孝明天皇/wikipediaより引用

幕末・維新

孝明天皇を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志とは

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
孝明天皇
をクリックお願いします。

 

なぜ会津藩は君臣一糸乱れぬ行動を取れたのか

三浦は、長年の疑問が氷解しました。

『なぜ会津藩は君臣一糸乱れぬ行動を取っていたか』

その源がこの【宸翰】であり【御製】であると、理解したのです。

「山川さん、こりゃ……世におったさんようお願いできんか。これが出れば、大変なことになる! 会津の殿にゃあ、まことに気の毒なことをした。どうか、このとおりじゃ!」

「ほだごど言われましても。ところで、松平家の援助を政府に再三願っでおるのですが、どうにも芳しくねえのでして。朝敵に渡す金なぞねえのは、わがるのですが、どうにかならんもんでしょうか」

「松平家が大変なこたぁようわかった。わしから上に、よう伝えちょくる!」

「ありがてえごとです」

三浦はこのことを、土佐藩出身の宮内大臣・田中光顕、政府中枢に相談しました。そして大変なことになりました。

「そねえなんを、世に出したらならん!」

かくして要求は通り、松平家のために政府から3万円が下賜されることになったのでした。

しかし山川の心境は複雑だったことでしょう。

山川健次郎/Wikipediaより引用

病床にあった松平容保は、この宸翰と御製を山川浩に見せ、必ずや世に出して欲しいと訴えていたからです。

山川兄弟は、その容保の願いを叶えるため、活動してきました。

しかし、背に腹は代えられぬ。

いつかきっと、この宸翰と御製は世に出ることでしょう。その日まで、耐え抜くことにしたのです。

 

長州を憎み会津の忠義を信じていた

ではなぜ、政府は山川の要求を呑んだのでしょうか。

そこには【孝明天皇が長州藩を憎み、会津藩の忠義を信じていた】と書いてあるからです。

それまで散々、天皇のために尽くしたのは長州藩であり、会津藩こそ天皇に楯突いた朝敵であると標榜してきた以上、それをひっくり返されるのは困ることでした。

しかし、明治37年(1904年)元会津藩士・北原雅長(神保修理の弟)が『七年史』を刊行。

その中で宸翰と御製の内容を発表します。

北原は「不敬罪」(天皇を侮辱した罪)で拘留されてしまいました。

北原雅長/Wikipediaより引用

しかし明治39年(1906年)。

『孝明天皇紀』が出版され、ここでも宸翰が明るみに出ます。

「こうなったら、もうよかんべ」

山川も、もはや隠し通す意味がないとして、兄の著作に大幅加筆した上で明治44年(1911年)、『京都守護職始末』を世に送り出したのでした。

あわせて読みたい関連記事

堀田正睦は優秀な開明派だが幕府と朝廷に挟まれパンク寸前! 55年の生涯

続きを見る

岩瀬忠震がハリスを圧倒! 凄腕の幕臣が日米修好通商条約の交渉に挑んだ

続きを見る

桜田門外の変で井伊直弼の首をとったのは? 薩摩浪士の有村次左衛門

続きを見る

禁門の変(蛤御門の変)御所に発砲した長州と天皇の意を汲んだ会津の因縁が

続きを見る

長州征伐(征討)がスッキリわかる! 天皇・幕府・外国人の視点も大事だよ

続きを見る

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

松平容保
松平容保(会津藩主)の迎えた最期は悲劇だった?天皇と藩祖に捧げた生涯

続きを見る

薩長同盟の目的は「倒幕」ではない!それでも龍馬や慎太郎が奔走した理由

続きを見る

山川浩&山川健次郎&捨松たちの覚悟を見よ!賊軍会津が文武でリベンジ

続きを見る

山川浩
まるでマンガ! 元会津藩士・山川浩の西南戦争は凄まじき戊辰リベンジ

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」 (講談社学術文庫)』家近良樹(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)