有村俊斎(海江田信義)

有村俊斎(海江田信義)/wikipediaより引用

幕末・維新

薩摩藩士・有村俊斎(海江田信義)のザンネンな4つの功績とは

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
海江田信義(有村俊斎)
をクリックお願いします。

 

たしかに海江田にも言い分はあります

マトメますと……。

1. 西郷の居場所をバラして、流罪のきっかけを作る

2.「寺田屋事件」で説得に失敗

3.「生麦事件」でイギリス人を殺し「薩英戦争」のきっかけを作る

薩英戦争
薩英戦争で勝ったのは薩摩かイギリスか?その後は利益重視でお友達

続きを見る

幕末ファンから、ときに「無能」と称されてしまいますが、それもむべなるかなという結果が出てしまっているのです。

むろん、海江田にも言い分はあるでしょう。

1.そもそも西郷が軽挙妄動

2.興奮しきった若手薩摩藩士を誰が言葉で説得できる?

3.イギリス人そのものも悪いし、事前にイギリス人を止められなかった藩士も悪い

そんな風に見ることもできるワケで、海江田を責めるのもどうかなぁというところです。

ただし、桜田門外の変に関わった有村兄弟は、さすがにマズイでしょう。ヘタをすれば薩摩藩の命運が途絶えていた可能性だってあります。

そして海江田4つめのザンネンな功績。それは薩長同盟にも関わるものでした。

薩長同盟
薩長同盟は何のために結ばれた?龍馬が西郷と木戸を繋いだ理由とは?

続きを見る

 

大村との対立で暗殺疑惑→新政府で出世できず

薩摩藩と長州藩は、京都における争い(禁門の変)等で、激しい対立関係にありました。

禁門の変(蛤御門の変)
禁門の変(蛤御門の変)はなぜ起きた?孝明天皇が長州藩の排除を望む

続きを見る

しかし、薩長同盟前夜ともなると、徐々に雪解けの気配も見えてきます。

よく知られた坂本龍馬中岡慎太郎の他に、薩摩藩でも村田新八桂久武小松帯刀らも長州藩との和解に尽力するわけです。

が、当然ながら例外もおり、その代表格が海江田なのです。

戊辰戦争において海江田は、東海道先鋒総督参謀として従軍していました。

戊辰戦争
戊辰戦争のリアルは悲惨だ~生活の場が戦場となり食料を奪われ民は殺害され

続きを見る

ところが、長州藩の大村益次郎のやり方にブチギレて、大変なことになります。

「お前は戦をなんも知らんじゃね」

「こん長州もんが、斬い捨ててやう!」

海江田は長州藩から危険人物としてマークされたほど。

大村が暗殺されると、海江田が犯人じゃないの?とすら噂されました。

大村益次郎
靖国神社で銅像になっている大村益次郎(村田蔵六)って何者なんだ?

続きを見る

海江田は「大村を殺しておらん」と否定するのですが、長州関係者は納得しません。

明治維新以降、海江田があまり出世できなかったのは、長州藩から危険視されたせいだとも言われています。

武功ではなくて、こんな歴史ばかりが残ってしまうというのも残念ですが……。

 

西郷と距離感あったゆえの長生きか

前述の通り、明治維新後の海江田は長州藩から嫌われたこともあり、大きくは出世できませんでした。

鹿児島に戻ってからも、西郷と親しくなるというより、島津久光との距離が近くなります。

そのせいでしょうか。

明治10年(1877年)【西南戦争】には不参加。

西南戦争開戦のキッカケ
西南戦争が起きた本当の理由は何なんだ「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

むろん彼らを憎んでいたとかそんな安直な理由ではなく、翌明治11年(1878年)に大久保が暗殺されると聞き、その死を悼んでおります。

彼自身は明治39年(1906年)に死去。

享年75でした。

『西郷どん』に出てくる郷中仲間の中で海江田は、最も長生きしたことになります。

西郷の仲間といっても全員が優秀であったわけでもなく、海江田はそれなりの能力だったのかもしれません。

島津久光と距離が近かったため、西郷作品でも、マイナス評価されがちですので、そのへんも考慮して考える必要がありそうですね。

あわせて読みたい関連記事

郷中教育
西郷や大久保を育てた薩摩の郷中教育とは?泣こかい飛ぼかい泣こよかひっ飛べ!

続きを見る

三条天皇
三条天皇が道長と一条天皇の陰で過ごした41年の生涯~無念は後三条天皇が晴らす

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯

続きを見る

木戸孝允(桂小五郎)
木戸孝允(桂小五郎)の出世道~なぜ維新の三傑に数えられる存在となれたのか

続きを見る

岩山糸(西郷糸子)
西郷3番目の妻・岩山糸(糸子)銅像見て「こげなお人じゃなかった」

続きを見る

大山格之助(大山綱良)
大山綱良(格之助)が寺田屋で大暴れ!西郷の郷中仲間が斬首の最期

続きを見る

薩摩示現流と薬丸自顕流
薩摩示現流&薬丸自顕流の恐ろしさ~新選組も警戒した「一の太刀」とは?

続きを見る

文:小檜山青
※著者の関連noteはこちらから!(→link

【参考文献】
泉秀樹『幕末維新人物事典』(→amazon
『国史大辞典』
ほか

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,

×