何か知ってるの?

太田:徳川家康とか豊臣秀吉の陰謀説とかあるだろ

田中:おっ、なんか、マジっぽいね

太田:オレも調べてみたらさ

田中:うん

太田:どうやらウ◯コが臭かったらしいんだ

田中:ワケわかんねーよ! たしかに、信長が家康を接待するときに、光秀の出した『鮒(フナ)寿司』が臭い!って怒られた話はあるけどさ

太田:フナじゃなくてアユだったら二次会のカラオケで盛り上がったかもしれないのにな

田中:女子高生じゃないんだから歌うわけないだろ! そもそも、だいぶ古いよ!

太田:そうか今の若い子は西野かな?

田中:西野カナだよ! 疑問の「かな?」じゃないんだって

太田:でも、あれでしょ。まだ信長の死体が見つからないんでしょ?

田中:そうみたい。阿弥陀寺の和尚さんが遺体を運んだって噂もあるけどね

太田:あぁ、児玉清さんな

田中:清玉上人だよ!

太田:赤の光秀さんもボタンを押したが、緑の秀吉さんが早かった。三日天下にアタックチャーンス!

田中:くだらねぇよ!

信長の遺体は清玉上人が阿弥陀寺で埋葬した?本能寺もう一つのミステリー

続きを見る

田中:でも、秀吉の動きがとても早くて、明智光秀が準備ができなかったのは確かだよね

太田:いやぁ、それは、光秀がバカなだけだね。ノンキに連歌会を開いてアユを歌ってたぐらいだからな

田中:だから、カラオケじゃないって! 和歌の方だよ!

太田:あぁ、そっちのね。たしか、光秀が詠んだのは

「時は今 天知茂と 五月みどり」

だっけ?

田中:今の若い人は、絶対誰もわかんねーよ! ちょっと惜しいよ!

正しくは、

「時は今 天が下知る 五月哉(ときはいま あめがしたしる さつきかな)」

だろ

太田:しかし、こんなバレバレの歌を読んで、よく信長に気づかれなかったよな

愛宕百韻で光秀が詠んだ「ときは今 あめが下知る 五月かな」の意味は?

続きを見る

田中:それが後で大変だったらしいよ。もともと歌会を主催したのは里村紹巴(さとむらじょうは)という有名な連歌師だったんだけど、秀吉に詰問されて

太田:「オレを仲間ハズレにしやがって!」とか怒られたんだろうな。なんせ秀吉は、毛利との合戦を取りやめて慌てて帰ってきたぐらいだから、相当参加したかったんだよ

田中:違うよ! それは「中国大返し」だろ! 連歌会は本能寺の変の前に開催されたの!

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

太田:参加者は、マキシマムザホルモンとか、エレカシとか、サカナクンとかだっけ? 結構なプレミアチケだから急いで戻ってきたんだな

田中:なんで「フジロック2018」なんだよ! サカナクンじゃなくてサカナクションな!

太田:天皇陛下も「さん」づけしてたのに「ション」って、一体、何考えてるんだろうな

田中:しらねーよ! てか、歴史全然関係なくなってるだろ!

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.