揚州周延「味方ヶ原合戦之図」(明治18年(1886)。中央馬上の将は、徳川軍の殿を務めた内藤信成で、右後方で名槍「蜻蛉切」を持っているのは本多忠勝。左後方に山県昌景がいる

おんな城主直虎特集 徳川家 合戦

三方ヶ原の戦い【詳細編】合戦場を歩いて諸説を考察!なぜ家康は無謀な戦いを?

更新日:

武田信玄徳川家康が真正面からぶつかりあった「三方ヶ原の戦い」。

戦国好きにはつとに有名な戦いであり、同時に、謎に満ちた合戦でもあります。

今回は、実際に戦場を歩きながらあらためて諸説を見直してみたいと思いますので、よろしくお付き合いください。

【三方ヶ原(みかたがはら)の表記につきまして】

古くは「箕形原」と称されておりました。

「箕の形」の台地とも、その台地から見える富士山の形が「箕の形」だからとも言われていたのです。

そして当地が三ヶ村(和地村・祝田村・都田村)の入会地(柴刈をする共同所有地)になってから、現在の「三方ヶ原」という表記になったと伝わります。

その一方で、戦いが終わった後、「もっと多くの味方(織田信長の援軍)が欲しかった」がために、徳川家康が「味方ヶ原」と表記するように指示したとの説も……。

いずれにせよ本稿では「三方ヶ原」の表記で進めさせていただきます。

 

熟成しきった最強武田に若き徳川が立ち向かう

三方ヶ原の戦いとは、一体どんな戦いだったか?

まず一言でマトメておきますと……。

熟成しきった最強武田軍に対し、若き徳川軍が立ち向かって完膚なきまでに叩かれた――それが三方ヶ原の戦いです。

※戦いの基本事項を先に【5W1H】でまとめておきました。

基本DATA 内容
いつ(When) 元亀3年12月22日(1573年2月4日)
どこで(Where) 三方ヶ原
(静岡県浜松市北区三方原町周辺)
だれが(Who)  武田信玄軍30000人
(武田本隊25000※北条軍2000を含む+山県隊5000)
vs
徳川家康軍11000人
(徳川軍8000+織田軍3000)
なにを(What) 武田信玄が浜松城北部の三方ヶ原を横切る時、徳川家康軍が浜松城から出陣して戦となった
なぜ(Why) 徳川家康が出陣した理由には諸説あり(後述)
どのように(How) 夕刻=申の刻(午後4時)に出陣し、2時間の戦いで徳川家康軍は大敗。俗説では、武田軍の死傷者200人に対し、徳川軍は2000人の死傷者を出したという(諸説あり、実際は武田軍490人、徳川軍1080人か?)

続けて、戦いの基本として【浜松市見解】を押さえておきましょう。

以下は
『二〇一五年 徳川家康公顕彰四百年記念事業 浜松部会記念誌』(以下『記念誌』と略記)
に掲載されたものです。

「三方ヶ原合戦 二俣城を攻略した武田信玄は、十二月二十二日早朝には浜松方面へ進軍した(軍勢三万)。神増(かんぞう)付近で天竜川を渡り、秋葉街道を南進し、欠下付近(東区)で三方原台地へ上ったという。軍勢の一部は新原付近(浜北区)で三方原台地へ上ったという言い伝えもある(休兵坂伝承)。大菩薩山で陣を整え、追分から祝田(ほうだ)に至った付近で追撃した徳川勢(軍勢一万一千)との間で合戦となった。すでに夕暮れ時であった。石合戦から始まり、初めは互角の戦いであったが、やがて徳川勢が総崩れとなり、敗走した。家康も命からがら玄黙口から浜松城に逃げ帰った。追撃した武田勢は犀ヶ崖付近に本陣を構えた。夜半には徳川勢の夜襲もあり、混乱した武田方には犀ヶ崖に落ちて死傷した者も多かったと伝えられる。」

今回はこのレポートと現地マップに基づき、武田信玄の進軍ルートを歩きながら考察を進めます(※注目すべき地名を赤太字で表記しております)。

なお、上記で戦いのキッカケとされた「石合戦」とは、両軍が礫(つぶて・手に握れるサイズの石)を投げ合うことで、子供の遊びと笑えるシロモノではありません。

実際の戦闘では死傷者が出るものであり、中世ではしばしば戦場で用いられていたと伝わります。

 

信玄の進軍ルートを辿る

浜松市の『記念誌』によれば、三方ヶ原の戦いの前に、武田信玄は合代島に本陣を置き、周囲の諸城を攻めておりました。

二俣城を落とすと、次は見付の3里北(磐田市の中心地から12km北)にある磐田市神増の渡河点で天竜川を渡り、浜松平野北部を東から西へと移動。三方原の麓の欠下から三方原へ上り、大菩薩山の欠下城で昼食を取りながら全軍の到着を待ちました。

