島津義弘/wikipediaより引用

島津家

戦国一のクソ度胸【島津の退き口】はなぜ成功した?関ヶ原の敗戦で敵陣へ凸

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
島津の退き口
をクリックお願いします。

 

本国からの派兵ナシ そこで駆けつけたのが……

参戦するつもりではなかった=兵も軍備も整っていなかった島津軍。

義弘はあっちこっちに声をかけて兵数を集めるのですが、同時に国許へも「かくかくしかじかでちょっと困ってるからしばらく帰れません」と使者を出しました。

それが恥ずかしかったのでしょう。

長宗我部盛親が軍役よりはるかに多い5,000の兵、立花宗茂も同じく軍役より多い4,000もの兵を引き連れているのに、薩摩の軍は1,000人足らずで情けない」という書状を家来に送っています。

立花宗茂
立花宗茂が戦国最強と称されるのはなぜ? 浪人から大名へ復活を遂げた生涯

続きを見る

石高を考えれば長宗我部家は2,000ほど、立花家は1,300ほどが課される相場だったようで、その2倍、3倍を引き連れていたんですね。

むろん義弘も国許の兄・島津義久や実子・島津忠恒に派兵の要請を何度も出しておりました。

島津義久
島津義久(四兄弟の長男)が九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

島津忠恒(四兄弟の跡継ぎ)は鬼島津の息子なれど謀殺や嫁いびりが酷い?

続きを見る

が、ことごとくスルーされてしまいます。

島津“家”としては、東西いずれかに加担するのは危険だと判断したのでしょう。

どちらにせよ島津義弘が嘆きたくなるのも無理はありません。

それだけに義弘の窮状を聞きつけ、取るものもとりあえず中馬重方がはせ参じたのは嬉しかったことでしょう。

途中で他人の武具を強奪したとか、色々と説がありますが、どちらにしろ寝る間を惜しんで上京したのは確かなようです。

なぜ、そこまでするのか。現代人からするとちょっと不思議ですよね。

理由は至ってシンプルなもので、重方は義弘に大きな恩があり、また義弘も重方を気に入っていたのです。

 

開戦!関ヶ原

昔、重方は上司とソリが合わずに領地も身分も没収されてしまったことがありました。

しかし義弘には目をかけられていて、いろいろ没収されている間も米を貰ったり、朝鮮の役にお供をして武功を立てるチャンスを与えられたりと、命の恩人といっても過言ではないくらい助けてもらっていたのです。

その人が上方で困っているのですから、「いざ上方!」と勇み足になるのも無理はありません。特に気性の熱い薩摩隼人ですしね。

そして関が原の戦いがいざ開戦。このとき島津勢は、後ろの第二陣に控えておりました。

強力な島津勢をなぜ背後に置いたのか?

通説では【島津豊久が家康本陣への夜討ちを提案したところ断られ、石田三成と島左近に恨みを抱いた】なんて話もありますが、それは義弘の家来の話が誇張されただけでしょう。

島津としては第二陣で出番を待ち構えていたところ想像以上に早く西軍が総崩れとなってしまったため、参戦の機会を失った――という指摘があり、そちらの方が信憑性が高そうです。

ともかく戦況を見つめる島津軍としては、西軍の勝利を祈るばかりですが……。

そこで起きた小早川秀秋勢の裏切り。

小早川秀秋(秀吉の養子)は本当に裏切り者だったのか? 21年の儚い生涯

続きを見る

秀秋は当初から東軍だったよね?という見方のほうが正しそうですが、ともかく小早川勢に続いて

脇坂安治
朽木元綱
・赤座直保
・小川祐忠

という四武将も東軍に寝返り、瞬く間に西軍は崩れていきます。

脇坂安治
七本槍の一人・脇坂安治が明智→豊臣→徳川を渡り歩く~中書様と呼ばれて

続きを見る

朽木元綱
信長のピンチを救った朽木元綱「朽木越え」をご存知? 名門武将84年の生涯

続きを見る

敗走する宇喜多勢が、島津の陣所にまで雪崩くる気配があり、豊臣家内での骨肉の争いに失望しつつ、そこで義弘は「5,000の薩摩兵がいたら勝てた」と幾度かつぶやいたと言います。

それは同時に、類稀なる撤退戦を覚悟した言葉でもありました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-島津家
-