織田信澄

安土城にある織田信澄邸跡(右側には森蘭丸)/wikipediaより引用

織田家

信長の甥っ子で光秀の婿殿だった津田信澄~本能寺後に迎えた不運とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
津田信澄
をクリックお願いします。

 

蘭奢待切り取りの奉行も務めた

幸い、信澄もその弟たちも、大きな問題は起こさずに成長しました。

信澄個人の性格や暮らしぶりについては、目立ったエピソードがないほどです。

生い立ちを考えれば、順調すぎるほど順調だったからこそ、何も伝わらなかったのでしょう。

元服後には信長主催の茶会に出たこともありますし、信長が正親町天皇から蘭奢待の切り取りを許されたときには、奉行の一員を務めています。

蘭奢待
信長と天下の名木「蘭奢待」東大寺正倉院の宝物をどう楽しんだ?

続きを見る

蘭奢待の件が1574年ですので、信澄は数えで20歳を超えたかどうかといったところ。

日頃の態度や能力に問題がなく、若いうちから信長の信頼を得ていたものと思われます。

1578年あたりからは津田姓を名乗っていたようで、同時期に従兄弟である織田信忠に従い、戦場へもたびたび赴くようになります。

織田信忠
信長の嫡男・織田信忠(奇妙丸)ってどんな人?最期は光秀に狙われて

続きを見る

 

京都御馬揃えでも一門衆の5番目ポジション

初陣を果たしたのは天正三年(1575年)の越前一向一揆です。

越前一向一揆
越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛だった

続きを見る

その後は近江に領地を与えられたり、明智光秀の丹波攻略に参戦。

程なくして光秀の娘を正室にもらい、天正七年(1579年)には長男も生まれています。

さらに、石山本願寺との戦いや荒木村重征伐にも参加したり、信長の趣味兼人材発掘の場である相撲興行でも奉行を務めました。

堀秀政や蒲生氏郷などと一緒にやっているので、重臣だった両者と同じくらいの扱いは受けていたのでしょう。

堀秀政
信長に寵愛され秀吉に信頼された堀秀政~名人久太郎38年の武将人生

続きを見る

蒲生氏郷
信長のお気に入り蒲生氏郷は史実でどんな実績が? 40年の生涯まとめ

続きを見る

信長の一大軍事パレードである【京都御馬揃え】の際も、一門衆の五番目に位置しています。

これは信長の長男・次男・弟・三男の次ですから、決して低い立ち位置ではありません。

①長男・織田信忠
②次男・織田信雄
③弟・織田信包(のぶかね)
④三男・織田信孝
⑤甥・津田信澄(織田信澄)

京都御馬揃え
信長主催の軍事パレード「京都御馬揃え」はメンツも衣装もド派手過ぎ

続きを見る

とはいえ欲がなかったわけではなく、伊賀平定の際は自ら大和(現・奈良県)を希望して、諌められたこともありました。

その後も四国攻め計画で大阪駐屯を命じられたり、丹羽長秀とともに家康の接待を命じられているので、これで信長の心証が悪化したというわけでもなさそうです。

丹羽長秀
信長に友と呼ばれた織田家の重臣・丹羽長秀 その生涯65年まとめ

続きを見る

これらの待遇からして、やはり信長は信澄を「今後の織田家を支える人物」の一人にするつもりだったのでしょう。

しかし、信澄にとってはそれがあだになってしまいました。

というのも……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-

×