そして隊形を整えて三方原追分へ行き、そこから「三方ヶ原の戦い」の戦場へと向かったことになります。

磐田市神増の交通標識

「三方ヶ原の戦い」について書かれた市井の書籍には、武田軍が「秋葉街道を南進」という内容のものが多々見受けられます。

しかし「秋葉街道」は江戸時代に秋葉信仰が盛んになってからの呼称であり、当時の呼び方は「二俣街道」の方が相応しいでしょう。現在は、細い古道である「二俣街道」の西に太い新道が作られ、「飛龍街道」と名付けられています。

以下の「三方原合戦絵図」では、

三方原合戦絵図

秋葉街道の宿場町として栄えた宮口を通る東西の道を「秋葉街道」、南下する道を「二俣街道」として区別しておきましたが、実はどちらも「二俣街道」であり、後の「秋葉街道」であるのです。

そしてこの「欠下坂→欠下城(大菩薩山※1)→三方原追分」という武田信玄の進軍ルートは、「信玄街道」と呼ばれています。

「信玄街道」の石碑と案内板

「三方ヶ原の戦い」は小豆餅付近で繰り広げられ、徳川家康が北から南へ(小豆餅から銭取へ)と逃げると、武田軍は追撃し、浜松城の手前・犀ヶ崖付近に本陣を構えました。

しかし、夜襲もあってか、浜松城攻めを断念。三方原追分まで戻った武田信玄は、三方原追分から姫街道に入って西へ進み、刑部砦を築いて本陣として年を越し、正月に野田城(愛知県新城市)攻めへと向かうのです。

これが従来の三方ヶ原の戦い概略です。

参考までに……以下は、浜松駅と奥山(井伊家庶子家・奥山氏の本拠地)を結ぶ「奥山線」の路線図です(現在は廃線)。

浜松駅と奥山(井伊家庶子家の奥山氏の本拠地)を結ぶ「奥山線」の路線図(現在は廃線)

この路線は「半僧坊道」(高町半僧坊と奥山半僧坊を結ぶ街道)とほぼ一致しておりまして。

「元城」駅が浜松城跡で、そこから「銭取」駅→「小豆餅」駅と北上して行くと、「追分」駅の近くに「三方原古戦場」碑と「千人塚」があります。
「千人塚」は「戦人塚」であって、「三方ヶ原の戦い」戦死者の墓と考えられてきましたが、後の発掘調査により、古墳時代の古墳(円墳)であることが判明しました。

話を元に戻します。
以上、三方ヶ原の戦いの流れについて「何も問題はない」と思われていた通説ですが、にわかに風向きが変わるのです。

研究者の高柳氏が「戦いの始まりは小豆餅周辺ではなく、祝田坂を上った根洗松(ねあらいのまつ)付近」だとする新説【祝田坂上説】を発表、同合戦の再検討が始まったのでした。

三方原合戦絵図

 

いったい戦場はどこなのか? 高柳説に揺れる地元

この高柳説に驚かされたのは、三方原に住む郷土史家の方々でした。

彼らは
「祝田坂は、祝田村の人が三方原に上って柴刈をする道であり、行き止まり。当時は三方原追分と祝田坂を結ぶ“金指街道”は無かった」
と主張しましたが、逆に
「三方原追分と祝田坂を結ぶ“鳳来寺道(半僧坊道、現・金指街道)”があったのだ」
と切り替えされ、高柳説は学説(通説)となるのです。

根洗松の南に建てられた「三方原古戦塲」碑(三方原墓園(浜松市北区根洗町)駐車場)

祝田坂への旧道。武田信玄本陣の「物見の松」(「根洗松」「祝田の一本松」とも)

祝田坂

日没が近いというのに、なぜ遠回りしたのか(三方原追分から祝田坂に向かったのか)? 私には理解できません。

一説に、武田信玄は、平口から休兵坂を上り、本陣を「都田山※2」に構えて昼食をとり、そこから都田へ抜けようとしたら、道が険しかったので、祝田坂を使ったとも言われております。
「信玄遂ニ浜松ノ城ヲ攻ズシテ、平口村ヲ歴テ、引佐部刑部ニ赴キ、爰ニ越年ス」(『武徳編年集成』)

ともかく三方原に住む郷土史家の方々は、
「古戦場が小豆餅だと思い込んで、徹底的に調査をしなかった自分たちの責任である。怠慢であった」
と恥じて、三方原で徹底調査を行います。

そして、三方ヶ原の台地上を隈なく歩き回って見つけた痕跡の総数は、なんと、なんと2つ(「三方ヶ原の戦い」の痕跡は浜松城周辺に多く、これまで戦場での唯一の痕跡とされていた「千人塚」は、前述の通り古墳と判明しました)。

