武田と徳川の密接な関係

武田二十四将(左)と徳川家康/wikipediaより引用

徳川家

信玄や勝頼と死闘を繰り広げた家康がその後は武田家を尊重した理由

徳川家康のドラマが描かれるとき、必ずその前に立ちはだかる恐怖の軍団――それが信玄や勝頼の率いる武田家でしょう。

特に【三方ヶ原の戦い】では絶体絶命のピンチに追い込まれ、九死に一生を得る展開。

ならば家康は武田家のことを憎んだのか?

と言ったらむしろ逆で、武勇を誇る一族家臣団を尊重し、実にその縁は江戸期に成熟する文化と相まって幕末まで続きます。

死闘から始まりながら、その後も長く不思議な縁が続いた武田と徳川。

その歴史を振り返ってみましょう。

 

信玄の娘・見性院が産んだ勝千代は

天正10年(1582年)2月、織田徳川連合軍は武田家へ攻め込みました。

その直前に、木曽義昌が武田を裏切り、激怒した勝頼が一族を処刑。これを契機に織田軍が木曽から、徳川軍が駿河から武田領へ攻め込んだんですね。

窮地に追いやられた武田軍では、穴山信君(穴山梅雪)が「自身が武田家を継ぐことを条件」に織田徳川軍へ寝返ります。

信君(のぶただ)は武田の親族衆かつ信玄の娘婿です。

『どうする家康』では田辺誠一さんが演じていますね。

※以下は穴山信君の関連記事となります

穴山信君(穴山梅雪)
穴山信君は卑劣な裏切り者なのか?信玄の娘を妻にした武田一門の生涯

続きを見る

しかし、同年6月に【本能寺の変】が起きると、上方にいた穴山信君は帰国の道中で野盗に討たれてしまい、その後、穴山家を庇護することにした家康は、家臣と妻子を預かりました。

妻とは、信玄の娘で、信君の正室である見性院。

そしてその息子である勝千代を武田家の後継者として、家康は後見したんですね。

ところが、です。

5年後の天正15年(1587年)に勝千代が享年16で死去してしまい、子も無く、穴山武田家は御家断絶かと思われました。

 

武田名跡を継ぐはずだった家康五男

臣従に際して穴山信君は、武田家臣である秋山虎泰の娘・於都摩(下山殿)を側室として家康に差し出していました。

彼女は同盟関係の強化として送られたのでしょう。

天正11年(1583年)、於都摩に男児・万千代が生まれると、家康はその子を見性院に預けました。

信玄の娘を後見人とし、武田を継ぐ大義名分を強化。

残念ながら生母の於都摩は万千代9歳の時に亡くなってしまいますが、武田と徳川の血統と権勢をもって、武田家を継がせようとしたのです。

彼は武田信吉、あるいは松平信吉とされます。

武田の血筋も入り、家康としては一定の期待もしていたでしょう。

しかし残念ながら、生来病弱であった信吉は慶長8年(1603年)、子を残さぬうちに世を去ってしまいます。

享年21。

かくして信吉が治めていた水戸藩は、家康の11男である徳川頼房が治めることとなりました。

『どうする家康』において穴山信君が目立つのも、こうした理由があればこそでしょう。

ちなみに武田家は、信玄の末子である武田信清が上杉家に仕え、米沢藩士として幕末まで存続したのでした。

 

河窪信俊:鷹の恩返し

父が武田信虎で、信玄の半弟となる武田信実(のぶざね・河窪信実とも)。

徳川家康は、この信実に恩義がありました。

篠瀬(ささせ)という三河武士が浪人となり、信実に世話になったのです。

彼が許しを得て徳川に帰参する際、信実は家康に土産を持たせました。鷹狩りが好きだということを知り、素晴らしい鷹を二羽持たせたのです。すると……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家
-

×