2つとは、「おんころ様」(武田信玄本陣・中川寺)と「精鎮(しょうちん)塚」(徳川家康本陣・本乗寺)です。

武田信玄本陣「おんころ様」(中川寺)

徳川家康本陣「精鎮塚」(本乗寺)

この2つの痕跡は、今は2つの寺に移されていますが、以前は共に姫街道の三方原追分と刑部砦の間にありました。

ここから導き出された主戦場は「東大山一里塚」付近。
つまり武田信玄は、三方原追分→戦場(東大山)→刑部砦と姫街道を東から西へと進んだことになります。

今川義元の母であり、氏真の祖母である寿桂尼が、初めて発給した文書は、大山寺宛のものでした。

この大山寺があった浜松市西区大山町には、東大山と西大山があり、それぞれの山頂に本陣を構えて……という流れであれば絵的にもわかりやすいのですが、実際は、そのような本格的な戦いではなく、2時間足らずの「ヒット&アウェイ」だったようです。

あらためてマトメます。

いったい「三方ヶ原の戦い」の戦場はドコにあったのか?

①小豆餅付近説(旧陸軍参謀本部『日本戦史 三方原役』)
②祝田坂上説(高柳光壽『戦国戦記1 三方原之戦』)
③大谷東坂上説(鈴木千代松『三方原の戦いの研究』)
④都田丸山南説(岩井良平『三方原の戦と小幡赤武者隊』)

上記のように①~④の4説あり、当初は「小豆餅付近」が通説でしたが、後に「祝田坂上」へと変わりました。

ところが「武田信玄本陣の物見の松」とされてきた根洗松が枯れ、その年輪を調べたら「三方ヶ原の戦い」の時にはまだ生えていなかったことが分かってから「丸山の南」説も急浮上しており、真相はまだまだ定まっておりません。

この話題はここまでとしておき、次に家康が無謀な戦いへ挑んだ理由を考えてみましょう。

 

なぜ徳川家康は籠城しないで出陣したのか?

徳川の軍勢11,000に対し、武田は30,000。
ここで取るべき戦略の定石は「籠城戦」です。

にもかかわらず徳川家康はなぜ、無謀とも言える「野戦」を選択したのか?

浜松城天守(徳川家康の時代には無かったという)

主に以下の4説があります。

説①浜松城(徳川家康)を無視して素通りしたので怒った【これまでの通説】
説②祝田坂を下るところを上から攻撃すれば勝てると思った【高柳説】
説③家臣、織田信長、領民に見放されるのが怖かった【小和田説】
説④「印地打ち(いんじうち)」(石合戦)が始まってしまい、なし崩し的に出陣した【鈴木説】

一つずつ詳しく見てみましょう。

 

説①浜松城(徳川家康)を無視して素通りしたので怒った【これまでの通説】

「我が国をふみきりて通るに、多勢なりというて、などか出てとがめざらん哉。とかく、合戦をせずしてはおくまじき。陣は多勢・無勢にはよるべからず。天道次第」(大久保彦左衛門『三河物語』)

少数が多数を負かせるとしたら、「奇襲」か「籠城戦」。
二俣城を落とすのに2ヶ月もかかってしまった武田信玄は、浜松城を落とすにも日数がかかると考え、徳川家康を浜松城からおびき出す方法を考えました。

それが「無視」です。

武田信玄が、浜松城を素通りしようとすると、徳川家康は「合戦をせずしてはおくまじき」と怒りに任せて出陣しました。
「若気の至り」(当時の徳川家康は31歳)です。

徳川家康は「勝ち負けは天道次第」と時々言いました。
家臣にしてみれば「そりゃ策略次第でしょ!」という気持ちだったかもしれません。
あるいは、織田信長が今川義元を討ち取った桶狭間の戦いを引き合いに出し、「小軍が大軍に勝ったのは、地の利にあり。此度の合戦、我等に地の利あり!」とかね。

 

説②祝田坂を下るところを上から攻撃すれば勝てると思った【高柳説】

『三方原戦記』には以下のようにあります。

「此時、家康公、鳥居四郎右衛門忠広を召され、物見の様子を仰せ付けらる。おっ付け、鳥居、立ち帰り、申し上げ奉るは、『人々、勇みかからんと申せ共、此度の御合戦は、御無用に遊ばさるべし。只今、信玄、大軍を一手に構え、山の際に伺い居て、勢い、猛虎の旗色なり。此軍、勝ち難し。早々、先手へ使者を遣わされ、軍勢を引き上げさせ給ふべし。若し又、戦わんと覚え召されんば、敵軍、祝田坂を登り候はん頃、上へ打ち崩し、無二無三に掛け立てなば、御合戦、勝利たるべし』と申し上げければ、家康公、聞き召し、殊の外、御機嫌悪しく御座有りて、御座をぞたたせ給ふ。」(『三方原戦記』※3)

11000対30000では、策無くして戦えば負けます。
徳川家康は、物見(鳥居忠広)の「此度の御合戦は、御無用に遊ばさるべし」(今回は戦わない方が良い)という報告を聞き、気分を悪くして座を外したにもかかわらず、「武田軍が祝田坂を下っている時に襲えば勝てる」と考えたようです。

坂の途中や下にいる兵はUターンして坂を上るのは不可能ですから、まずは、少数の坂の上の兵だけでも倒せば良い(「戦った」という実績を作れば良い)との判断。
しかし、実際、祝田坂へ行ってみると、武田全軍が、坂の上(三方原)に陣形を構えていたというのです。

 

説③家臣、織田信長、領民に見放されるのが怖かった【小和田説】

怒りに任せての出陣か。
勝算ありと思っての出陣か。
それとも「不甲斐ないと思われる事に対する恐怖心」からの出陣なのか?

「敵、我城辺を推て通るに、城内に居なから、出て一当、当てさらんは、甲斐なく聞ゆる」(『浜松御在城記』)

織田信長は、3000人の援軍を送りました。
この援軍を率いる将は、徳川家康の監視役だったといいます。
つまり信玄相手に何をするのか? と、家康の行動は、怖い怖い織田信長に見張られていたのです。

武田信玄の西上作戦の目的は、そもそも上洛ではなく織田信長を討つこと考えられたようです。家康に「壁になれ」と織田家から援軍を送ったのに、そこで何もしなかったら後が超怖い。
また、武田信玄と内通していないことをアピールするために出陣したとも囁かれております。

更には、もし何もしなかったら、「不甲斐ない!!」と家臣(遠江国の国衆)が武田方に寝返ることを恐れていたとも、あるいは浜松城に避難していた領民が「領主様は、私達のために何をしてくれるのだろう?」という目で天守を見上げており、その目が怖かったとも。

なんだかビクビクしている様子が、おんな城主直虎の阿部サダヲさんにはシックリきますね。

 

説④「印地打ち」(石合戦)が始まってしまい、なし崩し的に出陣した【鈴木説】

上掲の『記念誌』では、「石合戦から始まり、初めは互角の戦いであったが、やがて徳川勢が総崩れとなり、敗走した」とあります。

どういうことか?

騎馬武者が5騎、10騎と次々と浜松城を出て「物見」(斥候。偵察)、あるいは、「見物」(野次馬)に行くと、「小山田信茂の投石隊」と礫の投げ合いとなり、小競り合いを始めてしまったので、兵を浜松城へ戻そうと徳川家康が出陣すると、戦闘に巻き込まれてしまったのだそうです。

「浜松衆、為物見。十騎、二十騎づつ懸来取合之間、是を可引取之由曰家康公出馬之處、不慮に及合戦。」(『當代記』)

「翌日は極月二十二日なり。信玄既に軍を戻さん為めに、浜松の北・大菩薩を押通り、刑部へ赴かんとて、四郎勝頼、山県昌景を後軍として、士卒を繰出す。浜松勢、此由を聞きて、敵、引取るを見物せんとて、或は五騎、十騎と馳せ出で、或は二十騎、三十騎宛、思ひ思ひに抜け出でて、雑卒に礫を打たせけるが、程なく千人に及びければ、神君も止むことを得給はず、浜松を御出馬あり。」(『四戦紀聞』)

「二十二日、信玄、兵を率て井ノ谷に引入らんとす。勝頼及び馬場、山県、殿後たり。浜松の壮士、五騎、十騎馳出て、此を見る。吾兵、初め、礫を打懸たり。敵も亦、交礫を飛せたり。」(『武徳大成記』)

現在は、この鈴木説が「三方ヶ原の戦い」の発端(真相)だと考えられています。

学者はA説とB説のどちらが正しいかと論戦しますが、私はAもBも正しいと思います。
小さな判断ミスでも生死に直結する戦国時代では、Aだけを理由に動くことはなく、AでもBでもある(そうするのが最善だという理由が複数ある)から人は動くものだと思います。

もちろん、自説だけを肯定し、他説を否定する学者ばかりではありません。
たとえば高柳氏は「どうも家康は心ならずも戦闘に巻き込まれた、という感がしないでもない」(『三方原之戦』p125)と鈴木説を示唆しているのです。

本編ここまで。
次ページにて、オマケ&参考へと続きます。

著&写真/戦国未来

【参考文献】
・高柳光壽『戦国戦記1 三方原之戦』(春秋社)
・小和田哲男『戦史ドキュメント 三方ヶ原の戦い』(学研M文庫)
・鈴木眞哉『戦国時代の大誤解』(PHP新書)

次のページへ >



-おんな城主直虎特集, 徳川家, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.